• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「家庭内36協定」の実現度

「サラ川」にみる働き方改革悲喜こもごも

2017年2月20日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「効率化 提案するため 日々残業」(ビジネスマンみっちゃんさん)
 「ノー残業 居なくなるのは 上司だけ」(仕事人間さん)
 「残業は するなこれだけ やっておけ」(残業スパイさん)
 「口ほどに その手動けば 早帰り」(残業ヤダ男さん)

 自分のことかと、思わず苦笑いした人は少なくないだろう。個人的に大ファンである恒例の「サラリーマン川柳コンクール」の入選作100句を、第一生命が今年も発表した。

 今、「働き方改革を進めるぞ」と、全国の企業経営者が発破をかけている。だからといって「業績を落として良い」などというケースは珍しいはずだ。残業時間削減と成果の両立。二律背反に苦慮する現場の状況を呼んだ句が目立つのは、そんな世相を反映したものといえる。

 働き方改革のそもそもの目的は、生産性と競争力の向上だ。日本企業は停滞期に設備投資を抑え、社員の労働負荷を高めることでしのいできた。ここで働き方改革をすすめるなら、システム投資や自動化、人件費増などの経営判断とセットで行うのが筋ではある。ただ、一気に改革機運が盛り上がった経緯を考えれば、現時点で現場にしわ寄せがいくことはやむを得ないのかもしれない。

主婦にも36協定を

 さて、私が注目したのは以下の句である。17文字の中に、時代を象徴する2つのテーマが盛り込まれている見事な作品だ。

 「主婦業も 36協定 結びたい」(臨時専業主婦さん)

 1つは女性の社会参画。臨時とあるからには、出産や育児など何らかの事情で休職や退職をされて今は主婦となっているということだろう。旧来型の日本企業の男性を前提とした働き方を改革することは、そうした女性の負担を軽減し様々な活躍の場を広げることにつながる。

 さらに「36協定」という言葉を盛り込んだことで、長時間労働への社会的な問題意識の高まりを反映している。政府は2月14日、働き方改革実現会議で36協定についての見直しの原案を示した。罰則付きの時間外労働の上限について年間最大720時間、月平均60時間としようという内容だ。日本経済における今年の大テーマである「働き方改革」において、最重要ワードであることは間違いない。

コメント12件コメント/レビュー

一般社会においてのお話でしかないですな…
クリエイター系個人事業者は下手すりゃ一日18時間以上仕事なんてよくある
自分もその一人
だが過密なスケジュールではなくきちんと管理されたスケジュールであればさほど苦にならない
つまり働く事よりも、きちんと休息をとる事をメインに考えないから起こる弊害でしかない

日本人は休むという言葉に過剰反応を示し過ぎる
何よりもこれが最大の難関

休息(休暇)を取る事をメインに話を組み立てないと結局働く時間でしか語れなくなる
それは全くの無意味で無価値な物にしかならんのにそこに気が付かないお偉い方々が頭でっかちに話をするだけである

結局なんの為に働くのか?
何がしたいから働くのか?

金である
それ以外に目的等無い

日本は物価が高いというが、現実問題として海外に出れば良く分かるが価値観その物が違う
というか日本では価値観の強要が過去から今も行われている
それが弊害であると何故気が付かないのか?
皆が平均的である事、これが一番の問題
平均的とは何なのか?

要するに政府が管理しやすい物考えぬ納税者だ

この考えを改めない限りこの国の働く環境は良くなることは無い
そして物価が高すぎるのもこれに当てはまる

平均的であろうと努めた結果が物価の上昇にも関わっているのだがそれすら分からん人が多すぎる
もう少し「有識者」の方々は根本を見直してほしい物だ(2017/02/20 20:55)

オススメ情報

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「「家庭内36協定」の実現度」の著者

広岡 延隆

広岡 延隆(ひろおか・のぶたか)

日経ビジネス記者

日経コンピュータ編集部、日本経済新聞産業部出向を経て2010年4月から日経ビジネス編集部。現在は自動車など製造業を担当している。これまでIT、電機、音楽・ゲーム、自動車、製薬産業などを取材してきた。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

一般社会においてのお話でしかないですな…
クリエイター系個人事業者は下手すりゃ一日18時間以上仕事なんてよくある
自分もその一人
だが過密なスケジュールではなくきちんと管理されたスケジュールであればさほど苦にならない
つまり働く事よりも、きちんと休息をとる事をメインに考えないから起こる弊害でしかない

日本人は休むという言葉に過剰反応を示し過ぎる
何よりもこれが最大の難関

休息(休暇)を取る事をメインに話を組み立てないと結局働く時間でしか語れなくなる
それは全くの無意味で無価値な物にしかならんのにそこに気が付かないお偉い方々が頭でっかちに話をするだけである

結局なんの為に働くのか?
何がしたいから働くのか?

金である
それ以外に目的等無い

日本は物価が高いというが、現実問題として海外に出れば良く分かるが価値観その物が違う
というか日本では価値観の強要が過去から今も行われている
それが弊害であると何故気が付かないのか?
皆が平均的である事、これが一番の問題
平均的とは何なのか?

要するに政府が管理しやすい物考えぬ納税者だ

この考えを改めない限りこの国の働く環境は良くなることは無い
そして物価が高すぎるのもこれに当てはまる

平均的であろうと努めた結果が物価の上昇にも関わっているのだがそれすら分からん人が多すぎる
もう少し「有識者」の方々は根本を見直してほしい物だ(2017/02/20 20:55)

仕事であれ家事であれ、自動化するかアウトプットを減らすかしないと業務量は減りません。
後者で言うと、台湾のように家で料理は作らないとか、欧米のように風呂にはつからずシャワーだけにするとか。
小難しい事を考えるより、バサバサと不要なアウトプットを削減した方が結果が出ますよ。(2017/02/20 20:21)

主婦業で実働8時間以上、ってことはまずないよね。

で、うちのかみさんは土日は料理しないぞ。
って、私が趣味的な料理作るからだけどね。(2017/02/20 16:07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

僕は独裁だとは思っていないんですよ。 だって、業績を見てください。 赤字はないですよ。ずっと、よりよくしてきた。

鈴木 修 スズキ会長