• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ドラマ「陸王」で読み解く不正連鎖の真因

「モラル低下」「品質への甘え」で片付けてはいけない

2017年12月5日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

一連の不祥事を「十把一絡げ」にするメディア

 この後も、似たような不正が次々と明らかになった。復習の意味も込めて、一連の不祥事を下記に並べてみる。

●ここ数カ月で明らかになったメーカーの不正(発覚時のみ)
9月29日 日産自動車が国内6工場で社内の認定を受けていない社員らが完成検査を行っていたと発表(日経記事
10月8日 神戸製鋼所が顧客が求める品質基準を満たしていない部品を出荷していたと発表(日経記事
10月27日SUBARU(スバル)が同社の群馬製作所(群馬県太田市)で完成検査員の資格を持たない従業員が検査工程に携わっていたと発表(日経記事
11月23日三菱マテリアルの子会社3社で品質データを改ざんする不正が発覚(日経記事)。翌日に記者会見を実施(
11月28日東レが子会社の「東レハイブリッドコード」で製品データの改ざんがあったと発表(日経記事

 ここでは同じ表に並べているが、実際には2種類の不正に分かれる。「自動車メーカーが資格のない検査員に国が定めた完成検査を実施させていた」「素材メーカーが自社製品の品質に関わるデータを改ざんしていた」の2つだ。

 1社が起こした問題なのであれば、話は簡単だ。徹底的に不正が起きた理由を洗い出し、改善すればいい。だが、今回の不正は困ったことに、互いの現場に交流がないはずの複数社、しかも競合企業でほぼ同じ時期(発表の時期という意味ではなく、実際に不正が現場で起きていた時期)に同様の問題が起きている。だからどうしてもメディアは、十把一絡げに「現場のモラルが低下している」「品質に対する甘えだ」と処理してしまいたくなる。記者もメディアの一員だから、その気持ちはよく分かる。

 確かにその要素はあったかもしれないが、「真因」として考えた場合、記者にはどうしてもそれらが問題の本質であるようには思えなかった。3年前に「日経ビジネス」に異動になる前は技術誌「日経ものづくり」で7年間、その前の経営誌「日経ベンチャー(現・日経トップリーダー)」でも7年近く、製造業の現場を取材し続けてきた。カイゼンにはまり、企業のカイゼン活動に紛れてアイデアを出し、カイゼンの実務(その場で物の置き方や作業手順などを変えること)をしたこともある。ちゃんと数えてはいないが、現場に足を踏み入れた会社は優に100は超えると思う。

 当然、実際のモノ作りに関わっている方々に比べたらヒヨッコだが、記者という職業の性質上、自動車部品や装置といった組立系はもちろん、化学や鉄鋼といったプロセス系まで幅広い現場を見てきたという自負はある。長年の取材活動の中で、製造業に関わるたくさんの仲間たち(勝手にそう思っているだけだが)もできた。

 そんな仲間を近距離で見ていていつも思うのは、「真面目だな」ということ。過剰なまでに品質に対する意識が高い。モラルが下がっているようにも、品質を軽視しているようにも見えなかった。

 だとすれば一体、何が真因なのか。OBの取材時にはあたふたしてしまったので、改めてじっくり考えてみた。

コメント60件コメント/レビュー

 車の不祥事の問題は、国が決めた法、規則を時代に合わせ業界と国の努力でめんどうくさいので変変更しないこと。特採の問題は、契約をする際、詳細を契約に書くことが日本人の一般の技術者の文章能力からできないこと。できる人がいて契約を文章にした際、その努力を契約書と被契約者双方のマネージメントが、めんどうくさい労力に価値を見いださないから。結局の所、論理的な契約の文章を読み書きする習慣にマネージメント側および技術現場側双方にに無いことです。そんな理屈をこねる技術屋は、社内に於いてマネージメント(営業も含む)に嫌われるので、文書技術を磨く人は稀です。
 穿った見方をすると、場合によっては、これらの件は、日本の上記事情を知った外国企業等が、不祥事を発生した企業の社員に内部告発させ、日本全体の品質に対する信頼を落とさせているのでは?
 今は、あまり流行でないようだがISO規格も日本の文書化能力を攻められたのではと思う節があります。(2018/01/16 08:40)

オススメ情報

「記者の眼」のバックナンバー

一覧

「ドラマ「陸王」で読み解く不正連鎖の真因」の著者

池松 由香

池松 由香(いけまつ・ゆか)

日経ビジネス記者

北米毎日新聞社(米国サンフランシスコ)で5年間、記者を務めた後、帰国。日経E-BIZ、日経ベンチャー(現・日経トップリーダー)、日経ものづくりの記者を経て、2014年10月から日経ビジネス記者。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 車の不祥事の問題は、国が決めた法、規則を時代に合わせ業界と国の努力でめんどうくさいので変変更しないこと。特採の問題は、契約をする際、詳細を契約に書くことが日本人の一般の技術者の文章能力からできないこと。できる人がいて契約を文章にした際、その努力を契約書と被契約者双方のマネージメントが、めんどうくさい労力に価値を見いださないから。結局の所、論理的な契約の文章を読み書きする習慣にマネージメント側および技術現場側双方にに無いことです。そんな理屈をこねる技術屋は、社内に於いてマネージメント(営業も含む)に嫌われるので、文書技術を磨く人は稀です。
 穿った見方をすると、場合によっては、これらの件は、日本の上記事情を知った外国企業等が、不祥事を発生した企業の社員に内部告発させ、日本全体の品質に対する信頼を落とさせているのでは?
 今は、あまり流行でないようだがISO規格も日本の文書化能力を攻められたのではと思う節があります。(2018/01/16 08:40)

私は20年以上、米国および中南米で日本企業の技術移転の仕事に関わってきました。日本企業、特に大企業にはプロジェクトを最初から最後まで責任を取る人がいません。特に問題なのは設計者が自分の設計に責任を取ることができないようになっていることです。現場が勝手に変えるので、現場の力は上がりますが、設計能力が上がりません。発展途上国の上層部は日本は現場の人間だけが優れていると認識しています。(2018/01/15 16:16)

他国のマネージメントが現場に行く時のスタイルは知らないが、日本の大企業の殆どは役人の視察訪問と同様、座敷に乗せてしまう。即ちマネージメントが気分よく現場視察し、何の問題もなく綺麗に通過させる事が現場責任者(工場長等)の一番の仕事になる。そして現場の一定の会場で講評が行われ、皆で軽く慰労会をする。これが典型的な日本の経営者の現場訪問スタイルである。正に国賓や要人警護のスタイルと同じで、例え周辺に問題が転がっていても見せない!或いは事前に綺麗にしておく。殆ど阿吽の呼吸。経営者も駄目な場所を見たくないし、万一見た場合は責任者を適時に更迭する事もあるだろう。昔の代官と、それに接遇する取り巻きと同じである。これが習慣づくと、取り立てて悪事を働いていないので単に”隠しておく”だけ。経理に置き換えると二重帳簿や仕入れ数のやり繰り、単価の入れ替え、等ではないか。要は監査行為がいい加減だから生じる事案である。抜き打ちがベストだが、予告の監査行為であっても現場を知って点検すれば防げるものだ。鈴を掛けたがらない社員やマネージメントが多いから、いつになっても解決しない事柄になる。(2018/01/01 21:27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大切なのは、リーダーが「下から目線」を持つことです。

四方 修 元マイカル社長