• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ノーベル賞「オプジーボ」と製薬会社の将来性

高額薬で逼迫する医療財政をどうするのか

  • 小宮 一慶

バックナンバー

[1/3ページ]

2018年10月15日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2018年のノーベル生理学・医学賞には、画期的ながん免疫治療薬「オプジーボ(一般名:ニボルマブ)」の開発に大きく貢献する研究成果を出した京都大学特別教授の本庶佑氏が選ばれました。オプジーボは当初、「悪性黒色種」という皮膚がん(メラノーマ)が保険適用の対象でしたが、その後、非小細胞肺がんに適用範囲が拡大されるなど、注目を集めています。

 本庶教授とともにオプジーボ実用化に向けて共同研究に取り組んだのは、中堅医薬品メーカーの小野薬品工業。受賞発表翌日の2日には、小野薬品の株価は一時、3430円まで上昇し、年初来高値を更新しました。また、2014年9月にオプジーボが発売されて以降、同社の業績は右肩上がりに伸びています。

 ただし、オプジーボをはじめとする高額医薬品は、財政を圧迫する問題も指摘されています。今回は、オプジーボ発売以降の小野薬品の業績の推移を分析した上で、高額薬の抱える問題について考えます。

京都大学特別教授の本庶佑氏が2018年のノーベル生理学・医学賞を受賞した(写真:ロイター/アフロ)

オプジーボ発売から収益が伸び始めた小野薬品

 オプジーボの実用化への道のりは、極めて困難なものだったと言われています。実用化まで約22年、本庶教授と小野薬品との長い共同研究によって、ようやく誕生したがん治療薬です。

 薬剤開発の成功確率は3万分の1とも言われており、1つの薬が実用化に至るまでに数百億円から数千億円のコストがかかります。膨大な時間と研究開発費が必要なのです。その点から考えますと、オプジーボの実用化は、まさに本庶教授と小野薬品との信頼関係が実を結んだと言えるでしょう。

 それでは、小野薬品工業の過去6期の業績から見ていきましょう。

小野薬品工業株式会社
 売上収益 営業利益 当期利益
百万円 百万円 百万円
2013年3月期 142,806 29,935 23,190
2014年3月期 143,247 0.3 26,423 △ 11.7 20,548 △ 11.4
2015年3月期 135,775 △ 5.2 14,794 △ 44.0 13,216 △ 35.7
2016年3月期 160,284 18.1 30,507 106.2 25,192 90.6
2017年3月期 244,797 52.7 72,284 136.9 56,036 122.4
2018年3月期 261,836 7.0 60,684 △ 16.0 50,397 △ 10.1

 小野薬品がオプジーボを発売したのは、2014年9月。15年3月期の期中です。それ以前の13年3月期、14年3月期の業績を見ますと、売上高にあたる売上収益は約1430億円、営業利益は約300億円弱、純利益にあたる当期利益は200億円強という水準でした。

 発売した期である15年3月期は業績が少し落ちたものの、翌期である16年3月期は、売上高は前期比18.1%増の1602億円、営業利益は106.2%増の305億円まで伸びています。

コメント14件コメント/レビュー

記事を読んでもコメント欄を読んでも、
赤の他人に高額の医療費を支払わせることを当然の権利と考え、何かおかしいぞと、疑ってもみない人の多さにぎょっとします。

金がかかるなら医療なんて進歩しなくていいですよ。
自己負担できる範囲の医療で十分。それ以上は悪魔の技術。

大金があれば生きられるとなったら、悪魔のささやきに負けて、どんな悪いことでもしてしまう人が現れるのはわかりきっています。

健康保険肯定派は、
医療が進歩したら、不老不死を達成できるとでも思っているんでしょうか。(2018/10/24 09:49)

オススメ情報

「小宮一慶が読み解く経済の数字・企業の数字」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

記事を読んでもコメント欄を読んでも、
赤の他人に高額の医療費を支払わせることを当然の権利と考え、何かおかしいぞと、疑ってもみない人の多さにぎょっとします。

金がかかるなら医療なんて進歩しなくていいですよ。
自己負担できる範囲の医療で十分。それ以上は悪魔の技術。

大金があれば生きられるとなったら、悪魔のささやきに負けて、どんな悪いことでもしてしまう人が現れるのはわかりきっています。

健康保険肯定派は、
医療が進歩したら、不老不死を達成できるとでも思っているんでしょうか。(2018/10/24 09:49)

大変分かりやすく色々と考えさせられる記事であった。(2018/10/15 22:02)

「本庶教授のノーベル賞受賞は極めて誇らしいことではありますが、高額薬の開発とともに、医療財政とのバランスをどう保っていくのかという課題が喫緊の課題となっているのです。」と書いておられます。抗PD-1抗体が高薬価であることと本庶先生の研究成果、ノーベル賞受賞は全く関係がありません。しかしこの著者はノーベル賞受賞の成果は“誇らしいことではあるが”と前段を否定的に受けて後半の高額医薬品の開発や医療財政とのバランスをとることが課題だと述べており、前後は因果関係があるように主張しています。これは、医療財政をひっ迫するような高額医薬品の開発をしないでほしいし、それにつながるような画期的な研究成果を上げてほしくない、という意味でしょうか。

と受け取られかねないような、お粗末な論調に読めました。(2018/10/15 17:04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

やることなすことうまくいって会社が楽しくなりました。

前澤 友作 ZOZO社長