• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

どうして米国株は最高値を更新しているのか?

「トランプ辞任なら株高」という説もあるが…

2017年6月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

株式市場には、「スキャンダルと低支持率に苦しむトランプ大統領がいっそのこと辞任してくれた方が、株価は上昇するはずだ」という説もある…。(写真:ZUMA Press/amanaimages)

トランプ大統領は低支持率だが、下院補欠選挙で共和党勝利

 米国・モンタナ州で5月25日に行われた下院補欠選挙は、「ロシアゲート」疑惑などから不安定な足取りとなっているトランプ政権の今後を考える上で、地味ではあるが重要なイベントだった。結果は、24日に英紙記者への暴行で告発された共和党のジアンフォルテ候補が、民主党の新人候補を僅差で下して勝利。来年秋の中間選挙が早くも意識され始める中、トランプ大統領の低支持率にもかかわらず、昨年からの共和党の勢いがまだ持ちこたえていることが示された。

 共和党は上下両院で過半数を占めているが、中間選挙で改選となる議員(上院の3分の1、下院は全員)にとり、トランプ大統領との距離をどう取るかは非常に悩ましい問題だろう。5月19日にロイター/イプソスが発表した世論調査結果(14~18日実施)によると、トランプ大統領の支持率は38%で、就任後の最低を更新。「支持しない」が56%、「複雑な心境」が6%だった。共和党支持者の間で「トランプ離れ」が進んだことが支持率低下の主因とみられる。

共和党支持者の7~8割がなおトランプ大統領を支持

 けれども、同党支持者の7~8割がなお大統領への支持を表明している事実は見逃すことができない。FBIや議会による「ロシアゲート」疑惑の真相究明過程で、大統領自身も責任を免れない重大な事実が明らかになり、議会共和党も弾劾に動かざるを得なくなる場合(下院が過半数の賛成を得て弾劾訴追を行う場合)には、そのことが来年の中間選挙にどう影響するかについて、考えをしっかり巡らせる必要がある。

 株式市場などには、「スキャンダルと低支持率に苦しむトランプ大統領がいっそのこと辞任してくれた方が、民主党を含む議会との関係が好転して大型減税や金融規制緩和などの各種政策が実現しやすくなるから株価は上昇するはずだ」という説がある。

コメント5件コメント/レビュー

署名を忘れたのと勘違いされそうなコメントを残してしまったので再コメントします。
上野さんがアメリカ株価の停滞を予測されたということは、アメリカの株価が乱高下する可能性が高いということです(笑)
ロシアゲート云々ではなく、財政出動・大幅減税が即座には困難であるため、その影響で足元の景気が失速し、引きずられる形で株価も下がるとの予測です。
1月ぐらいに「トランプ景気は一時的」と予測していただいたお蔭で、更にアメリカ株も上昇し、円高でもあるので。
本当に、株価や相場を読む場合、このコラムは(逆神として)非常に参考になります。
【あん肝】(2017/06/14 10:28)

オススメ情報

「上野泰也のエコノミック・ソナー」のバックナンバー

一覧

「どうして米国株は最高値を更新しているのか?」の著者

上野 泰也

上野 泰也(うえの・やすなり)

みずほ証券チーフMエコノミスト

会計検査院、富士銀行(現みずほ銀行)、富士証券を経て、2000年10月からみずほ証券チーフマーケットエコノミスト。迅速で的確な経済・マーケットの分析・予測で、市場のプロから高い評価を得ている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

署名を忘れたのと勘違いされそうなコメントを残してしまったので再コメントします。
上野さんがアメリカ株価の停滞を予測されたということは、アメリカの株価が乱高下する可能性が高いということです(笑)
ロシアゲート云々ではなく、財政出動・大幅減税が即座には困難であるため、その影響で足元の景気が失速し、引きずられる形で株価も下がるとの予測です。
1月ぐらいに「トランプ景気は一時的」と予測していただいたお蔭で、更にアメリカ株も上昇し、円高でもあるので。
本当に、株価や相場を読む場合、このコラムは(逆神として)非常に参考になります。
【あん肝】(2017/06/14 10:28)

ドイツ株も、史上最高値という理由も
併せて教えて下さい。

まさか、トランプのせい、とは言いませんよね?(2017/06/14 00:58)

上野さんが決めているわけではないでしょうが、「どうして米国株は最高値を更新しているのか?」という表題に対して、あまり回答にはなっていませんね。
世界中(先進国)で「カネあまり」が発生している現状分析は正しいでしょうが、それが原油を始めとする資源価格の上昇には繋がっていないようですし、正常に物価や投資(株式投資ではなく設備投資や人的投資)に向かっていない理由の説明にもなっていません。
むしろ、余ったおカネが何故株式市場に流れ込んでいるのかを分析していただきたいものです。
トランプ大統領の肯定に繋がるので答えられないのであればエコノミストとして失格ですが(笑)
世界全体として消費の牽引役が不在なことも大きな要因だと思うのですが・・・
上野さんが停滞を予測したということは、そろそろアメリカの株も売っておいたほうが良さそうですね・・・確かに次の投資先がないので困ったもんですが(笑)(2017/06/13 12:00)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官