• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

警視庁の柔らかツイッター、目指すは100万人!

桜田門に初潜入(後編)

2018年5月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

非常用持ち出し袋の内容で炎上(?)

「炎上というか、賛否両論の意見を多数いただいたツイートはありました。つい最近です。2018年3月22日のツイートでした。非常用持ち出し袋の内容についての書き込みです」(村田氏)

「なるほど、香りについての内容ですね。分からないでもないですね。避難所という場所は行きたくて行く場所ではありません。私は仕事がら国内外の多くの避難所を訪ねてきたのですが、かなりピリピリした空間です。そうした場所できつい匂いは迷惑かもしれませんね」(渡辺氏)

「まさにそういう意見が多く見られました。いわゆる“香害”ですね。この部分について確かに言葉足らずでした。ツイッターは140文字の制限があるので、真意が伝わらない場合もあるということを学べたと思っています」(村田氏)

「このツイートは削除したのですか?」(渡辺氏)

「いえ、削除はしていません。その代わりに以下のようなフォローのツイートで対応しました」(村田氏)

いつも当課のツイッターへのご声援ありがとうございます。本日、当課がツイートした『香り』についてですが、いただきましたご意見のとおり、体質に合わない方も多くいらっしゃいますので、特に公共の場では、周囲への迷惑とならないよう、十分なご配慮をお願いします

 ちなみにこれまで削除したツイートはないという。2013年1月にスタートして以来、1800回以上のツイートをしてきているが、炎上はこの件を含めごくわずかにとどまっている。かなり優秀だといえる。ということで、人気ツイートの5位と4位を発表だ。

※「リツイート」と「いいね」の数を合計した数字(取材時点)でランキング

2017年12月14日

9位にも登場した「魚釣り好き」の課員によるツイート。やはり実際に使っている人の言葉は強い。

100円ショップなどにも売っている商品。石鹸のように使うことでにんにくや生魚の匂いなどが取れるとされる。

オススメ情報

「渡辺実のぶらり防災・危機管理」のバックナンバー

一覧

「警視庁の柔らかツイッター、目指すは100万人!」の著者

渡辺 実

渡辺 実(わたなべ・みのる)

防災・危機管理ジャーナリスト

株式会社まちづくり計画研究所代表取締役所長、日本災害情報学会理事、NPO法人日本災害情報サポートネットワーク理事長。国内外の災害現場からジャーナリスティックな提言を行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官