• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

海南航空集団・王健会長の突然死を巡る黒い噂

背後にチラつく大物政治家たちの利権

2018年7月11日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

フランスで転落死した王健会長 (写真:AFP/アフロ)

 中国最大の民間航空コングロマリット・海南航空集団(HNA)の会長、王健が旅先の南フランス・プロバンス地方の教会で、記念写真を撮ろうと高さ15メートルの壁に上って、転落死した。7月3日のことである。このニュースは、かなり衝撃を持って報じられた。

 その理由の一つは、HNA自体がいろいろといわくつきで、習近平自身やその右腕たる現国家副主席の王岐山がらみの黒い噂の絶えない企業であったこと。しかも、ブルームバーグによれば、昨年末時点で負債総額が推計6000億元にのぼり、事実上破綻しているということ。2月には、中国当局が主だった国有銀行にHNA救済を窓口指導し、政府主導のもとでの再建話が進んでいるということ。

 一方で、HNAはドイツ銀行やヒルトン・ワールドワイドなど名だたる海外企業の筆頭株主で、その海外資産は120億元以上、国内外合わせた子会社は450社以上で、その再建の成否は国内外企業、経済にかなり大きな影響を与えるという意味でも注目されていた。これは単純な事故死なのだろうか。一体HNAで何が起きているのだろう。いや、中国経済界で何が起きているのだろう。一人の民営企業幹部の死から見えてくるものを整理してみたい。

 王健について改めて説明すると1961年天津生まれ。元は民航総局計画局の公務員で、1988年に海南省の出資1000万元をうけて民間航空総局の公務員であった陳峰とともにHNAの前身である海南省航空公司を創立した。その後、海南省航空公司が株式化、中国市場に上場し海南航空集団として事業を拡大していく中でも実務派としてかじ取りしてきたHNAのナンバー2である。

 中国民航大学や中国発展改革研究院で客員教授も務めていた。彼は7月3日昼前、プロバンス地方に視察旅行中、観光名所のボニュー村の教会で記念写真をとろうと、壁によじ登ったのだという。一度登ろうとして失敗し、二度目に登ったときに転落したらしい。地元警察は事故と発表しているが、当然、それを信じない人も大勢いた。というのも、HNAは事実上破綻の危機にさらされ、しかもその組織や株式構成には非常に複雑な大物政治家の利権と黒い噂が絡んでいたからだ。

コメント7件コメント/レビュー

独裁者は排除しましょう。(2018/07/12 14:55)

オススメ情報

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「海南航空集団・王健会長の突然死を巡る黒い噂」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

独裁者は排除しましょう。(2018/07/12 14:55)

『自らの利権がかかわるHNA再建には、莫大な融資を国有銀行に窓口指導で命じている』の記述には『矢張りね!』と強く思う。『汚職の取締』名義で政敵である『反習近平』派はもちろん、『非習近平』派まで排除してきたが、自分自身も同じ『汚職』をやっている。彼が何も悪いことをせずに現在の資産を持てていたはずがないし、最初の内は『巨悪』だけが取締の対象で、自分自身は『小悪』だから対象外という理屈かと思っていたが、それだけでは排除しきれない競合者達を『小悪』を理由に逮捕したり地位から引きずり下ろしたりしだした時に地金を現した。彼は私腹を肥やす意味では『小悪』の部類に属するのだろうが、やっていることは彼自身が『巨悪』ではないか!『そうに違いない』と推定していたことが、この記事のように具体的な事件を並べて証明されると、『そうだろう、そうに違いない』と確信する。次期トップの候補者として紹介された時から、いけ好かない感じが強かったが、年々独裁色を強める政治手法を見て時代錯誤の異常権力者の本性を見る思いを強くしている。高等教育を受けて先進国を自分の目で見ている私の友人知人たちは彼の独裁をただ黙ってみているだけなのだろうか?影では胡錦濤時代でも共産党を批判していた人もいたが、今は口を噤んでいるのだろうか?記事で紹介された29歳の女性は素性がはっきりしないが、この様な人達は命懸けで批判をする極少数なのだろう。(2018/07/12 05:42)

資源高の時に石油会社や鉱山会社を高値で買収してたのは知っていたが、国家ぐるみでホリエモンみたいだったとは、呆れた。破綻は避けられそうにない。(2018/07/11 19:55)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

創業者からの事業継承ほど 難しいものはないですね。

桜田 厚 モスフードサービス会長