• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

上野泰也のエコノミック・ソナー 英国はEUから離脱しない?

レビュー

とても参考になった
 

25%

まあ参考になった
 

25%

参考にならなかった
 

48%

ぜひ読むべき
 

25%

読んだほうがよい
 

14%

どちらでもよい
 

59%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

安全な国に手厚い保護の下に住めるのだから、難民は命を懸けても、やってくる。これを止めるのは、単純なことだ。難民の国に、安全な地帯を作るしかない。(2018/02/17 13:25)

通商条約は、相互に利益をもたらすから結ぶものだと思うのだが、EU 加盟はそういうものでないらしい。
相互に利益があれば、EU 離脱しても、通商条約をほぼ維持することになるのが、合理的な判断となる。
離脱に制裁まで仄めかす EU 主義者は、理解に苦しむし、そんな集団なら離脱するのが正確としか思えない。(2018/02/17 11:22)

今から40年ほど前になりますが、ロンドンの家庭の夕食の時の話です。「英国では牛肉ばかり食べているのでは・」「いいえ、牛肉は高くて、もっぱらマトン、鳥が普通です、牛は週一くらいです。」
「昔は、英連邦から安く牛など入っていたのですが、ECに加盟してから、大陸(欧州)から買わないといけないそうで、困ったものです」・・・・
 一般家庭は、決してEC加盟を喜んでいませんでした。(当時のマスコミは英国のEC加盟で万々歳でしたね)
 今回も、マスコミ関係者は相変わらず、金融関係者やグローバル企業の話ばかり聞いているようで、一般人の気持ちが見えません。英国離脱を予想した私は、今も英国人の一般の気持ちは離脱に向いて進んでいると思います。「お国の国会が北京で、裁判所がソウルでいいのですか?」
 島国英国は、最も日本とよく似た国民性があります。(2018/02/16 10:40)

もともと残留派だったメイ首相は「ババを引いた」形になりご苦労様と申し上げたいですが、思想信条から言っても積極的にEU離脱に向けての処理を行うはずもなく、極力何もせず引き伸ばし作戦にかかるのではないですか。
そもそもこの件で一番の悪者は、国民投票を政争の具に利用した前首相です。教訓としては「賛否が拮抗する問題に関しては決して国民投票という直接民主制を採ってはならない」ということでしょうか。なぜ間接民主制が民主主義の主流になっているのかを再考する必要がありそうです。(2018/02/15 16:37)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官