• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

記者の眼 ドラマ「陸王」で読み解く不正連鎖の真因

レビュー

とても参考になった
 

73%

まあ参考になった
 

12%

参考にならなかった
 

14%

ぜひ読むべき
 

75%

読んだほうがよい
 

10%

どちらでもよい
 

14%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

 車の不祥事の問題は、国が決めた法、規則を時代に合わせ業界と国の努力でめんどうくさいので変変更しないこと。特採の問題は、契約をする際、詳細を契約に書くことが日本人の一般の技術者の文章能力からできないこと。できる人がいて契約を文章にした際、その努力を契約書と被契約者双方のマネージメントが、めんどうくさい労力に価値を見いださないから。結局の所、論理的な契約の文章を読み書きする習慣にマネージメント側および技術現場側双方にに無いことです。そんな理屈をこねる技術屋は、社内に於いてマネージメント(営業も含む)に嫌われるので、文書技術を磨く人は稀です。
 穿った見方をすると、場合によっては、これらの件は、日本の上記事情を知った外国企業等が、不祥事を発生した企業の社員に内部告発させ、日本全体の品質に対する信頼を落とさせているのでは?
 今は、あまり流行でないようだがISO規格も日本の文書化能力を攻められたのではと思う節があります。(2018/01/16 08:40)

私は20年以上、米国および中南米で日本企業の技術移転の仕事に関わってきました。日本企業、特に大企業にはプロジェクトを最初から最後まで責任を取る人がいません。特に問題なのは設計者が自分の設計に責任を取ることができないようになっていることです。現場が勝手に変えるので、現場の力は上がりますが、設計能力が上がりません。発展途上国の上層部は日本は現場の人間だけが優れていると認識しています。(2018/01/15 16:16)

他国のマネージメントが現場に行く時のスタイルは知らないが、日本の大企業の殆どは役人の視察訪問と同様、座敷に乗せてしまう。即ちマネージメントが気分よく現場視察し、何の問題もなく綺麗に通過させる事が現場責任者(工場長等)の一番の仕事になる。そして現場の一定の会場で講評が行われ、皆で軽く慰労会をする。これが典型的な日本の経営者の現場訪問スタイルである。正に国賓や要人警護のスタイルと同じで、例え周辺に問題が転がっていても見せない!或いは事前に綺麗にしておく。殆ど阿吽の呼吸。経営者も駄目な場所を見たくないし、万一見た場合は責任者を適時に更迭する事もあるだろう。昔の代官と、それに接遇する取り巻きと同じである。これが習慣づくと、取り立てて悪事を働いていないので単に”隠しておく”だけ。経理に置き換えると二重帳簿や仕入れ数のやり繰り、単価の入れ替え、等ではないか。要は監査行為がいい加減だから生じる事案である。抜き打ちがベストだが、予告の監査行為であっても現場を知って点検すれば防げるものだ。鈴を掛けたがらない社員やマネージメントが多いから、いつになっても解決しない事柄になる。(2018/01/01 21:27)

この記事の内容に賛同することをお知らせしつつ,思ったよりも同様のご意見の方々が多くて安心しました.

池松さんの記事は,日経ものづくりの頃の,家族ぐるみでのカイゼンがおもしろくて記憶に残ってますが,文中にもあったとおり,現場をよく知る方だと承知しています.

また,文末の「あうんの呼吸」擁護に否定的なご意見も多いですが,私も現場で育った製造エンジニアなので,「あうんの呼吸」擁護にも同意です.もちろん,契約や検査はきちんとしたうえですが.

「あうんの呼吸」的な部分が,日本の製造業の強みであり,海外メーカーではまねできない競争力と思うので,活用し,伸ばしていく部分だと思っています.
_/_/_/(2017/12/15 12:48)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

メーカーの役割は 感動するレベルの商品を作ることです。

小路 明善 アサヒグループホールディングス社長兼CEO