• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

産学連携の現実、企業と大学のお寒い関係

  • 松浦 龍夫

バックナンバー

[1/3ページ]

2017年2月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大学の存在意義は授業を通じて学生を「教育」し、人材育成をすることにある。そしてもう一つ大きな役割があり、それは新しい技術を生み出したり新たな事実を発見したりする「研究」である。典型例の1つが京都大学・山中伸弥教授によるiPS細胞に関する成果だろう。

 こうした大学で生み出された技術や研究成果を世の中に早く活用する方法として、企業と大学がタッグを組む「産学連携」ということばをよく耳にする。最近ではオープンイノベーションという名のもとに、大学も連携相手として注目度が増している。

 しかし考えてみてほしい。一般の人が「産学連携で生み出された成果や製品で、インパクトがある有名なものを挙げてください」と聞かれたら答えられるだろうか。ほとんどの人が答えられないだろう。

 理系の人なら、青色LED技術を豊田合成と共同開発した名古屋大学の例や、建材などに使われている光触媒技術をTOTOやパナソニックなどと開発した東京大学の例が浮かぶかもしれないが、いくつも挙げられるほどでもない。

 このことに疑問を持った記者は、日経ビジネス2月20日号の特集「行きたい大学がない」でもこの点の取材に取り組んだ。その中で明らかになったのは、企業と大学のお寒い関係だった。

コメント8件コメント/レビュー

ある企業と10年以上共同研究を進めてきた。その中で感じたことを記したい。 
企業と共同研究を進めるに当たって、両者の立場の違いを理解し合うことが最も重要である。大学は学問を深めてその業績が問われ、企業は生産につながる成果が問われる。その接点は、次の点にあると私のこれまでの経験から感じている。大学は基礎的学問に立脚した解析技術、企業はものづくりのノウハウをもっている。その両者をうまくマッチングできたとき共同研究は上手く進む。そのマッチングを得るにはいくらかの時間を要する。
私の場合の具体的内容は、積層コンデンサーの耐還元性に関する研究である。企業のものづくり力で微細に制御された試料を作製、大学の結晶構造解析に基づいて耐還元性の機構を解明し、その後の材料設計に貢献した。
また、大学の大きな使命は人材育成にもある。共同研究で得られた成果は、学術論文にし、研究に携わった学生や企業人の業績として残し、研究者としての将来の礎を与えることも重要である。
科学技術の発展した現在、基礎的研究を通してこそ応用に結びつくので、企業のものづくり力、大学の学問に立脚した基礎のコラボレーションが大切である。(2017/03/01 20:12)

オススメ情報

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ある企業と10年以上共同研究を進めてきた。その中で感じたことを記したい。 
企業と共同研究を進めるに当たって、両者の立場の違いを理解し合うことが最も重要である。大学は学問を深めてその業績が問われ、企業は生産につながる成果が問われる。その接点は、次の点にあると私のこれまでの経験から感じている。大学は基礎的学問に立脚した解析技術、企業はものづくりのノウハウをもっている。その両者をうまくマッチングできたとき共同研究は上手く進む。そのマッチングを得るにはいくらかの時間を要する。
私の場合の具体的内容は、積層コンデンサーの耐還元性に関する研究である。企業のものづくり力で微細に制御された試料を作製、大学の結晶構造解析に基づいて耐還元性の機構を解明し、その後の材料設計に貢献した。
また、大学の大きな使命は人材育成にもある。共同研究で得られた成果は、学術論文にし、研究に携わった学生や企業人の業績として残し、研究者としての将来の礎を与えることも重要である。
科学技術の発展した現在、基礎的研究を通してこそ応用に結びつくので、企業のものづくり力、大学の学問に立脚した基礎のコラボレーションが大切である。(2017/03/01 20:12)

私は40万人位の地方都市で産学連携のコーディネータを数年間やりました。一番呆れたのは、教授たちのスケジュール感覚のなさです。講義や研究論文作成にエネルギーを割いているようです。大学も産学連携促進をやっていますが、本当の所は教授連の最大の評価は論文数とも聞きます。又、「日程に追われることを嫌う人たちが大学に集まるのだ」とも内部の人から聞いたこともあります。企業が開示するテーマに、それならもっと資金を出せというアグレッシブな教授に会ったこともありません。総じて大したレベルではない教授が多い印象でした。地方都市の所為かもしれません。(2017/03/01 03:53)

まず,種を撒いて芽を出すところから始めるのが大学なので,最初から花が咲くわけもなし.花が咲くことが確実ならば,企業が全力で取り組めば良い.花が咲くかどうかわからないのだから,企業の投資が僅かなのは極めて真っ当な状況.リスクとリターンのバランスが良ければ,成功する可能性は高い.青色LEDもIPS細胞も企業が絡まない状況から生まれたという現実を認識すべき.お寒い関係にしてるのは,こういう現実に無知な人たちではないか?(2017/02/28 15:40)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

妥当な内容の商品ばかりが並んでも、 お客様は喜んでくれない。

大倉 忠司 鳥貴族社長