• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

若い世代中心に広がる「民主主義」不信

正しいのは中国なのか?

2018年4月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

若者の間で「民主主義離れ」が進んでいる?(写真=Bloomberg/Getty Images)

 もう数年前のことになるが、同じセクションに属している中国人の若手女性社員から次のようなダイレクトな質問を突然受けた筆者は、日本とは大きく異なる環境の中で生まれ育つ中で根付いた認識(というよりも感覚)の違いのあまりの大きさに、はっとさせられた。

「民主主義は、本当に良い制度なのですか?」

 「日本では選挙をする民主主義の政治ですが、これが本当に良い制度なのですか?」

 筆者の会社でもう20年以上も続けている、早朝の新聞各紙チェックのルーティンワークを若手社員数人としていた時の出来事である。学校教育で日本の政治制度や憲法を学ぶ中で、少なくとも筆者くらいの世代の多くの日本人にとっては、西欧型の民主主義という政治制度はいまさら疑うまでもないベストの選択であり、国民が主権者として政治の意思決定に能動的に参加できるという点で一党独裁などよりも優れているという位置付けではないだろうか。

 だが、そうした教育を受けてきていない国の人の目には、日本の実情を見ていると、素朴な疑問が浮かんできてしまうようである。人口減・少子高齢化を克服することができないまま「地盤沈下」を続けている地方経済の状況。閣僚を含む政治家に相次いで浮上するスキャンダル。無党派層が大きく動くといった「風」でも吹かない限りマスコミ各社による事前の情勢分析通りになるケースが大半で、一種のルーティンのようにしか見えない選挙。いわゆる「開発独裁」の方が、指導者層さえ優秀であれば、意思決定が早く、経済成長に有利ではないかという見方をする人が出てきやすい。

 また、そうした西欧型の民主主義とは異なる道を歩んできている中国のやり方こそが正しいという教育やキャンペーンが、経済が急速に発展して豊かになった中国の人々の間では素直に浸透しやすいという事情もあるだろう。

 上記の質問を受けた頃には、中国経済が成熟して低成長に移行するとともに、中国の人々の関心事が経済成長(ありていに言えばお金もうけ)から政治の民主化へと徐々に向かい、そのスピードやプロセスは予想が難しいものの、中国の政治制度は民主主義の要素を増していくのではないかと、筆者は考えていた。

 しかしその後、日本の若者の考え方やライフスタイルが自分のような世代とは大きく異なることに気付いた筆者は、「これまでと違う日本」が現在の20代以下を中心に形成されつつあるという見方を徐々に強めている。そしてそうした一種の構造変化は、民主主義という日本の政治制度についての基本認識でも、徐々に表面化しつつある。

コメント45件コメント/レビュー

「民主主義の教科書として若い人には『銀河英雄伝説』を読んでほしい」。記事を拝読してそう思いました。
ただ、同書でも独裁制国家が勝利し、民主主義国家は「いざというときの退避地」的にしか残らないのですが。
そうならないためには、同書が訴えているように、国民がしっかりと汗をかく、面倒がらない必要があります。(2018/05/23 09:25)

オススメ情報

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「若い世代中心に広がる「民主主義」不信」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「民主主義の教科書として若い人には『銀河英雄伝説』を読んでほしい」。記事を拝読してそう思いました。
ただ、同書でも独裁制国家が勝利し、民主主義国家は「いざというときの退避地」的にしか残らないのですが。
そうならないためには、同書が訴えているように、国民がしっかりと汗をかく、面倒がらない必要があります。(2018/05/23 09:25)

コラム終盤で、「民主主義に対する不信」と「官僚や政治家に対する信頼の低下」を相互的な傾向として論じられていますが、両者は別々の問題というか、むしろ相反する事象ではないでしょうか。民主主義は、実際に国家権力を行使する人間の力を監視し制御するシステムとしてあるわけで、執権者が信頼できないからこその民主主義制度だということくらいは皆知っていると思います。それよりも、隣国の脅威が増している渦中で、選挙・政局対応ばかりに走っているようにしか見えない本邦の国会と報道の実態を鑑みるに、このままで大丈夫かという危機感から、民主主義の限界に思いを致す人も増えているのだと思います。(2018/05/02 10:42)

「民主主義の衆愚政治より天才の独裁のほうが遥かにマシかもしれない」というのは、上野さんのように「西欧型の民主主義という政治制度はいまさら疑うまでもないベストの選択」と考えていた小学生の頃の自分の考え方を大きく変えた出来事(一冊)でしたので・・・多感な頃の読書の影響は意外と大きいのかもしれません。民主主義と独裁というテーマになると銀英伝がまず頭に浮かびますので・・・「天才の独裁」を支持しているわけではないですし、その弊害を理解していないわけでもないので悪しからず。私もYさんに民主主義を題材に田中芳樹さんへのインタビューを期待したいです(笑)

『政治制度や体制に「絶対」などというものはない』という考えの方が多くて安心しました。「多数派の中にいれば(きつく言うと埋没していれば)居心地がよい」といった感覚かもしれないので上野さんに批判されてしまいそうです。そして、コメント欄の方も指摘されている方も多いですが、若者たちの不審の対象は「民主主義」そのものに対してではなく、「政治家」「官僚」「マスコミ」に対してのものですね。上野さんは、若者批判を行う多いのですが、その本質に迫らないまま独善的な解釈でコラムを起こすので、ファンとして指摘をしています(笑)
同様に、(こちらはお仕事でしょうが)ポジショントークとして日銀批判や移民推進、新自由主義の礼賛を行い、自分の考え方と一致しない民主主義は「ポピュリズム」と貶めていたりします。

固定観念云々とコメントを残されている方もいましたが、私は自分の考え方と真逆ともいえるこのコラム(今のNBOでは、上野さん・岡部さん・田原さんの3人ですかね)を参考にして、このような考え方もあるのかという認識をしています。本当は、この様な方々が事実や数字に基づいた分析から説得力のあるコラムを起こしてくれれば良いのですが・・・
【あん肝】(2018/05/01 11:50)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

70年なんてまだひよっこ。100年、200年続く会社にしないといけない

森 雅彦 DMG森精機社長