• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

なぜ医者の態度はいつも冷たいのか

特別編4回 多忙な医者とうまく会話するコツ

2018年6月7日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 こんにちは、福島県郡山市の総合南東北病院外科の中山祐次郎です。前々々回から、この連載は特別編「医者の本音」シリーズとして全8回で毎週お送りしております。

 「なぜお医者さんは、そんなに冷たいのですか」

 えっ? 知人からの思いがけない質問に、私は驚きました。

 いや、そんなに冷たいですか? 毎日、丁寧に接しているはずなのになあ……。

 そう思いつつも、深夜に医局のデスクでひとり胸に手をあてて考えてみました。すると、出るわ、出るわ。冷たくあしらう発言をした自分の姿……。うーんと唸りながら、ここに贖罪(しょくざい)のつもりで本音をお話ししたいと思います。これまで私の説明や態度が冷たいと感じていた患者さん、そしてご家族の皆さん、すみませんでした。

 本コラムをお読みのあなたは、医者の態度を「冷たい」と感じたことがおありのことでしょう。私としても、他のドクターが患者さんと話すところを見ていて、「いや、その言い方はちょっとヒドイのでは……」と思ったことは何度もあります。そのドクターが若手だった場合には注意するようにもしています。ですが、相手が先輩医師の場合、上下関係の強い外科医の世界では、指摘することはできません。

18年間で出会った医者たちの本当の姿

 しかしここで、きちんと伝えておきたいことがあります。それは患者さんに冷たくしようと思っている医者はほとんどいないということです。

 私は医者になって12年、医学部生時代も含めれば18年、医療業界でたくさんの医者に出会ってきました。若手の頃には外科以外にいろいろな場所で研修をしました。内科・産婦人科・精神科・皮膚科・救急救命センター・保健所・開業医のクリニックなどです。他にも東京都の三宅島や鹿児島県の種子島といった離島の診療所にも行きましたし、米国や韓国の病院へ視察にも行きました。もちろん医師の友人もたくさんいます。

 これまで出会ってきた何百人の医師たち。彼らはほぼ全員、「どうすれば患者さんのためになるか」「どうすればこの国(世界)の医療はよくなるか」を真剣に考えていたのです。患者さんを下に見ている医者はほとんどいませんでした。医者の意見を代弁させていただくと、「冷たくしたつもりなんてなかった」というのが本音だと思うのです。それなのに、なぜ患者さんは「医者は冷たい」と感じてしまうのでしょうか。

コメント23件コメント/レビュー

医者という職業が、
・技術職なのか、
・接客業なのか、
というところをしっかりと考えるべきだと思います。

もちろん、技術があって、その上"コミュ力"が有れば最強なのはどこの技術職でも同じです。

ですが、人間早々いろいろな方面に対してどれもこれも得意という訳にはいきません。
技術的に優れている技術屋が、"コミュ力"が低いために低評価なのは、患者にとって幸せでしょうか。


患者側も、
・病人として病気や怪我を直してほしいのか、
・<客>として不安を和らげほしいのか、
をはっきりさせ、
・腕のいい医者か、
・優しい医者か、
を選べるような仕組みがあるといいですね。

製造業のように分業でもい良いかもしれません。
・・・こう考えると、相手が人間の職業というのは難しいですね。
私にはとてもできそうにありません。

診断治療AIも期待されていますが、
私としてはメディカルコンサルティングAIの登場を期待します。
こちらも気を使わないで済むので。(2018/06/13 16:26)

オススメ情報

「一介の外科医、日々是絶筆」のバックナンバー

一覧

「なぜ医者の態度はいつも冷たいのか」の著者

中山 祐次郎

中山 祐次郎(なかやま・ゆうじろう)

外科医

1980年生まれ。聖光学院高等学校を卒業後、2浪を経て、鹿児島大学医学部医学科を卒業。その後、都立駒込病院外科初期・後期研修医を修了。2017年2~3月は福島県広野町の高野病院院長、現在は郡山市の総合南東北病院で外科医長として勤務。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

医者という職業が、
・技術職なのか、
・接客業なのか、
というところをしっかりと考えるべきだと思います。

もちろん、技術があって、その上"コミュ力"が有れば最強なのはどこの技術職でも同じです。

ですが、人間早々いろいろな方面に対してどれもこれも得意という訳にはいきません。
技術的に優れている技術屋が、"コミュ力"が低いために低評価なのは、患者にとって幸せでしょうか。


患者側も、
・病人として病気や怪我を直してほしいのか、
・<客>として不安を和らげほしいのか、
をはっきりさせ、
・腕のいい医者か、
・優しい医者か、
を選べるような仕組みがあるといいですね。

製造業のように分業でもい良いかもしれません。
・・・こう考えると、相手が人間の職業というのは難しいですね。
私にはとてもできそうにありません。

診断治療AIも期待されていますが、
私としてはメディカルコンサルティングAIの登場を期待します。
こちらも気を使わないで済むので。(2018/06/13 16:26)

私も「名医本」に載っている内科医を知っている。近所なので、十年以上にわたって風邪のときくらいに行くのだが、聴診器を持っているのを見たことが無いし、胸をぽんぽんとかやられたことも無い。「風邪? はい、クスリ出しときましょう」で終わり。ところが、うちの女子社員がたまたま勤務中に風邪で具合が悪くなったので、その医院に行ったら、なんと、胸をはだけさせ、ぽんぽんとやったそうな。私は唖然とした。その後、あるとき待合室でふとテーブルの本を見たら、「日本の名医100選」という本が置かれていて、そこにその内科医院が紹介されているのを発見し、私は再び唖然としたのだった。(2018/06/12 11:52)

なぜ医者の態度はいつも冷たいのか?
それは、「たいしたことのない」病気だからでしょう。
本当に重病で難治性の疾患で、患者が一生懸命に頑張っているなら、冷たい態度であることはありえない。

軽くあしらわれる、軽症であることは幸せなことです。(2018/06/11 19:11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

我々のブランドは、人により好き嫌いが分かれてもいい。

上田谷 真一 TSIホールディングス社長