• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「失われた20年」が終わったと考える理由

日本株は長期上昇局面入り

2017年4月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年に入ってからの日本株は、さえない動きを続けています。他市場が上昇しているにもかかわらず横ばいのまま。投資家たちはフラストレーションを貯めつつあるようです。

 しかし、長い目で見れば、日本の経済や株式市場の見通しはむしろ明るさを増しています。バブル崩壊後から続く経済や株式市場の停滞は「失われた20年」と呼ばれます。筆者は、この失われた20年は既に終了し、日本株は持続的な成長局面に入ったと考えています。今回はそう考える理由を説明します。

失われた20年の原因は3つの構造問題

 失われた20年が生じた原因について定説はありませんが、筆者はa.不良債権と金融システム不安、b.経済・企業の競争力低下、c.政治の機能不全、の3つと考えています。ただし、この3つが失われた20年の全期間を通じて影響したわけではありません。前半(1990年-2003年)は不良債権問題が、後半(2007年~?)は残りの2つが原因となりました。

日本の実質GDP成長率(四半期、前年同期比)
出所:内閣府ホームページより大和住銀投信投資顧問作成
東証株価指数の推移(月次)
出所:ブルームバーグより大和住銀投信投資顧問作成

不良債権問題は小泉内閣で解決

 1990年にバブルが崩壊し、失われた20年が始まりました。その後、1995~96年や99~2000年のように景気や株式市場が回復した時期もありましたが、いずれも一時的なものにとどまりました。これは、これらの回復が金融緩和や財政出動などによるもので、構造問題は手つかずだったことが理由です。当時の構造問題は不良債権と金融システム不安でした。

 不良債権問題に本格的に手を付けたのが、小泉純一郎首相(当時)です。当時、慶応大学教授だった竹中平蔵氏を金融担当大臣に抜擢。2002年には金融再生プログラムを作成して問題解決に乗り出しました。

 小泉・竹中コンビの努力の甲斐あって不良債権問題は決着、経済や株式市場は03~07年の初めにかけて回復を続けます。多くの人は「失われた10年は終わった」と思いました。

 しかし実際はそうではなかったことが間もなく明らかになります。リーマン・ショックをきっかけに景気も株式市場も停滞局面に逆戻りしてしまったからです。「失われた10年」は「失われた20年」になりました。

コメント4件コメント/レビュー

こういう人がたくさんいたから日本は20年間も失われた時間を過ごしたんでしょうね。
為替の変動が一番の景気回復要因だという事は、ちょっと考えればわかることですが‥

現金の貯め込みは別に変っていないし、構造要因というものを言っていれば説明できているような気がするのでしょうが、結局は金融緩和されたから景気が良くなっているのであり、今でも政府からもっと投資をするように言われているのは変わらない。
結局は中央銀行がデフレにならないようにきちんと通貨を管理し、政府が事業の邪魔をしないでいてくれさえすれば、日本企業の実力なら普通に商売できるという事。

あとは投資する当ても見つけられないサラリーマン経営者を淘汰して、せめて挑戦できる若い経営者に変えれば、今の事業環境ならいろいろな展開ができると思う。

上場企業とサラリーマン経営者という組み合わせは、非常に相性が悪い。(2017/04/10 09:48)

オススメ情報

「政治と市場の“正しい”見方」のバックナンバー

一覧

「「失われた20年」が終わったと考える理由」の著者

門司 総一郎

門司 総一郎(もんじ・そういちろう)

大和住銀投信投資顧問/経済調査部シニア・エコノミスト

アジア株ファンドマネージャー、チーフストラテジスト、投資戦略部長などを経て、2018年より現職。同社ホームページに「市場のここに注目」を掲載中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

こういう人がたくさんいたから日本は20年間も失われた時間を過ごしたんでしょうね。
為替の変動が一番の景気回復要因だという事は、ちょっと考えればわかることですが‥

現金の貯め込みは別に変っていないし、構造要因というものを言っていれば説明できているような気がするのでしょうが、結局は金融緩和されたから景気が良くなっているのであり、今でも政府からもっと投資をするように言われているのは変わらない。
結局は中央銀行がデフレにならないようにきちんと通貨を管理し、政府が事業の邪魔をしないでいてくれさえすれば、日本企業の実力なら普通に商売できるという事。

あとは投資する当ても見つけられないサラリーマン経営者を淘汰して、せめて挑戦できる若い経営者に変えれば、今の事業環境ならいろいろな展開ができると思う。

上場企業とサラリーマン経営者という組み合わせは、非常に相性が悪い。(2017/04/10 09:48)

またバブル世代が適当なことを書いてる。

ノリしか長所の無い世代が、やっと管理職を追われ始め、その下の世代がベンチャーを含めマトモな経営をはじめだしたから、なんぼかましな業績になってきただけ。
アベノミクスなんて関係ない。
東芝やシャープが良い事例。(2017/04/07 22:40)

財務諸表と成長力を同一に議論するのは間違っていると思います。M&Aは良いとしても、事業の切り離しはともすれば贅肉だけでなく筋肉まで切り離すことになるからです。日立にしても、物流や金融はこれから伸びる分野なので、本業に関係が薄いというだけで切り離すべき事業ではないと思います。財務諸表はあくまで過去の努力の結果であり瞬間風速、成長力はどれだけ成長分野へ戦略を実行に移しているかであり時に財務諸表を悪化させる要因です。その意味で、私は日本の企業が成長軌道に乗った等とはつゆほども思えません。自動運転やシェアリングにより自動車業界が破壊されれば、日本株式会社は再度深く沈むと思います。(2017/04/07 17:13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本には、まだ中国が決して勝てないものがある。それは、優れた「中間層」の人材だ。

丹羽 宇一郎 伊藤忠商事元会長