• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

個人データを消費者に取り戻す戦いが始まった

情報銀行、ベンチャーの挑戦

2018年9月11日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

個人情報のコントロールに必要なことは何か

 自身のデータを売りたい個人と、データを買いたい企業を仲介する、「情報銀行」の実証実験が次々に立ち上がっている。大手企業が参入する中で、ベンチャー企業のデータサイン(東京・渋谷)が消費者志向の情報銀行の計画を立ち上げ、気炎を吐いている。情報を「開示」、「持ち出し」、「削除」するという、法律でも十分に保護していない機能の実現に取り組んでいるのだ。

 「ユーザーはフェイスブック上の情報をコントロールできる」

 米フェイスブックにおける個人情報の不正流出問題を受けて、マーク・ ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)が米議会公聴会で証言した内容だ。記者はこの証言を眉に唾をつけながら聞いていた。

 ユーザーがある会社に提供した自身の情報をコントロールするには、「情報を開示させられる」、「情報を他社に持ち出しできる」、「情報を削除できる」ことが重要だと記者は考えている。ひとつひとつ説明しよう。

 まず「開示」。アプリを利用しているうちに位置情報などを無意識のうちに提供してしまう。あるいは、SNSへの投稿内容などからネット事業者が誤ったプロファイリングをしてしまい、ユーザーの嗜好や生活実態とはかけ離れた広告メールばかり送られてくる。こんな事態を防ぐためには、各社に保有している情報を全て開示してもらい、確認することが必要だろう。

 次に「持ち出し」。「開示」との違いは、データを読み取りやすいように整形された状態でネット事業者に提出させることだ。そうすれば、他の事業者がそのデータを取り込める。例えば、使わなくなったEC(電子商取引)サイトから情報を引き出し、新しいECサイトに読み込ませれば、買い物がスムーズになる。

 そして、「削除」。誤って提供してしまった情報や、もう利用することのないサイトに提供した情報は削除したい。これらは一消費者として直感的に要求したいと思うことではないだろうか。

 フェイスブックは、流出問題を受けて情報管理機能を充実させており、各種データの一括ダウンロードや削除をウェブ上でできるようになった。しかし、実際に記者が利用してみると、データの内容の説明を詳しく求めた際に英語で返信をしてくるなど、その後の対応に問題が見つかった。

 グーグル、アップル、アマゾン・ドット ・コム、日本のLINE、ヤフー、楽天にも同様に情報の開示を求めた。その詳しい経緯はこちらの記事にまとめた。ざっくり言えば、フェイスブックの対応はまだ良い方で、そもそもユーザーから質問ができない、開示にも応じないといった問題がどの会社にもあった。ネット業界全体が「ユーザーによる情報のコントロール」という課題に対して積極的な投資をしていないように思える。

 各社にも言い分はある。データを分散して格納しているため、一括して情報を開示したり、削除したりすることが難しいというのがその理由の1つだ。こうした対応にコストをかけるのが難しいということだろう。民間企業である以上、仕方ない判断なのかもしれない。しかし、それなら冒頭のザッカーバーグ証言はやはり欺瞞だ。

 「我々は自らの個人データの制御を失ってしまった」。WWW(ワールド・ワイド・ウェブ)を発案した「ウェブの父」、ティム・バーナーズ・リー氏は昨年、こんな声明を発表した。ネット事業者のイノベーションは我々の生活を豊かにする一方で、同氏が指摘するようなリスクを生み出した。

 ネットを蝕むこの問題に挑む起業家が日本にいる。データサイン(東京・渋谷)社長の太田祐一氏。元々、ネット広告業界でデータを円滑に流通させるシステムを開発していた。しかし、個人情報が無秩序に拡散する業界慣習に疑問を感じ、企業が個人情報を適切に管理できているかを調査するビジネスを立ち上げた。総務省による「情報銀行」に関する検討会のオブザーバーにもなっている。

 情報銀行とは、情報を提供したい個人と情報を買いたい企業の仲介を担う事業者だ。消費者は自身のデータを情報銀行に預託する。銀行は提供先の企業を消費者に提案する、または消費者が設定した一定の条件のもとで提供先を決める。データの提供を受けた企業は、消費者に対し何らかの便益を返す。例えば、マーケティングのために購買履歴を買い取った企業が、自社のクーポンを発行する、といった流れだ。

 情報銀行を担う事業者を政府が認定するスキームが間も無く始まるのを前に、既に三菱UFJ信託銀行や電通など大手企業が情報銀行に参入する方針を示している。その中で、ベンチャーのデータサインが徹底したユーザー志向の情報銀行の計画をぶち上げている。同社は9月にそのプロトタイプとなるツールの提供を開始。記者も早速使ってみた。

