• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

中国・深圳で労働者支援の学生ら50人一斉拘束

天安門30年を前に勃発した労働争議が意味するもの

2018年8月29日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

国際社会も注目する労働争議が起こった中国・深圳市

 5月から深圳で続いていた深圳佳士科技公司(JASIC)の労働争議で、8月24日に支援者の学生ら50人が一斉に身柄拘束された。中国の工場において労働争議自体は珍しくないが、この労働争議の目的が賃上げや待遇改善にとどまらず、共産党に支配されない労働者による自主的労働組合を設立するという政治的要求が中心になっていること、大学生、大卒生らや共産党左派の知識層が運動の推進力となっていることなどから、国際社会も注目していた。だが8月に入り、労働争議の支援者リーダーであった活動家の沈夢雨が当局に連れ去られたことをきっかけに、運動が完全に弾圧されかけている。

 大学の有志や香港の人権組織、党の左派人士らが中心になって沈夢雨の釈放を求め、香港では労働組合の設立を求めるデモなどを行っているほか、日本を含めた海外メディアも取材に動いているが、当局側は、この労働争議を「外国の非政府組織による煽動」と決めつけ、徹底弾圧する方針のようだ。日本では“深圳スゴイ”の見出しでAIやIT企業の現場としての活気あふれる様子で取り上げられることの多い深圳。なぜ、この地で突如、労働者の政治的要求運動が広がっているのか、それがどこに行きつくのかを考えてみたい。

 現場となったJASICは2005年に設立した溶接機の開発・製造企業。深圳、重慶、成都などに工場を持ち、深圳工場の労働者は約1000人。賃金未払いや厳しい罰金制度、保険や住宅基金の削減、トイレにまで監視カメラをつけるプライバシー侵害といった奴隷のような劣悪な雇用条件であるという。2015年以降、この状況はますます悪化していく。一つは、同年ごろから本格化した習近平政権の労働者権利運動を含む「維権」(権利維持運動)の抑え込み政策だ。この年の7月に起きた大量の弁護士・人権活動家拘束はそうした習近平政権の弾圧政策の一つといえる。広東省で育っていた労働者の権利運動NPOのリーダーたちもこの年、冤罪容疑で次々と拘束されていた。

 もう一つは、「新常態」宣言という建前で認められた経済停滞だ。AIやIT分野で活気あふれる深圳の姿ばかりがクローズアップされるが、深圳だけでなく多くのほとんどの工場の利益は激減し、そのしわ寄せは労働者にきている。香港の労働者権利擁護NGO・中国労工通訊によれば2017年8月から2018年8月の一年の間に1860回のストライキおよび労働者デモが発生。2015年から2017年の二年間の統計では、6694回の労働者集団抗議活動が発生している。そうした労働者抗議運動の8割は未払い賃金の支払いや賃金アップといった賃金に関する要求であった。

コメント13件コメント/レビュー

私が中国共産党の政治で理解出来ないのは、労働組合運動を弾圧している事にある。共産党はブルジョワジーと対立する大多数労働者の権利を守ることから思想が始まり、政治結社が起こったのでは無かったのか?中国の民主化は隣国北朝鮮にも影響を与えるだろう、そして日本と北朝鮮の溝を壊すけいきとなる事を望む。(2018/09/01 19:51)

オススメ情報

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「中国・深圳で労働者支援の学生ら50人一斉拘束」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私が中国共産党の政治で理解出来ないのは、労働組合運動を弾圧している事にある。共産党はブルジョワジーと対立する大多数労働者の権利を守ることから思想が始まり、政治結社が起こったのでは無かったのか?中国の民主化は隣国北朝鮮にも影響を与えるだろう、そして日本と北朝鮮の溝を壊すけいきとなる事を望む。(2018/09/01 19:51)

既に述べられている方もいますが、結局共産党とは名ばかり、権力欲しかない独裁政治という事のようです。それでも発展の恩恵にあずかれるうちは大衆も放置したでしょうが、成長率が低下し、格差が広がることが確実な今後は独裁を維持するのは非常に難しいと思わされました。習が共産主義国家の最後の主席となる未来が見え隠れします。しかしその後を見通そうとしても混沌しか見えないようで、そんな中国の人民があえてそちらに向かうかどうかは未知数でもあります。(2018/08/30 10:32)

下層の動きこそが社会変革の核心、ってのは的確な表現でしょう。
ベルリンの壁はなぜ崩れたか、アラブの春はどう動いたか、フランス革命はどう成されたか。
そのキッカケ、または誘導には活動家や陰謀の働きかけがあったとしても、民衆が動いたという事実は同じ。

それにしても人間って、どんな状況下でも体制に完全に屈服することってないんですね。
中国でもロシアでも、その規模は小さくても、必ずいつもどこかで不平不満の声をあげ、暴力にさらされることを恐れない人がいる。 これがボディブローとして効くためには、たしかに10年やそれ以上の年月が必要なんだろうけど、雨垂れ石を穿つ、蟻の穴から堤も崩れる 日は来るかもしれない。

日々の貧困や賃上げを訴える人は、そんなスケールでみてないんだろうけど、人類という社会性で発展してきた種族の普遍的・本能によるものなのかもしれません。(2018/08/30 10:06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

我々のブランドは、人により好き嫌いが分かれてもいい。

上田谷 真一 TSIホールディングス社長