• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

トランプ大統領弾劾で株高の可能性もあり

ニクソン氏やブラジル、韓国の歴史から検証

2017年6月1日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(写真=ロイター/アフロ)

 ドナルド・トランプ大統領がコミー前連邦捜査局(FBI)長官に対して、政権とロシアの癒着に関する一連の調査の停止を求めたとの疑惑からトランプ氏への批判が高まりました。株式市場では大統領弾劾への警戒感も出始めていますが、今回は過去の大統領弾劾において、株式市場がどのように反応したかを調べてみます。最初に取り上げるのは、米国のウォーターゲート事件です。

 ウォーターゲート事件は、1972年6月に起きた民主党本部への不法侵入事件をきっかけとした一連の政治スキャンダルを指します。当初はほとんど注目されることはなかったのですが、ホワイトハウスの高官の関与などが疑われたことから次第に注目を集め、1973年2月には上院に特別調査委員会が設けられました。

 特に1973年10月にリチャード・ニクソン大統領(当時)が特別検察官のアーチボルト・コックスの解任を求めたことは、司法への介入として批判を浴びました。これをきっかけに大統領弾劾を求める動きが加速、最終的にニクソン氏は辞任に追い込まれることになりました。なお、ニクソン氏は下院の弾劾決議前に辞任したため、実際には弾劾は受けていません。

S&P500種株価指数の推移(週次)
出所:ブルームバーグより大和住銀投信投資顧問作成

 この間の米国株の動きを見ると、事件発生当初のS&P500種株価指数は小幅の動きに止まっており、事件の影響はほとんど見られません。

第4次中東戦争と第1次石油危機がもう1つの悪材料

 しかし、政府高官の関与が濃厚となった1973年初め以降、S&P500は明確な下落基調となり、ニクソン氏がコックス氏の解任を謀った1973年10月には下げ足を速めました。ニクソン氏が大統領を辞任した2ヵ月後の1974年10月になってやっと下げ止まったことを見ても、この間の米国株の動きはウォーターゲート事件に大きな影響を受けたといえるでしょう。

コメント1件コメント/レビュー

韓国とブラジル、大統領が替わって経済はよくなったでしょうか。株価は思惑で動くもの、というかその思惑のようなもので動かす人間と株屋さんしか儲かりません。ブラジルは現大統領も不正追及されているし、ちょっと前はここでも持てはやされていたインドはどうなんでしょう。BRICs、何とかCだけは強権と作為数字で景気を持たせていますが、それもいつまでかと心配です。(2017/06/01 13:13)

オススメ情報

「政治と市場の“正しい”見方」のバックナンバー

一覧

「トランプ大統領弾劾で株高の可能性もあり」の著者

門司 総一郎

門司 総一郎(もんじ・そういちろう)

大和住銀投信投資顧問/経済調査部シニア・エコノミスト

アジア株ファンドマネージャー、チーフストラテジスト、投資戦略部長などを経て、2018年より現職。同社ホームページに「市場のここに注目」を掲載中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

韓国とブラジル、大統領が替わって経済はよくなったでしょうか。株価は思惑で動くもの、というかその思惑のようなもので動かす人間と株屋さんしか儲かりません。ブラジルは現大統領も不正追及されているし、ちょっと前はここでも持てはやされていたインドはどうなんでしょう。BRICs、何とかCだけは強権と作為数字で景気を持たせていますが、それもいつまでかと心配です。(2017/06/01 13:13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

縦割りでスキルを磨くだけでは足りなくなるはずです。

永田 高士 デロイトトーマツグループCEO(最高経営責任者)