米朝会談に中国はどうからむのか

日本に迫られるプレイヤーとしての米中との駆け引き

米朝首脳会談が現地で開催されることを報じるシンガポールの新聞 (写真:AP/アフロ)

 この4月から5月にかけて、アジアでは重要な事件が次々と起きた。南北会談があり、米国務長官ポンペオの訪朝があり、中国外相・王毅の訪朝と金正恩との面会があり、米中通商協議が北京で行われて物別れとなり、北朝鮮外務省が突然、米国を非難しだし、金正恩の二度目の中国訪問があり、そして米朝会談の日取りと場所が決定した。その傍らで、米国は核イラン合意を離脱、マレーシアでは92歳のマハティールが親中派のナジブをやぶって新首相の座についた。中国の李克強首相が初来日し、日中韓首脳会談および日中首脳会談が行われた。

 それぞれが連動しており、米中関係を中心に、アジアのパワーバランスに激変が起きうる予感に満ちている。その震源地は半島ではあるが、それは中東の動きとも呼応しており、メーンプレイヤーは言うまでもなく米中である。だが、10日の日米首脳電話会談では、トランプは安倍晋三のことを朝鮮問題について「ビッグプレイヤー」と表現し、日本が半島情勢の動きにおいて影響力をもつキー国の一つであるという認識も示された。

 そこで、6月12日にシンガポールで行われる米朝首脳会談を前に、プレイヤーとしての中国の影響力、そして日本の影響力について、少し整理しておこうと思う。

習近平が米朝会談に乗り込む?

 シンガポールで6月12日に行われる米朝首脳会談には、トランプ、金正恩のほかに、第三国の首脳が参加する可能性が日本の毎日新聞などで報じられている。その第三の男は中国の習近平ではないか、とも言われており、米国家安全保障会議(NSC)のコーツ国際交渉担当上級部長は記者団の質問に対して、習近平や韓国の文在寅の参加について「可能性はある」と含みをもたせている。中国外交部も今のところ完全否定はしていない。

 中国は朝鮮戦争の休戦協定に署名した当事国でもあり、金正恩からの訪問をこの1カ月半のうちに2回も受けて、事実上の後見人役を引き受けた格好になっている。だが、習近平政権が、この米朝首脳会談に対して、どのような立ち位置で関与するかはまだ見定められていない。シンガポール華僑の著名チャイナウォッチャーの頼涯橋や、シンガポール国立大学東南アジア研究所の研究員・藍平児らは、「第三国参加の可能性は高くない」とシンガポールメディアに語り、習近平が米朝会談の現場に入り込んで関与するとの見方には否定的だ。

バックナンバー

著者プロフィール

福島 香織

福島 香織

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

96%

まあ参考になった
 

2%

参考にならなかった
 

0%

ぜひ読むべき
 

89%

読んだほうがよい
 

9%

どちらでもよい
 

1%

いただいたコメントコメント28件

北朝鮮が中国の鉄砲玉だとすれば、その利用価値は『日本のタマを取る』ことだろう。
米朝会談を決裂させて、アメリカの先制攻撃、同時に北朝鮮の東京ミサイル攻撃。
北朝鮮は壊滅するが、その時はすでに中国はりピョンヤンを占拠しアメリカの進出を阻止。
中国は戦争特需により国内に抱えているバブル問題の清算、及び対米貿易問題処理を有利に行うだろう。
日本は経済的に壊滅的打撃を受けて、復興までの20年間は国際社会の表舞台から消えざるを得ないだろう。
その間、国際勢力図は大きく塗り替えられ、中国の版図は拡大安定するだろう。(2018/05/21 11:06)

習近平は唯一の同盟国である北朝鮮を見捨てるとありますが、習近平のシンガポール行きが本当だとしたら、今度のシンガポールでの米朝首脳会談におけるチャイナの立ち回りに関する私の予測は少し異なります。

北朝鮮は核を手放そうとしないでしょう。しかしその場合、アメリカによる更なる制裁強化を招き最悪だと米朝戦争開戦に至ります。これで北朝鮮が無秩序に崩壊するのはチャイナとしては難民問題も含めて耐え難い事態です。

北朝鮮、否、金正恩が核を手放せない理由はアメリカが「体制保証する」と言っても信じられないからです。リビアのカダフィの運命やアメリカが一旦は結んだイランとの合意を大統領が交代した途端に破棄するのを見れば、アメリカの言う「保証」を信用できないとしても不思議ありません。

ですが、習近平が「核の完全放棄を受け入れればアメリカだけでなく昔からの血盟である我が中国が全力で貴方の身の安全と体制維持を保証します」と言えばどうでしょうか。

この場合、金正恩は受け入れる可能性が極めて高いと思います。彼は馬鹿でも狂人でもありません。この習近平の仲裁をければ良くても徹底した経済制裁による破綻、悪くすれば米軍と人民解放軍双方による軍事的制圧を受けるのが確実になるからです。

チャイナも最近までは北朝鮮の核はアメリカや日本を牽制し上手く使えばアメリカに日本を見捨てさせる(アメリカの核の傘が日本から外される)手段として使えると考えて見逃してきたと推測されます。だが、金正恩がチャイナの予測以上に核を使って危険なゲームを始めてしまい、しかもアメリカの新大統領がチャイナの予想以上に対北朝鮮で強硬に出て軍事行動も躊躇しないと本気で考えていると推測された以上、チャイナとしても北の核をもはや放置できない状況になってしまったと思われ、金正恩が習近平を頼ってきたのを好機と捉え仲介者&後見人となることで朝鮮半島でのチャイナの支配権強化を狙っていると思われます。(2018/05/19 14:40)

>『脇腹に突きつけられた短剣』
その短剣を強化させようとしているのが、イスラエルロビーに操られる米国のネオコン勢力であり、その日本支店が自民党。
その自民党が目論む憲法改定が、日本の得物を『護身用短剣』から『飛び道具』へ持ち替えさせる手段だと考えれば現在の政治の動きが解り易いでしょう。
日本が得物を『護身用短剣』から『飛び道具』へ持ち替えることが、中国の対日外交策にどんな影響を与えるか、また好戦的ネオコンがリクエストするであろう海外派兵要請に、どの様に対応できるのかを良く考えなくてはなりません。(2018/05/18 16:32)

コメント(28件)を読む/書く