• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

勤務医の年収は1500万円

特別編5回 「医者がアルバイト」は当たり前

2018年6月14日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 こんにちは、総合南東北病院外科の中山祐次郎です。京都大学大学院でただいま勉強中です。京の都はすでに蒸し蒸しとして参りまして、東京よりも暑いほどです。あわてて老舗扇子屋の「宮脇賣扇庵」で扇子を買いました。

 前々々々回から、この連載は特別編「医者の本音」シリーズとして全8回で毎週お送りしております。

 今回は、医者のお金について本音を語りましょう。医者の年収についてです。

(写真:MAYAIMAYA/Getty Images)

 医者は大きく2種類に分かれます。勤務医と開業医です。大まかに言えば、勤務医とは、○○病院などの大病院に勤めている医者のこと。そして開業医とは、○○医院、○○クリニックと名のついた小さな診療所に勤める医者のことです。

 病院と診療所の違いは、大雑把に言えば「入院できる設備があるかどうか」。病院にはベッドがあって入院ができますが、診療所にベッドは基本的にありません。中には「有床診療所」という、入院施設を少しだけ(19床以下)持った診療所もありますが、全国にある約10万の診療所のうち、8000足らずと例外的です。

 2種類の医者について知っていただいたところで、まずはデータから見てきましょう。

 厚生労働省が実施した調査によると、医者の給与はこのようになっています。

  • 病院勤務医は月123万円(平均43.4歳)
  • 個人の開業医は月205万円(平均59.4歳)

勤務医と開業医で年収が大きく異なる

 年収にすると勤務医は1476万円、開業医は2460万円です。開業医の年収はずいぶん多く見えますが、開業医の数字は給与ではなく収支差額です。診療所を開業するときに借り入れたお金の返済や、休業補償、退職金もここに含まれます。

 このデータは全国の病院勤務医11万8157人、開業医7万1192人というかなりの人数を対象にした調査で信頼できますが、平均年齢にはおよそ16歳の差があります。(病院勤務医が43.4歳、開業医が59.4歳という)年齢を加味すると、年収の差はもう少し小さいと考えるのが妥当でしょう。

 他の調査からも医者の年収を見てみます。

 医師が読むメディアの中でも伝統ある媒体の一つ「日経メディカル」による調査です。これによると、「勤務医840人(平均45.6歳)の年収総額は平均で1477万円」。前出の厚生労働省の調査では1476万円でしたから、同じくらいですね。

 次に、医療職に特化した新進気鋭のメディア「m3.com」の最新の調査「医師の収入『1200万-1599万円』で3割強◆Vol.14」を見てみましょう。ここでは「1200万~1399万円」「1400万~1599万円」がそれぞれ16.4%で、最多でした。平均年齢は41.9歳とのことでした。

 だいたい医者の年収は「勤務医で1500万円くらい」なのかなと思います。私は、そんなにいただいたことはありませんが。

コメント31件コメント/レビュー

医師は社会的責務の重さと引き換えに保護されている訳ではないです。実態は、国家試験にぎりぎり通る人材のレベルまで私大医学部のレベルを下げて、学費で書壁を設けることにより、医師会が率先して医師の家族を守っているわけです。

これが自由競争になり機会の平等が与えられてしまうと、医師の子供に医院をつがせられなくなる。それでは困るわけです。

書壁の高さにより医師数が少なければ少ないほど、私大に自分の子供達が入れる可能性が高まるわけです。つまり、医師が職業として自由参入できるようになりかつ医師不足が解消するような理想の状態となると、ほとんどの医師の子供はもはや医師になれなくなるわけです。

まあ、訴えられるのが嫌な医師はつがせようとしないかもしれないけど少数派でしょう。

もう一度言いますが、社会的責務の重さと引き換えに医師を保護するなら、参入障壁完全撤廃と医師数の増加が不可欠です。(2018/07/19 18:35)

オススメ情報

「一介の外科医、日々是絶筆」のバックナンバー

一覧

「勤務医の年収は1500万円」の著者

中山 祐次郎

中山 祐次郎(なかやま・ゆうじろう)

外科医

1980年生まれ。聖光学院高等学校を卒業後、2浪を経て、鹿児島大学医学部医学科を卒業。その後、都立駒込病院外科初期・後期研修医を修了。2017年2~3月は福島県広野町の高野病院院長、現在は郡山市の総合南東北病院で外科医長として勤務。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

医師は社会的責務の重さと引き換えに保護されている訳ではないです。実態は、国家試験にぎりぎり通る人材のレベルまで私大医学部のレベルを下げて、学費で書壁を設けることにより、医師会が率先して医師の家族を守っているわけです。

これが自由競争になり機会の平等が与えられてしまうと、医師の子供に医院をつがせられなくなる。それでは困るわけです。

書壁の高さにより医師数が少なければ少ないほど、私大に自分の子供達が入れる可能性が高まるわけです。つまり、医師が職業として自由参入できるようになりかつ医師不足が解消するような理想の状態となると、ほとんどの医師の子供はもはや医師になれなくなるわけです。

まあ、訴えられるのが嫌な医師はつがせようとしないかもしれないけど少数派でしょう。

もう一度言いますが、社会的責務の重さと引き換えに医師を保護するなら、参入障壁完全撤廃と医師数の増加が不可欠です。(2018/07/19 18:35)

06/15 09:02のコメントに対して
医療費のうち薬価が占めるのは約2割です。
製薬企業が20年薬を出していないとか、その裏には利権がとか、想像力が豊かですね。


医療業界は厚労省による規制産業と言われていますが、実態は中医協が納得しないと何事も進まない業界です。そしてその中医協を牛耳っているのが日本医師会。
彼らは開業医中心の団体なので、辛いことは勤務医に押し付けこれからも開業医は守られ続けます。(2018/06/18 14:19)

医者の給料が高いか低いか決めかねるなら市場に決めてもらいましょう
規制を完全になくして市場原理の中でどれくらいの給料で落ち着くのか実験してみればいい(2018/06/18 12:22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

僕は独裁だとは思っていないんですよ。 だって、業績を見てください。 赤字はないですよ。ずっと、よりよくしてきた。

鈴木 修 スズキ会長