• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「キリギリス」になれない日本人

前年より消費支出を「減らす」50%超

2018年1月9日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

とりわけ日本では、勤勉でぜいたくをしないアリが美徳とされてきたが…。
(写真:eyeblink/123RF)

「普通の人々」は今、消費支出について何を考えているか?

 消費者庁が月次で結果を発表している「物価モニター調査」は、全国の物価モニターの見取調査による生活関連物資の価格動向把握(特売品等の廉売価格を含む)など、文字通り物価に関する調査結果が主となっている。だが、参考として公表されている今後3カ月の消費支出を前年同期と比べてどのようにするつもりかをたずねた設問への回答も、筆者は毎回、必ずチェックするようにしている。それは、「普通の人々」が消費支出について何を考えているかが、実によくわかるからである。

 昨年12月20日に発表された同月の物価モニター調査(速報)によると、今後3カ月の消費支出を前年の同期間と比べて増やすか減らすかをたずねた設問への回答分布は、「増やそうと思っている」(8.6%)、「特段増やそうとも減らそうとも思っていない」(40.2%)、「減らそうと思っている」(51.2%)になった<■図1>。多数派は「減らそうと思っている」であり、2015年4月の調査以降、一貫して5割を超えている。日本人の倹約志向の根強さが浮き彫りになっている。

■図1:「物価モニター調査」消費についての意識をたずねた設問:「あなたの世帯の消費への支出額を、今後3カ月の間について、去年の同期間と比べてどのようにしていこうと思っていますか。1つ選んでください」への回答分布
(出所)消費者庁

 国民一般の消費支出に対する姿勢の違いから、日本人を「アリ」、米国人を「キリギリス」に例えることが、昔からある。米国の個人の貯蓄率の推移を見ておきたい<■図2>。

■図2:米国の個人貯蓄率
(出所)米商務省

コメント18件コメント/レビュー

住宅価格、物価それに所得水準を考慮すると、日本がアリとも言えないのではないかと思います。そもそも、米国と日本を比較するのは無理があるのでは?米国の方が遙かに豊かな社会ですから。(2018/01/10 17:47)

オススメ情報

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「「キリギリス」になれない日本人」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

住宅価格、物価それに所得水準を考慮すると、日本がアリとも言えないのではないかと思います。そもそも、米国と日本を比較するのは無理があるのでは?米国の方が遙かに豊かな社会ですから。(2018/01/10 17:47)

分不相応な消費をしないって間隔は正常だと思うが、それで経済が回らず悪循環になるのであれば、根っこの経済モデル自体を否定して修正するほかないと思う。キリギリスの消費頼りの経済モデルがそもそもおかしい。(2018/01/10 14:15)

唯一キリギリスになりかけたのがバブルの時じゃないんですかね。
それで懲りている日本人に消費しろって、無理なこと言わないでください。(2018/01/09 16:09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

70年なんてまだひよっこ。100年、200年続く会社にしないといけない

森 雅彦 DMG森精機社長