• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

2018年は独仏の立場が逆転する分かれ目の年か

漂流するドイツの政局

2017年12月18日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

年末年始の特別企画として、日経ビジネスオンラインの人気連載陣や記者に、それぞれの専門分野について2018年を予測してもらいました。はたして2018年はどんな年になるのでしょうか?

(「2018年を読む」記事一覧はこちらから)

2018年は独仏の立場が逆転する年になるかもしれない(写真:ロイター/アフロ)

 2018年に向けて、ドイツ人たちが抱いている最大の関心事は「いつ政府が誕生するのか?」である。本稿を執筆している12月半ば時点では、連邦議会選挙から3カ月近く経っているにもかかわらず、政権の影も形も見えない。ドイツの政治家の間では、「政権樹立は、来年3月までずれ込む」という見方が有力だ。混乱の長期化は、欧州政界でのドイツの影響力を低下させるだろう。

大連立政権がカムバック?

 この原因は、9月24日に実施された総選挙で大政党が得票率を大幅に減らし、極右政党が第3党の地位に一挙に駆け上るという地殻変動だ。ドイツではあの日以来、政局の潮目が1カ月ごと、時には1週間ごとに目まぐるしく変わるようになった。

 11月19日にキリスト教民主同盟(CDU)とキリスト教社会同盟(CSU)、自由民主党(FDP)、緑の党が進めていた4党連立交渉が決裂した直後には、メルケル首相をはじめとする政党幹部の間で「選挙をやり直すべきだ」という声が強かった。彼らはCDU・CSUによる少数与党政権では、安定性を欠き、政権運営能力が弱いと考えた。一方、社会民主党(SPD)のシュルツ党首は、「4党連立がご破算になっても、CDU・CSUとの大連立政権に参加する気はない」と改めて宣言していた。

 ところが、11月20日にシュタインマイヤー連邦大統領が「選挙結果は、政治家にとって最も重要な意思表示。これをないがしろにして、軽々に選挙のやり直しを求めるべきではない」と述べ、政治の空白を一刻も早く終わらせるべく、CDU・CSUとSPDに政権樹立の可能性を探るように要請した。この直後からCDU・CSU主流派は、大連立政権の復活へ向けて動き出す。またSPD内部でも、「大連立政権の可能性を検討せよ」と執行部に求める声が高まった。

 このためシュルツ党首はしぶしぶ前言を撤回して、CDU・CSUとの大連立へ向けて協議する方針を明らかにした。シュルツ氏は「4党連立交渉が決裂して新しい状況が生まれた」と弁解しているが、朝令暮改も甚だしい。

 私は1990年以来、27年間にわたってこの国の政治を観察している。その中で、大政党が今回ほど右往左往するのを見たのは、初めてだ。

オススメ情報

「熊谷徹のヨーロッパ通信」のバックナンバー

一覧

「2018年は独仏の立場が逆転する分かれ目の年か」の著者

熊谷 徹

熊谷 徹(くまがい・とおる)

在独ジャーナリスト

NHKワシントン特派員などを務めた後、90年からドイツを拠点に過去との対決、統一後のドイツの変化、欧州の政治・経済統合、安全保障問題、エネルギー・環境問題を中心に取材、執筆を続けている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

中小企業の約7割が赤字といわれているが、 今のやり方では金融機関は資金を出さない。

小倉 隆志 Tranzax社長