• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

南シナ海界隈で中国の動きが騒がしい

人工島で爆撃機離発着訓練、軍事的プレゼンス誇示

2018年5月23日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

南シナ海上空を監視飛行する中国の爆撃機H-6K(写真:新華社/アフロ)

 米中通商協議で貿易戦争を暫定的に回避する合意が出た。この駆け引きの内幕に関する情報がそこはかとなく出てくるには、おそらくあと数日必要だろう。だが、その裏側で行われている様々な米中の駆け引きが影響を与えていることは間違いないと思われる。例えば6月に予定されている米朝首脳会談であり、もう一つ考えうるのは南シナ海情勢である。最近、南シナ海界隈で中国の動きが騒がしい。この機会に整理しておこう。

 南シナ海の島嶼の中国による実効支配が進んでいることはすでに何度もこのコラム欄で紹介してきた。これはオバマ政権下での痛恨の外交ミスともいえる。このしりぬぐいを任されている米トランプ政権だが、目下の関心は、中東と朝鮮半島に集中しているように見えて、実は南シナ海情勢については4月以降、急激に温度が上昇している。

 最近注目されたニュースは南シナ海の人工島に、中国解放軍初の爆撃機離発着訓練が行われたことだろう。中国国防部が5月18日に発表した。訓練を行ったのは中距離ミサイルや核搭載が可能な轟6K(H-6K)爆撃機。具体的な場所は不明だが、米軍事専門誌によればパラセル(西沙)諸島のウッディー島(永興島)だと見られている。この島はベトナムと台湾が領有権を主張している。

 中国国防部の発表によれば、「この訓練によって全辺境へいかなるタイミングの、全方位的な攻撃能力を向上できた」としており、「西太平洋進出をひかえ、南シナ海をめぐる戦いに向け、研ぎ澄ませた剣を掲げ、新たな航路を常に切り開く」と南シナ海で戦争を仮定した訓練であることも隠していない。さらに、この訓練について「宇宙と一体化した攻防を兼ね備えた戦略目標に着眼し、空軍が全辺境作戦の現代化戦略性に向かって前進するもの」と位置づけている。

 爆撃機の所属先は発表では南方の某基地としか記されていないが、郝建科という師団長の名前とH-6K配備の空軍師団という条件を考えると、北部戦区の西安基地を拠点とする中国空軍第36爆撃機師団(空36師団)でほぼ間違いないと見られている。空36師は原爆・水爆投下試験任務を2017年までに完遂しており、習近平政権においては重点建設部隊として注目されている。

コメント22件コメント/レビュー

 アジアの「眠れる獅子」は、このところ寝ぼけ眼を擦り、本性を現しつつあるように思う。
 ここ数代のアメリカの腰抜け政権は、その獅子の寝言を金科玉条と扱い、かつての本邦を見るような事なかれ主義的外交に終始したが、現トランプ政権は徹底した現実主義、言ってしまえば四半期利益確定原理主義とでも言えるドライな政権とみる。
 本性を現した獅子に対し、東南アジアは金も軍も対抗するに足りるものではないのは自明。
 だが、徒党を組めれば話は違う。
 そこで要になるのが、史上最も読めない大統領であろうトランプ政権による復活途上(というかとっかかりにとりついたばかり)暴君アメリカと、爪も牙も抜かれた伏龍日本であるのは間違いない。どちらも身中の虫が大暴れして活動もままならないが、それは「眠れる獅子」とて同じか、むしろ報道管制で聞こえてこない分なお悪いかもしれない。
 出過ぎた釘は必ず打たれる。地球の反対側で対岸の火事を決め込む欧州は、己の保身でそれどころではなく、少しでも利益をアジアからかすめ取ることだけに終始するから全く当てにならないかむしろ害悪であり、釘を打つ手を押しとどめに来るかも知れない。だが、
>南シナ海がすでに中国の実効支配地域であり軍事基地群が形成されているという現状は、はっきり言って米国が軍事力を行使する以外は変えようがない段階にきている。
この一文こそが真理であり、まさに歴史は繰返すとしか言い様がない状況が、面白いことに大中華と小中華で入れ子構造のように展開している。
 流血の惨事は可能な限り避けたいが、我々は、後世から見れば教科書上で点として教えられる歴史の転換点が、今まさに線あるいは面として時系列を伴って展開している事実をもっと真剣に考えるべきだろう。
 国会の内外で、自分で取った連休で失った質疑時間を与党に要求する先生方は全くその事に気付かないか、気付かないふりをしているようだが。気付かない無能なら即刻辞任すべきだし、気付かないふりをしている確信犯は明確な国益に対する犯罪行為であって国会議員として断罪されるべき存在だから、彼らの好きな「良心的な声なきサイレントマジョリティ」が声を上げて彼らと、声を届けないマスコミに「自己批判」を促さなければいけない時が来ていると思う。
 全てが平和裏に解決することを願うが、それが出来るなら過去の戦争の大半は起こらなかったのだろう……(2018/05/30 11:00)

