• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「どんぶり一杯」の薬を医者が出す理由

特別編1回 薬を多く処方しても医者は儲からない

2018年5月14日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 こんにちは、総合南東北病院外科の中山祐次郎です。

 皆様にお知らせがあります。今回からの8回は、「一介の外科医、日々是絶筆・特別編」として毎週記事をお送りいたします。

 この特別編でのテーマは、「私の医者としての本音を書いていく」というもの。私が医者として働いてきた中で、最も言いづらい部分、つまり「本音」部分を書いていきます。これまで医者が語ってこなかった内容が主になります。もちろん、ただの週刊誌的な「医者ってこんなひどい人たちなのです」などという露悪を書くつもりはありません。私が書きたいのは、皆さんに「こんな医者の本音を知っていれば、こう接したのに」「医者ってこう考えていたんだ、納得」と感じていただけるような、皆さんと医者の距離を縮めるような事柄です。

 ご意見やご感想、ご質問がありましたら、ぜひお寄せください。なお、私中山のフェイスブックツイッターでも構いません。

1日20錠はザラ

 「私の薬はなぜこれほど多いのだろう」

 60歳代くらいまでのお若い方(外科医の感覚ではそうなります)は、あまり実感していらっしゃらないかもしれませんが、70~90歳代ではそう感じる方も多いと思います。

 私は外科医ですが、アルバイトで内科外来をやり、2カ月だけですが内科と精神科の病院の院長を務めたこともありました。それらの経験から考えると、80歳代になると大量の薬を飲んでいる方がかなり多くいらっしゃいます。1日10種類以上、合計で20錠以上も飲んでいる患者さんも珍しくありません。薬20錠は、ご飯茶碗一杯分ほど。これでは薬を飲むだけでお腹いっぱいになっちゃいそうだな、と思います。

 では、なぜ薬がそれほど多くなるのでしょうか。

 実は、薬の種類が多い理由は、残念ながら医者のせいなのです。

 人間も80の声を聞く頃になると、病気を患っている人が増えてきます。それも一つや二つではないことが多いのですね。例えば胃潰瘍、便秘、不眠、腰痛、花粉症……といった具合です。

 そして我々医者は、病気ごとに薬を出します。皆さんもご存じの通り、医者は内科・外科・整形外科・耳鼻科などと「科」が分かれています。ですから、胃潰瘍と便秘と不眠は内科で、腰痛は整形外科で、花粉症は耳鼻科で、それぞれお薬が出る、ということが起きるのです。胃潰瘍に1日4錠、便秘に1日6錠、不眠に2錠、腰痛に3錠、花粉症に2錠と点眼薬、点鼻薬。計17錠と点眼薬、点鼻薬になります。これに、「過去に狭心症をやった」なんてあったら、さらに増えてしまいます。

コメント21件コメント/レビュー

現在、行政当局がホームドクターと大病院の機能分化を進めている中で、どういう医師がホームドクターに相応しいか、モデルを打ち出すことが大事だと思います。
私は高血圧で近所の開業医院にかかっていますが、この先生は本来は消化器外科が専門でありながら、かつて長く地元の大学病院に勤務し他の診療科とも交わった経験とネットワークを活かして、家庭一般の病気に対しては十分な知識と経験をお持ちです。また、親が老人特有の不調を訴えたときも神経内科や泌尿器科など適した医院を紹介していただき、大学病院を受診するのに劣らない医療を受けることができました。
こういう先生が正に街中の総合診療医であり薬に限らず国民医療の支えとなるに違いありません。(2018/05/16 11:53)

オススメ情報

「一介の外科医、日々是絶筆」のバックナンバー

一覧

「「どんぶり一杯」の薬を医者が出す理由」の著者

中山 祐次郎

中山 祐次郎(なかやま・ゆうじろう)

外科医

1980年生まれ。聖光学院高等学校を卒業後、2浪を経て、鹿児島大学医学部医学科を卒業。その後、都立駒込病院外科初期・後期研修医を修了。2017年2~3月は福島県広野町の高野病院院長、現在は郡山市の総合南東北病院で外科医長として勤務。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

現在、行政当局がホームドクターと大病院の機能分化を進めている中で、どういう医師がホームドクターに相応しいか、モデルを打ち出すことが大事だと思います。
私は高血圧で近所の開業医院にかかっていますが、この先生は本来は消化器外科が専門でありながら、かつて長く地元の大学病院に勤務し他の診療科とも交わった経験とネットワークを活かして、家庭一般の病気に対しては十分な知識と経験をお持ちです。また、親が老人特有の不調を訴えたときも神経内科や泌尿器科など適した医院を紹介していただき、大学病院を受診するのに劣らない医療を受けることができました。
こういう先生が正に街中の総合診療医であり薬に限らず国民医療の支えとなるに違いありません。(2018/05/16 11:53)

老健の施設長をしていた経験で考えていました
患者さんがかかりつけ医ではなくて専門医を渡り歩くのも一因かと思います
専門医は来た患者の主訴を解決すべく当然処方をします(様子を見ましょうでは患者が納得しない=何もしてくれなかったと言われないように)
真面目な専門医ほど、ガイドラインに従って処方をする
結果的にポリファーマシーにならざるを得ない
解決するには指揮者に一人の先生を選ぶ決断を患者さんにもしていただく必要があるのではないでしょうか(2018/05/16 08:30)

(3)

筆者は冒頭、「こんな医者の本音を知っていれば、こう接したのに」を書きたいと書いている。大変ありがたい話だ。しかし、今回のこのコラムはこの部分がすっぽり抜け落ちている。残念だ。



「余分な薬を出しても病院はもうからない」、とのことだが、それでは、なぜMRによる接待が自粛されるようになったのだろうか?接待に懇親や情報交換以上の意味があったことを伺わせる。筆者自身がどうしたか?は、読者にはどうでもよい。また、たとえ病院に悪気はなくても薬が過剰に投与されてしまう、という現実だけを教えてもらっても、そんなことは大人であれば大体想像は付く。一々言ってもらわなくても結構だ。



問題は、患者は否応なく「指揮者不在のオーケストラ」に治療をお願いせざるをえないことだ。それなら、どうやれば自己防衛できるのか?を知りたくてこのコラムを読むのである。筆者には、読者にとって何の意味があるのかを考えてもらえるとありがたい。(2018/05/15 13:33)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

自分と同じ物の見方をする “ミニ手代木”を育てるつもりはありません。

手代木 功 塩野義製薬社長