• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ホワイトカラーの仕事も、AIに取って代わられる

重要な「決断」もAIが下すようになる

2017年1月16日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「クラウド式機械学習サービス」の登場も相まって、機械──正確に言えばアルゴリズムが、すべての労働分野で人間にとって代わることになるだろう。(写真:PIXTA)

AIは幅広い分野に普及する

 人工知能(AI)の機械学習(事前に設定されたプログラムではなく、データの蓄積により自律的に法則やルールを見つけ出して処理するシステム)が、従来考えられていたよりも、大きな可能性を見せ始めている。「この仕事は機械には所詮、無理だ」といった固定概念は、もはや取り払われつつある。

 「MLaaS」(クラウド式機械学習サービス)の登場も相まって、機械──正確に言えばアルゴリズムがすべての労働分野において、人間に取って代わることになるだろう。そしてその事実に関して、様々な分野で大きな議論が沸き起こっている。間違いなく不利益を被る人もいるだろうし、機械を使う主体であるはずの人間がテクノロジーに置き換えられてしまうのだから、反発や批判が起きるのも当然のことだ。

 こういった劇的な変化を楽観的に受け止める人たちもいる。例えば、以下のような考え方の人たちである。
 “テクノロジーの進歩によって仕事が機械に置き換わることは、産業革命以降、昔からよくあることだ。機械の代替によりある職種が消滅する代わりに、以前は存在しなかった新しい職種が登場する。そして、新たに生まれた職種の環境への投資が行われ、労働市場の再編がなされ、最終的には新たな雇用が創出される──。”

 しかし一方、人工知能による自動化によって、もはや人間の労働力は必要とされないだろうという悲観的な考え方もある。最も早期に影響を受ける分野──つまり消えてゆく雇用として、「3D」と呼ばれる分野がある。「Dull(退屈な)」「 Dirty(汚い)」「 Dangerous(危険な)」といった形容詞で表現される職業だ。まず、それらの職業が人工知能などのテクノロジーによって取って代わられると、多くの人たちが思っている。

 これらは大抵、「ブルーカラー」と呼ばれてきた仕事である。例えば、組み立て作業、建設業、鉱山での労働、工場の流れ作業、トラックや自動車の運転…などなどだ。機械によって代替されるべきだという考えの根底にあるのは、非人間的労働に従事する人々や、労働から疎外されていると感じている人々は、テクノロジーによって解放されるべきだという考え方である。

AIが人間を労働から解放すると──失業する

 しかしながら、自動運転技術の進歩を見ればわかるように、現時点で運転を生業にしているタクシー運転手や、トラック運転手の仕事が、そのうち自動運転のようなシステムに取って代わられると、運転手たちにとっては労働の疎外からの解放どころか、失業という酷な現実が待っているというわけだ。

 ところで、人工知能の機械学習の「ホワイトカラー労働」への影響に関しては、あまり巷の話題に上がってこない。おそらくホワイトカラーの仕事には機械化は必要ないと考えられているか、もしくは「人間本来のクリエイティブな仕事だ」ととらえられているからだろう。

コメント8件コメント/レビュー

ホワイトカラーの仕事もですし、実は・・・経営者の仕事もAIに取って代わられると思います。「判断」が聖域ではなくなるなら、大いにあり得る話です(経営者は絶対導入したがらないでしょうけど。或いは導入しても、誰にも悟られないよう、細心の注意を払うでしょう)。
AIに取って代わられるなんて、直感的に何となく抵抗はありますが、「判断」の定義が一定の情報から結論を引き出すことであれば、考えられなくはないと思います。
極端な一例ですが、インターネットの書き込みをAIに処理させたら、「ドイツのヒットラーは正しかった」という結論が導かれたそうですが、この結論は情報源の母集団にそもそも偏りがあったことが原因と考えられます。AIは自らの判断材料として用いた情報源の母集団は100%正しいという前提で判断を下すので、それが結果的に人間社会に好ましい内容かどうかはともかく、一定の合理性はある訳です。
こうなると、生身の人間に残される仕事と言えば・・・詐欺(情報源を操作して、AIの判断を狂わせる)か救世主といったところでしょうか(結果的に人間社会に好ましい内容を判断できるように情報源を操作して、AIの判断を誘導する)。。(2017/02/04 18:52)

オススメ情報

「1分で読める経営理論」のバックナンバー

一覧

「ホワイトカラーの仕事も、AIに取って代わられる」の著者

エンリケダンス

エンリケダンス(えんりけ・だんす)

スペインIEビジネススクール教授

IEビジネススクールでMBA取得。米UCLA 情報システム学部で学び博士号取得後、ハーバードビジネススクールで学ぶ。労働者や企業、社会に対しての技術革新の影響についての研究を深めている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ホワイトカラーの仕事もですし、実は・・・経営者の仕事もAIに取って代わられると思います。「判断」が聖域ではなくなるなら、大いにあり得る話です(経営者は絶対導入したがらないでしょうけど。或いは導入しても、誰にも悟られないよう、細心の注意を払うでしょう)。
AIに取って代わられるなんて、直感的に何となく抵抗はありますが、「判断」の定義が一定の情報から結論を引き出すことであれば、考えられなくはないと思います。
極端な一例ですが、インターネットの書き込みをAIに処理させたら、「ドイツのヒットラーは正しかった」という結論が導かれたそうですが、この結論は情報源の母集団にそもそも偏りがあったことが原因と考えられます。AIは自らの判断材料として用いた情報源の母集団は100%正しいという前提で判断を下すので、それが結果的に人間社会に好ましい内容かどうかはともかく、一定の合理性はある訳です。
こうなると、生身の人間に残される仕事と言えば・・・詐欺(情報源を操作して、AIの判断を狂わせる)か救世主といったところでしょうか(結果的に人間社会に好ましい内容を判断できるように情報源を操作して、AIの判断を誘導する)。。(2017/02/04 18:52)

進化したAIが今後人間の仕事を大きく省力化する事は間違いないだろうが、判断(決断と言うべきか)をして人間に指示するようになるだろうか? それを人間は無条件に受け入れるのか?
AIが社運を賭けた他社買収を決断・指示したとして、経営者は "良きに計らえ" と言えるのかというと無理だ。結局色々な検証を行い決断するのはその経営者だ。
経営者が決断した事なら重役も社員も概ね言う事を聞くだろう、AIとの差は"人格"だと思う。
人格から得られる信頼がAIには無くそれ故の限界がある。思考ロジック以外の信頼要因が無いのだ。自己学習であるが故にロジック的に信頼度に揺らぎが出るだろうしAIが高性能(高機能?)になればなるほど人間に嘘を付く可能性も出てくるだろう。(嘘を付く理由は当然計り知れない)
結局、AIの提案に対し同意・承認し責任を負うべき人間は必ず残るだろう。人間もAIもそれは少数ではなく、つまり優秀なアシスタントとしてAIは仕事に入ってくるのだろう。
これはパソコンが情報処理を効率化し劇的に省力化したのとそっくりだ。 皆さん心配し過ぎだ。(2017/02/03 15:47)

奪われる前に、自分がAI使えるようになってやる。そのために何をしようか…て考えないの?(2017/02/03 12:16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

海外のクラウドサーバーに データを預けると、企業秘密がその国に筒抜けになりかねない。

太田 大州 富士通シニアエバンジェリスト