• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

トランプ大統領は「日本車がお嫌い」?

今年末は1ドル98~100円程度の円高か

2017年2月7日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

日本の自動車輸出について、不満をぶちまける

 米国のトランプ大統領は1月23日、企業経営者らをホワイトハウスに招いた朝食会で日米間の自動車貿易の状況に関し、「米国(の自動車メーカー)は日本国内で車を販売できないのに、日本は米国に何十万台の車を輸出している」「この問題について協議しなければならない」と発言。不満をあからさまに表明し、日本に「公正」な貿易を求める方針を示した。

 米国からの自動車輸入に対して日本の関税はゼロなのに対し、日本メーカーが米国に輸出する場合は2.5%の関税が課せられている。したがって、大統領の発言は環境規制や輸入時の認証手続きなど、いわゆる非関税障壁を問題視したものと受け止められている。

1月24日、トランプ米大統領は、ホワイトハウスでゼネラル・モーターズなど米自動車製造大手3社のトップと会談した。自動車製造大手のトップは、ドル高是正を政権に求めたとみられている。(写真:代表撮影/UPI/アフロ)

リーマン後、日本の黒字は拡大基調で推移

 日本の財務省が発表している貿易統計で日米間の「自動車」の輸出入差額を調べると、「リーマンショック」後に米国経済が緩やかな回復軌道を走る中、日本の黒字が拡大基調で推移してきたことがわかる。直近データである2016年12月分は+4705億円で、2007年12月以来の水準。ドル/円相場(東京市場17時時点・月中平均)で割ってドルベースで見ると2016年12月分は+39.6億ドル。その前の11月分が+41.0億ドルで、やはり2007年12月以来の大きさである<■図1>。

■図1:日本の貿易統計 対米国の「自動車」輸出入差額
(出所)財務省資料より筆者作成

 むろん、日本の自動車メーカーは海外現地生産に注力しており、設備投資や雇用で米国経済に多大な貢献をしてきているわけだが、こうした自動車貿易関連の直近の数字は日本側にとり「不都合な真実」ではある。

コメント11件コメント/レビュー

上野さんが円高を予測するということは、今年は円安になるのですね。
米国株式を購入したかったのですが、円安が怖くて購入できなかったのですが踏ん切りがつきました、非常に参考にさせていただいております(笑)
日本のエコノミストであるのであれば、『自動車貿易関連の直近の数字は日本側にとり「不都合な真実」ではある』なんて言わず、上野さん達が大好きな自由貿易の結果(実際日本の自動車への関税は0%である)、アメリカの自動車会社は努力不足であるとでも述べていればいいものを。
コメント欄の方々が冷静な分析しているので、今回は突っ込みを控えておきます。
いずれにしても、上野さんが予測するよりは米国は安定するとは私は予測しています。【あん肝】(2017/02/11 19:15)

オススメ情報

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「トランプ大統領は「日本車がお嫌い」?」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

上野さんが円高を予測するということは、今年は円安になるのですね。
米国株式を購入したかったのですが、円安が怖くて購入できなかったのですが踏ん切りがつきました、非常に参考にさせていただいております(笑)
日本のエコノミストであるのであれば、『自動車貿易関連の直近の数字は日本側にとり「不都合な真実」ではある』なんて言わず、上野さん達が大好きな自由貿易の結果(実際日本の自動車への関税は0%である)、アメリカの自動車会社は努力不足であるとでも述べていればいいものを。
コメント欄の方々が冷静な分析しているので、今回は突っ込みを控えておきます。
いずれにしても、上野さんが予測するよりは米国は安定するとは私は予測しています。【あん肝】(2017/02/11 19:15)

標題と内容が全く関係ないのだが、最近のジャーナリストとはどういう感覚をしているのだろう?
トランプは日本車も含めて、日本製品が嫌いなのは彼の言動を見れば明らか。「強いアメリカを取り戻そう」に嘘は無く、50年代60年代を謳歌した強いアメリカをもう一度と言っているだけである。つまり、日本企業がいくらアメリカに工場を作って人を雇っていると言っても事実としては日本ブランドがアメリカにあることが許せないだけ。私が日本車メーカーの経営者なら、真っ向から正当な説明などせず、あくまでビジネスとしてうまみを獲れるところを模索するがね。
例えば、トランプには内緒で自社アメリカ工場でビッグスリーのODM生産を行うとか、基幹システムやコンポーネントをビッグスリーに納入するとか。
安倍くんに任せといたらまとまる話も拗れるだけ。もっと頭働かせなきゃ。(2017/02/09 09:34)

別にトランプ氏は日本車が嫌いなわけではなく、職を失った白人低所得者層に最もわかりやすいものとして「日本車」を取り上げただけでは?
「なんでもいい、我々が何かで日本を打ち負かしたことがあるか? 日本は何百万トンもの鉄をアメリカに輸出している。一方、我々は? 東京でアメリカ製の鉄をを最後に見たのはいつだ? みんな聞け、そんな光景は存在しないのだ。日本人にはやられっぱなしだ」これじゃあ選挙に勝てないでししょ。ただそれだけのことでは?(2017/02/07 22:05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

妥当な内容の商品ばかりが並んでも、 お客様は喜んでくれない。

大倉 忠司 鳥貴族社長