コメント3件コメント/レビュー

98歳の老母と介護のために同居を始めて4年になるが、来た時から母宛の『迷惑郵便』が毎日10通前後配達されてくる。キッカケが何だったのか知らないが、『XXが当選、おめでとうございます』という類の商法に引っかかった事があるらしく、本人は恥じて事実を語らないが、今月には99歳になるというのに郵便は止まることがない。母が亡くなっても送り続けるのではないかと嫌になる。送付元が海外にあるようなので、止めさせることも出来ない。今更意味がないのに、母は郵便の宛先と自分の名前の部分を切り取って細かく刻んでゴミ箱に捨てて残りはリサイクルに回している。当初は全てゴミ箱に入れていたのだが、『ゴミを減らす』為に私が直させた。『迷惑メール』は電子メールに限ったことではないのだ。多分、射幸心の強い人の個人情報は1件あたりの単価も高く闇取引されているのだろう。迷惑電話も多い。固定電話の切り替え勧誘や、インターネット回線の勧誘。而も、相手は私が最近新しい相手に契約変更したばかりなのに、どの会社とどの様な契約をしているかまで把握した上で電話してくるのだ。前の契約先とも関係ない別の業者への切り替えを請け負う『契約下請け』とでもいう存在なのだろう。まさか今現在契約している会社が意識的に個人情報を漏らすはずがないので、社内で情報を入手して外部に売っている『犯罪者』がいるのだろう。余りしつこいと、相手に『私の電話番号は誰から聞いたのか?』と問いただすこともあるが、相手にとっては想定質問のようで迷うこともなく受け答えする。同じ業者への切り替えを提案する電話は人が変わって何回も掛かってくるので、同じ電話番号一覧を複数の人間に配って一見契約が取れれば幾ら、という契約になっているのだと思われる。一度断っても繰り返されると折れる人も少なくないようだ。私の場合は腹を立ててしまうが、私の兄は根負けして『料金が本当に安くなるなら』という前提で切り替えに応じたそうだ。確かに月々の料金は下がっているそうだ。そういう意味では、料金に関して嘘は付けないようだ。個人情報は恐らく公然と売買されている。それらを摘発したら執行猶予のない禁固刑にでもしないと無くなることはない。(2018/09/11 09:07)

オススメ情報

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「個人データを消費者に取り戻す戦いが始まった」の著者

寺岡 篤志

寺岡 篤志(てらおか・あつし)

日経ビジネス記者

日本経済新聞で社会部、東日本大震災の専任担当などを経て2016年4月から日経ビジネス記者。自動車、化学などが担当分野。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

98歳の老母と介護のために同居を始めて4年になるが、来た時から母宛の『迷惑郵便』が毎日10通前後配達されてくる。キッカケが何だったのか知らないが、『XXが当選、おめでとうございます』という類の商法に引っかかった事があるらしく、本人は恥じて事実を語らないが、今月には99歳になるというのに郵便は止まることがない。母が亡くなっても送り続けるのではないかと嫌になる。送付元が海外にあるようなので、止めさせることも出来ない。今更意味がないのに、母は郵便の宛先と自分の名前の部分を切り取って細かく刻んでゴミ箱に捨てて残りはリサイクルに回している。当初は全てゴミ箱に入れていたのだが、『ゴミを減らす』為に私が直させた。『迷惑メール』は電子メールに限ったことではないのだ。多分、射幸心の強い人の個人情報は1件あたりの単価も高く闇取引されているのだろう。迷惑電話も多い。固定電話の切り替え勧誘や、インターネット回線の勧誘。而も、相手は私が最近新しい相手に契約変更したばかりなのに、どの会社とどの様な契約をしているかまで把握した上で電話してくるのだ。前の契約先とも関係ない別の業者への切り替えを請け負う『契約下請け』とでもいう存在なのだろう。まさか今現在契約している会社が意識的に個人情報を漏らすはずがないので、社内で情報を入手して外部に売っている『犯罪者』がいるのだろう。余りしつこいと、相手に『私の電話番号は誰から聞いたのか?』と問いただすこともあるが、相手にとっては想定質問のようで迷うこともなく受け答えする。同じ業者への切り替えを提案する電話は人が変わって何回も掛かってくるので、同じ電話番号一覧を複数の人間に配って一見契約が取れれば幾ら、という契約になっているのだと思われる。一度断っても繰り返されると折れる人も少なくないようだ。私の場合は腹を立ててしまうが、私の兄は根負けして『料金が本当に安くなるなら』という前提で切り替えに応じたそうだ。確かに月々の料金は下がっているそうだ。そういう意味では、料金に関して嘘は付けないようだ。個人情報は恐らく公然と売買されている。それらを摘発したら執行猶予のない禁固刑にでもしないと無くなることはない。(2018/09/11 09:07)

すばらしいアイデアです。passpitにとっては非常によいビジネスモデルですね。しかし、個人ユーザーにとってどうでしょう? paspitが自分の情報の門番のようなことをしてくれて安心と思っても、この会社が他の会社に買収されれば安心は砂上の楼閣。(2018/09/11 07:05)

“消費者に取り戻す”というのは過剰表現だと考えます。
そもそもネットとは、デジタルデータの“コピーの連鎖”で成り立っている。
データを取り戻すことなど、出来るはずがないでしょう。
その原理を知らない、意識していない人が余りに多すぎる。
暗号、トークン、データ加工、これらも結局最後は解読しなければならない。
その解読する為のデータも、ネットワーク、
つまりコピーの連鎖に繋がなければならない。
ネットを使うという事は、どこかで“真のデータ”が流れ続けているんです。

個人情報を扱う規制で“データの削除”を規定できないのは、
一度でもネットに繋がったデータは、
様々なデバイスに際限なくコピーされ続けるので、
削除も、削除確認も、事実上不可能だからです。
ネットを使い続けるなら、情報を流し続ける現状を受け入れるしかありません。
情報を流す事を、無理に制限しようとしたり、無闇に怯えるよりも、
流された情報がどう使われる(た)かを、常に意識するべきです。

誰かや何かに預けたまま放置する。規定や規約を鵜呑みにする。
そもそも規約や規定を読まない。“騙される事は愚かな事”と考える。
これらは全て、自分の情報=ネット上の自分自身そのものに、
無頓着で無防備である、という事です。(2018/09/11 03:25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

創業者からの事業継承ほど 難しいものはないですね。

桜田 厚 モスフードサービス会長