• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

冠婚葬祭互助会が乗り出した「孤独死対策」

寺院とコラボして「無縁社会」を「有縁社会」に

2015年12月2日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 仏教寺院の存続の危機を描いた『寺院消滅~失われる「地方」と「宗教」~』を著した。昨今の葬儀の簡素化や、都市化の流れに寺院が飲まれ、1つ、また1つと消えている。特に少子高齢化が進む地方都市では寺院消滅が顕著だ。寺を支えてきた檀家が減り、隣組も機能しなくなり、結果、寺院の無住(住職不在の寺院)化が進行している。地域の紐帯としての役割を担ってきた寺院が「消えて」しまうと、同時に地縁や血縁の結びつきが薄れてしまう。悪循環に入っている。

 「平成の法難」という表現は決して大げさではない。仏教界では問題意識の共有が始まりつつある。最近では各宗門から勉強会に呼んでいただく機会が増えた。

 先日は意外な団体から、セミナーの講師の依頼がきた。

 冠婚葬祭の互助会だ。互助会は、会員から積立金を集めて、葬式や結婚式などの多額の出費に備えるための組織だ。全国に葬祭ホールや結婚式場などを多数抱え、時が来れば、会員は施設を利用することができる。

世界でも珍しい縁組織

 互助会は終戦直後の1948年、神奈川県横須賀市でスタートした。

 互助会は七五三、成人式、結婚式、葬式などの各種セレモニーを担ってきた。人生儀礼を大切にする日本人の文化風習に根差した組織と言える。

 これら人生儀礼を執り行う際、「縁」の存在が欠かせない。例えば葬式では「地縁(隣組)」と「血縁(親族)」が取り仕切る。互助会もまた、ひとつの「縁組織」である。

 互助会のような、相互扶助の精神で儀礼を担う縁組織は、世界でも類を見ないものだ。

 互助会は発足から70年近くを経て前受金が2兆円、会員数が2000万件を超える巨大ネットワークに成長した。だが、近年は葬儀の簡素化、地方都市の衰退などによって、伸び率が頭打ちになりつつある。互助会数も1986年の415社をピークに、現在は292社(2012年)にまで減ってきている。互助会は、寺院と同じように、存続問題を抱えているのだ。

寺院と互助会がコラボ

 セミナー会場の最前列には、全国冠婚葬祭互助会連盟会長で、作家としても活躍されている佐久間庸和氏の姿があった。

 佐久間氏からは、「寺院と互助会の仕組みはとても似ている。例えば互助会では高齢化社会に向けた様々な取り組みを実施し、地域と互助会の両方の活性化につなげている」との意見があった。具体的に話を聞いていくと、佐久間氏の試みは示唆に富むものだった。

コメント3件コメント/レビュー

実家が檀家寺です(都内)。後継者がなく親族とも連絡が取れなくなった無縁墓がポツポツ出てきているようです。将来は、無住にならないとも限らないですが、特に不思議なことでもないと思っています。というのも、実家の場合、寺院自体は鎌倉時代からあったようですが、江戸末期には無住となり荒れ寺になったところ、大正時代に祖父が着任したという経緯があります。歴史の中で寺院が無住になることはこれまでにもあったわけです。
結局、法要やら先祖代々の墓守やらは、「○○家」が延々と続くことを前提としたシステムで、それが崩壊しつつある以上、檀家寺が役目を失うのは必然と思います。さらに、位牌(戒名)不要、葬儀不要で火葬だけを希望する人が増えれば、僧侶の出番はありません。
確かに、葬儀会館、互助会、寺院そして仏壇仏具屋は運命共同体ですね。仏教ビジネスの危機は、なるほど、深刻です。(2015/12/03 02:35)

オススメ情報

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「冠婚葬祭互助会が乗り出した「孤独死対策」」の著者

鵜飼 秀徳

鵜飼 秀徳(うかい・ひでのり)

ジャーナリスト、浄土宗僧侶

1974年、京都市生まれ。新聞記者、日経ビジネス記者、日経おとなのOFF副編集長などを歴任後、2018年に独立。「宗教と社会」をテーマに取材を続ける。正覚寺副住職、浄土宗総合研究所嘱託研究員、東京農業大学非常勤講師。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

実家が檀家寺です(都内)。後継者がなく親族とも連絡が取れなくなった無縁墓がポツポツ出てきているようです。将来は、無住にならないとも限らないですが、特に不思議なことでもないと思っています。というのも、実家の場合、寺院自体は鎌倉時代からあったようですが、江戸末期には無住となり荒れ寺になったところ、大正時代に祖父が着任したという経緯があります。歴史の中で寺院が無住になることはこれまでにもあったわけです。
結局、法要やら先祖代々の墓守やらは、「○○家」が延々と続くことを前提としたシステムで、それが崩壊しつつある以上、檀家寺が役目を失うのは必然と思います。さらに、位牌(戒名)不要、葬儀不要で火葬だけを希望する人が増えれば、僧侶の出番はありません。
確かに、葬儀会館、互助会、寺院そして仏壇仏具屋は運命共同体ですね。仏教ビジネスの危機は、なるほど、深刻です。(2015/12/03 02:35)

切り口が新鮮だ。普段宗教とは縁がない。現代は宗教から解放された社会だと思う。一方でそれでもやはり宗教は文化の中核を占める。文化が民族を作っていると思う。そんな視点は「日本人」の社会の活性化につながるという示唆だろう。
「縁」はいなものという。思いもよらない「未来」が広がるのかもしれないと感じた。互助会の活動にも少々興味がわいた。いろいろな意味で面白い。(2015/12/02 14:29)

葬儀会場が激増していることに時代を感じます。かって介護事業に乗り出したたくさんの企業は、頭打ちの利幅に悩んでいます。葬儀会場はあの手この手で、まだしばらくは進展していくのでしょう。金儲けに目が無いことは、きっと良いことなのでしょうね。(2015/12/02 10:27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

自分と同じ物の見方をする “ミニ手代木”を育てるつもりはありません。

手代木 功 塩野義製薬社長