• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ペンス副大統領はトランプの首を斬れるか?

ウッドワード本に追随する匿名高官の「内部告発」

2018年9月10日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ボブ・ウッドワード記者の新著『Fear:Trump in the White House』。発売前から、ホワイトハウスを大混乱させている(写真:AP/アフロ)

ボブ・ウッドワード記者の新著『Fear:Trump in the White House』(恐怖:ホワイトハウスのトランプ)を米メディアが大々的に報じていますね。

高濱:発売は9月11日ですが、内容が事前に“漏らされ”、米ワシントンは蜂の巣をつついたような騒ぎです。中間選挙を70日後に控え、トランプ政権も共和党も強い衝撃を受けています。

 ホワイトハウスにいる大統領側近や主要閣僚、元政府高官たちがトランプ氏の大統領としての能力や精神状態について赤裸々に暴露しているのですから、騒がないほうがおかしいですね。

でもトランプ大統領の素行や言動については、マイケル・ウォルフ氏の『炎と怒り』とか、オマロサ・マニゴールト・ニューマン元補佐官の内幕物がすでに暴露していますね。別に新しくはないのではないですか。

執筆終えたウッドワード氏、大統領と11分間電話対談

高濱:それはそうですが、著者であるウッドワード氏のジャーナリストとしての業績や知名度、信用度はこの二人とはけた違いです。同氏は「ウォーターゲート事件」をスクープした伝説のジャーナリストであるだけでなく、その後、リチャード・ニクソン第37代大統領からバラク・オバマ第44代大統領まで8人の歴代大統領についての本も著しています。すべてベストセラーです。

 ウォルフ氏には申し訳ありませんが、ウォルフ氏の暴露ものが「手榴弾」だとすれば、ウッドワード氏のは「原子爆弾」です(笑)。

 ウッドワード氏は、16年の大統領選の時からトランプ氏について書こうと構想を練ってきたようです。そしてトランプ政権が発足したのを機に、「トランプ・ホワイトハウス」の内情を取材してきました。

 取材はこれまでと同じように徹底していました。大統領の周辺で働く側近や閣僚など数十人とインタビューし、そのやり取りの内容はすべて録音しているそうです。インタビューにかけた時間は数百時間に及んだと言われています。

 実は、トランプ大統領へのインタビューも試みたのですが、最側近のケリーアン・コンウェイ大統領顧問が「危険を感じたのか」(?)、同大統領には伝えずにウッドワード氏の要請を握りつぶしていたようです。

 ウッドワード氏は、執筆を終えた今年8月上旬にトランプ大統領と電話で11分間、話をしています。その時、同大統領は「知っていればインタビューに応じたのに」と言っています。

 この電話でのやりとりは録音され、ウッドワード氏はそのトランスクリプト全文を米ワシントン・ポストで公表しています。大記者に対するトランプ大統領の「おもねりぶり」が出ていて興味深いですよ。さすがのトランプ大統領も、やはり伝説のジャーナリストにはたじたじといったところです。
("Transcript: Phone call between President Trump and journalist Bob Woodward," Aaron Blake, Washington Post, 9/4/2018)

コメント6件コメント/レビュー

筆者の最後のコメント「有権者は、経済さえよければ「****に陥っている****」に目をつぶるのか、どうか。もう少し様子を見ないとわかりません。」は、悲しいかな、わが国にも当てはまるのではないでしょうか。(2018/09/10 10:38)

オススメ情報

「アメリカ現代政治研究所」のバックナンバー

一覧

「ペンス副大統領はトランプの首を斬れるか?」の著者

高濱 賛

高濱 賛(たかはま・たとう)

在米ジャーナリスト

米政治・経済・社会情勢を日本に発信している。1969年、米カリフォルニア大学卒業、読売新聞社に入社。米特派員、総理官邸・外務省担当キャップ、デスクを経て、調査研究本部主任研究員。98年からUCバークレー校上級研究員。同年から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

筆者の最後のコメント「有権者は、経済さえよければ「****に陥っている****」に目をつぶるのか、どうか。もう少し様子を見ないとわかりません。」は、悲しいかな、わが国にも当てはまるのではないでしょうか。(2018/09/10 10:38)

もし秋の中間選挙で共和党が大敗しても、トランプはその性格から言って意気消沈はしないだろう。いや、事前予想で大敗が明らかになると、起死回生の秘策を繰り出す可能性がある。
もともとキタが従順に非核化へ動くとは、考えていなかったろう。
10月段階でキタの非核化が全く進展していないことを激怒して見せ、決定的な行動に移る可能性すらある。秋にむけ、ますます事態は悪化しよう。(2018/09/10 10:37)

さすがのFOXも「発言した高官がいる」ことは否定しないんですね。そういう面従腹背の人が政権内にいるのも困った話ですが、いなければいないでとんでもない方向へ行きそうでなんとも…(2018/09/10 10:27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本当か嘘か、定かではありませんが、宴会が 日本で一番多い会社といわれているようです。

足立 正之 堀場製作所社長