• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「病名がつかない」は医者には当然

特別編2回 「後医」が「前医」を責めないワケ

2018年5月21日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 こんにちは、総合南東北病院外科の中山祐次郎です。

 前回から8回にわたり、「一介の外科医、日々是絶筆・特別編」として毎週記事をお届けしています。ここでのテーマは、「私の医者としての本音を書く」というものです。私が医者として働いてきた中で、最も言いづらい部分をお伝えします。ご意見やご感想、ご質問がありましたら、ぜひお寄せください。なお、私中山のフェイスブックツイッターでも構いません。前回の記事でも多数のご意見を頂戴いたしまして、ありがとうございました。

 「医者に病名をハッキリと言われない不安」とは何だろう。

 知人から送られてきた質問を見て、私は疑問に思いました。「そんな不安があるのだろうか?」と。私はすでに医者の脳みそになっていて、患者さんのお気持ちが分からなくなって来ているのかもしれません。

 皆さんが調子が悪くて病院にかかった時、「ナントカ病ですね」などとハッキリ医者に言われないことは多いのではないでしょうか。そんな時、「結局自分はどこが悪いんだ?」と不安に思われることと思います。

 しかし医者からすると、はっきりと病名を断言できることはそれほど多くありませんし、病名を言いづらいことも多いのです。

 患者さんは病名を言ってほしいけれど、医者は病名を言いづらい。この点、患者さんと医者の間に大きな認識のズレがあるのではないか。私はそう考えています。

 では、なぜ医者は病名を言いづらいのでしょうか(ここでは、がんなどの重病であったときに「告知」をしづらいという意味ではなく、クリニックで診る患者さんに「◯◯病です」と断言しづらいという意味で取り上げます)。

 医者が病名を断言できない最たる理由は、次の2つです。

  • 「診断を確定させるハードルは高い」
  • 「はっきりと病名を伝えて、後から違うと分かったら信頼を失う」

 一つめの「診断を確定させるハードルは高い」とはどういうことでしょうか。

「ちぎり取って顕微鏡」で初めて診断がつく

 医者をやっていて常々思うのは、「この患者さんは◯◯病だ」と診断するのは容易ではない、ということです。「あなたはおそらく◯◯病でしょうね」くらいは言えるのですが、「あなたは◯◯病です!」とはっきり言うことは難しいのです。

 具体例を挙げましょう。私が専門にしている大腸がんでは、腹痛や血便などの症状が出て、検査をしただけでは診断に至りません。CT(コンピューター断層撮影装置)検査と、お尻の穴からカメラを入れる大腸内視鏡検査を行い、検査結果で「うーん、大腸がんっぽいなぁ」と専門家が判断したとしても、まだ診断はできません。診断を確定させるには、悪そうなところの一部をちぎって取り(生検=せいけん=と言います)、病理科の専門医に顕微鏡で見てもらって、「この細胞はadenocarcinomaです」と診断されて初めて「大腸がん」という診断に至るのです。

 「悪そうなところの一部をちぎって取り」と簡単に書きましたが、それも大変なことです。大腸がんの場合、通常はがんと思われる部位の近くまで大腸内視鏡を寄せて、カメラの脇から出るワニの顎のような道具でかじり取ります。その後、かじり取った1~2ミリの小さな破片を大事にホルマリンにつけて、病理の医者に提出するのですね。痛みはありませんが出血をします。ひどいと止血をするのに難渋することだってあります。

 ほんの50年前にはそんなことはできず、しこりのある患者さんのお腹をエイヤと切ってから、「なんと、大腸がんか!」と驚いて切除したものをまた顕微鏡で見て診断していたのです。つまり手術前には「この患者さん、何の病気かな、まあ多分大腸がんだろう」くらいで、診断など全くついていなかったのですね。ですから、今はだいぶ進歩していると言えますが。

 「いやいや、がんだから大変な過程を経て診断に至るのであって、他の病気ならそうではないだろう」といった声が聞こえてきそうですが、そんなことはありません。

コメント17件コメント/レビュー

心配性なのと、癌を早期発見で克服できた経験があるため、早めに受診する方です。
アラカンとなった最近は、「加齢ですね」と言われることが多々。
重々承知はしております!w(2018/07/20 10:26)

オススメ情報

「一介の外科医、日々是絶筆」のバックナンバー

一覧

「「病名がつかない」は医者には当然」の著者

中山 祐次郎

中山 祐次郎(なかやま・ゆうじろう)

外科医

1980年生まれ。聖光学院高等学校を卒業後、2浪を経て、鹿児島大学医学部医学科を卒業。その後、都立駒込病院外科初期・後期研修医を修了。2017年2~3月は福島県広野町の高野病院院長、現在は郡山市の総合南東北病院で外科医長として勤務。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

心配性なのと、癌を早期発見で克服できた経験があるため、早めに受診する方です。
アラカンとなった最近は、「加齢ですね」と言われることが多々。
重々承知はしております!w(2018/07/20 10:26)

医療の不確実性、後医は名医、術前診断と術後診断(事前確率と事後確率)、医療人の間ではあまりに共通認識すぎるために、それを共有していない患者さんとのコミュニケーションの齟齬が生まれてしまうのかもしれませんね。
コメントを拝見すると、自立した意見も見られる一方、医師の結果責任を問うコメントも見られ、なかなか医師と患者の認識の溝を埋めるのは難しいですね。
でもこのコラムが、少しでも埋めることになればいいな、と願っています。(2018/06/07 07:59)

健康診断での医師の問診で、「気になる所は、ありますか?」「どこどこがちょっと・・・、何か病気なのでしょうかね?」「医者に診てもらって下さい」(爆笑)これでお給料いただいているとは・・・ (2018/05/28 09:16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官