• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

老舗黒板メーカーが「IT企業」になれたワケ

会社風土を変えたのはトップの意思を引き継ぐ孫の力

  • 古川 湧

バックナンバー

[1/2ページ]

2018年8月8日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 来年に創業100周年を迎える老舗黒板メーカーのサカワ(愛媛県東温市)。従業員は約40名。大正8年に創業してからずっと、学校などの教育現場向けに黒板を製造販売してきた。

 よくある老舗企業のように思えるが、実は同社は「IT企業」に転身しつつある。従来の黒板製造を続ける傍ら、スマートフォン画面をプロジェクターで黒板に投影するアプリや、映像上に文字を書ける黒板用ワイドプロジェクターなど、これまでにない製品を近年相次いで発表し、話題を呼んでいる。実際のシステム開発は外注だが、新製品アイデアは同社の開発会議で出されたものだ。

 既存事業からの転身を遂げた背景には、「黒板製造だけをずっと継続するのではなく、とにかく新しいことを始めなければいけない」という、88歳の坂和壽々子社長と、68歳の坂和勝紀副社長が抱く危機感があった。

サカワが2016年に開発した黒板専用のウルトラワイド超短焦点プロジェクター「ワイード」。パソコン画面を投影するだけでなく、専用のペンで映像上に文字を書くことも可能だ。

 黒板メーカーを取り巻く環境は、年々厳しさを増している。少子化の影響で、国内に100社程度あった黒板メーカーは約30社まで減少した。また、かつて数十万円した黒板の価格も数分の一に下落し、利益を出しにくくなっている。

 国も支援を行うが、効果は限定的のようだ。教育現場では、文部科学省の施策によってホワイトボードとプロジェクターを組み合わせた電子黒板の導入が推奨されている。学校でのICT(Information and Communication Technology、情報通信技術)の環境整備には補助金も付くという力の入れようだ。しかし、教員が使いこなすためには高度なIT知識が必要になる上に、機能や費用の面でも課題があった。サカワだけでなく、他の黒板メーカーも同様に電子黒板を販売していたものの、ほとんど普及していないのが現状だった。

 縮小する市場、軌道に乗らない国の支援策。「既存事業からの転身をしなければ」というトップの危機意識は小さくなかったが、簡単には社内に浸透していかなかった。サカワでは黒板製造の技術者を多く抱えており、新規事業が成功すれば、自分たちの仕事がなくなりかねないと心配する従業員もいたためだ。

コメント2件コメント/レビュー

アプリ無くても、スタイラスでポイントできるなら、黒板にメニュー表示してそこで指示できた方が直感的というか直接的かなと思いました。
スマホの代わりに黒板だけで機能を完結してしまえれば、もっと簡単になるのではないでしょうか。(2018/08/09 18:12)

オススメ情報

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

アプリ無くても、スタイラスでポイントできるなら、黒板にメニュー表示してそこで指示できた方が直感的というか直接的かなと思いました。
スマホの代わりに黒板だけで機能を完結してしまえれば、もっと簡単になるのではないでしょうか。(2018/08/09 18:12)

ついでに、板書を写して参加者に配布とか(すでにあるかも)
特殊なPCではなくスマホってところが頭が柔らかいですね。(2018/08/08 15:25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官