• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

個人で「マクロとミクロのかい離」拡大

世代別では「中高年の賃金問題」見え隠れ

2018年1月23日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2018年の日本経済、景気動向のゆくえは?(写真:marchello74/123RF)

マクロ経済全般についての個人の認識は順調に好転

 日銀が1月11日に結果を公表した最新の「生活意識に関するアンケート調査」(調査期間:2017年11月10日~12月6日)では、経済状況に関する生活者(個人)の認識において、「マクロとミクロのギャップ」が拡大していることが示された。

 マクロ経済全般についての個人の認識は、順調に好転している。1年前と比べた場合の現在の景況感DI(回答比率「良くなった」-「悪くなった」)は▲11.9(前期比+1.6ポイント)で、4四半期連続の改善。2014年6月以来の水準である。

 また、現在の景気の水準に関する設問への回答からDI(回答比率「良い」+「どちらかと言えば、良い」-「悪い」-「どちらかと言えば、悪い」)を試算してみると▲23.6(前期比+5.4ポイント)で、4四半期連続の上昇。こちらも2014年6月以来の水準である<■図1>。

■図1:現在の景気水準DI(回答比率「良い」+「どちらかと言えば、良い」-「悪い」-「どちらかと言えば、悪い」で試算)
(出所)日銀資料より筆者作成

一方でミクロの認識は悪化、ミクロとマクロの認識ギャップ拡大

 だが、ミクロの認識を示していると考えられる、1年前と比べた場合の暮らし向きDI(回答比率「ゆとりが出てきた」-「ゆとりがなくなってきた」)は▲33.7(前期比▲1.8ポイント)で、2四半期ぶり悪化。このDIは2016年以降、前期比上昇・低下を繰り返している。

コメント7件コメント/レビュー

経済状況に関する生活者の認識において、「マクロとミクロのギャップ」が拡大しているというのは、とても興味深い指摘でした。確かに、マクロ経済は順調に好転しているとマスメディアが報道しています。異次元の施策を強引に行ったアベノミクスの効果なのでしょう。企業の業績も一般に良くなっているようです。しかし一方で、自分の生活が好転している実感はない。理由は単純ではないでしょうが、近未来に対する根深い不安を持つ企業や個人が大半だからではないでしょうか。個人的には、我が国で「景気がいい」と言われるのはこれが最後で、日本はやがて不景気の中に沈み、二度と浮かび上がることはないような気がしています。(2018/01/25 13:05)

オススメ情報

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「個人で「マクロとミクロのかい離」拡大」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

経済状況に関する生活者の認識において、「マクロとミクロのギャップ」が拡大しているというのは、とても興味深い指摘でした。確かに、マクロ経済は順調に好転しているとマスメディアが報道しています。異次元の施策を強引に行ったアベノミクスの効果なのでしょう。企業の業績も一般に良くなっているようです。しかし一方で、自分の生活が好転している実感はない。理由は単純ではないでしょうが、近未来に対する根深い不安を持つ企業や個人が大半だからではないでしょうか。個人的には、我が国で「景気がいい」と言われるのはこれが最後で、日本はやがて不景気の中に沈み、二度と浮かび上がることはないような気がしています。(2018/01/25 13:05)

賃金をたくさんもらっているはずの中高年が景気上昇感の足を引っ張っているというふうに、記事を読んだのですが、それは当たり前ではないですか?
年金をちゃんと払うためということで、若いころから年金の拠出額の上昇にさらされながら、いざ、もうじき自分がもらう番かという時に、60歳から65歳もしくはそれ以上への年金受給時期の延期と、額の減少にさらされているのです。誰がわずかばかり給料が増えたとしても、金遣いがよくなるものですか?前任者の責任を追及しない役人や政治家の無責任の放置と、自己責任と言う言葉で貧困者を責める風潮、この環境では景況感なんて無理です。(2018/01/23 14:36)

コメントを編集されたようですが、率直に申し上げて、わかりづらくなりました。

上野さんの記事の評価がいつも低いのは、
専門用語や回りくどい言い回しが多く、主張内容が読者に届いていない、ということが一因としてあるのではないでしょうか。

改行を省かれたこともあり、
最初に結論を述べて、後に考察や補足を述べる形にしてあった文章の呼吸が乱れて、
たいへん、わかりづらくなりました。

文章の呼吸がない、無機質に正確な日本語は、わかりづらいものです。
保険の約款や法律など、正確な日本語を駆使して無機質に書かれた文章のわかりづらさときたら、
一般人には到底、読めないレベルであることを考えれば、おわかり頂けると思うのですが。

編集するなとは言いませんが、
冗長で読みづらい(お堅い)コラムの内容を噛み砕いたコメントを、
噛み砕く前の堅い文章に戻されてしまうと、コメントした意味が半減なので、残念です。(2018/01/23 13:05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

貧乏な家に育ったから、とにかくお金に飢えていた。

神田 正 ハイデイ日高会長