オススメ情報

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「南シナ海界隈で中国の動きが騒がしい」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 アジアの「眠れる獅子」は、このところ寝ぼけ眼を擦り、本性を現しつつあるように思う。
 ここ数代のアメリカの腰抜け政権は、その獅子の寝言を金科玉条と扱い、かつての本邦を見るような事なかれ主義的外交に終始したが、現トランプ政権は徹底した現実主義、言ってしまえば四半期利益確定原理主義とでも言えるドライな政権とみる。
 本性を現した獅子に対し、東南アジアは金も軍も対抗するに足りるものではないのは自明。
 だが、徒党を組めれば話は違う。
 そこで要になるのが、史上最も読めない大統領であろうトランプ政権による復活途上(というかとっかかりにとりついたばかり)暴君アメリカと、爪も牙も抜かれた伏龍日本であるのは間違いない。どちらも身中の虫が大暴れして活動もままならないが、それは「眠れる獅子」とて同じか、むしろ報道管制で聞こえてこない分なお悪いかもしれない。
 出過ぎた釘は必ず打たれる。地球の反対側で対岸の火事を決め込む欧州は、己の保身でそれどころではなく、少しでも利益をアジアからかすめ取ることだけに終始するから全く当てにならないかむしろ害悪であり、釘を打つ手を押しとどめに来るかも知れない。だが、
>南シナ海がすでに中国の実効支配地域であり軍事基地群が形成されているという現状は、はっきり言って米国が軍事力を行使する以外は変えようがない段階にきている。
この一文こそが真理であり、まさに歴史は繰返すとしか言い様がない状況が、面白いことに大中華と小中華で入れ子構造のように展開している。
 流血の惨事は可能な限り避けたいが、我々は、後世から見れば教科書上で点として教えられる歴史の転換点が、今まさに線あるいは面として時系列を伴って展開している事実をもっと真剣に考えるべきだろう。
 国会の内外で、自分で取った連休で失った質疑時間を与党に要求する先生方は全くその事に気付かないか、気付かないふりをしているようだが。気付かない無能なら即刻辞任すべきだし、気付かないふりをしている確信犯は明確な国益に対する犯罪行為であって国会議員として断罪されるべき存在だから、彼らの好きな「良心的な声なきサイレントマジョリティ」が声を上げて彼らと、声を届けないマスコミに「自己批判」を促さなければいけない時が来ていると思う。
 全てが平和裏に解決することを願うが、それが出来るなら過去の戦争の大半は起こらなかったのだろう……(2018/05/30 11:00)

これまでは、北朝鮮が緩衝地帯だった。

これからは太平洋を見渡して、日本こそ米中の緩衝地帯になる。

東南アジアの制海権が握られたなら、豪州も危機感を持ち始めるだろう。

大陸続きのインドを含めて、中国包囲網をうまく敷けるかどうかは、現世政治家の手腕次第。

米政権内に常識家がいて、それなりに正常運転へ導くとしたら、向こう数カ年は安泰(事態が膠着する)するが、逆に長期的には押し込まれるだろう。 何故なら、従来の常識の範囲内で動いた結果が今の様相なのだから。

だからこそ、トランプというトリックスターの動きがキーになる。(2018/05/25 15:08)

CCTVには軍事専門チャンネルがあります。一日中、抗日戦争などの軍事関連番組を流している。中国とは国民にそのような啓蒙をしている国です。日本人とは基本感覚からして違う。故に、我々はなおのこと警戒する必要がある。(2018/05/24 03:19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本という国は、もっと資本主義的になってほしいのです。

ゴー・ハップジン 日本ペイントホールディングス会長