• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

東京医大、性差別だけが問題ではない

第31回 女性医師や病院など4つの視点で考える

2018年8月9日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 こんにちは、総合南東北病院の中山祐次郎です。病院から一時的に離れ、京都大学医学部大学院にいる私は、大量の試験とレポート提出の嵐を終え、2カ月間の「夏休み」に突入しました。さて38歳にして夏休み、何をしようか。本でも1冊書こうかな、と思いますが、先日出したばっかりだしな……。ま、いろいろと旅行や読書で見聞を広めたいと思っています。

 さて、今回は連日トップニュースになっている「東京医大不正入試問題」を取り上げましょう。現場にいる医師という立場で考察し、さらに東京医大卒業の女性医師にもインタビューを行いました。

 いまさら解説も不要でしょうが、「東京医大不正入試問題」とは、
女子受験生と3浪以上が合格しにくいように大学が操作していた
というものです。

 医者をやっているといろんな噂を耳にするものです。「女子は私立医大に受かりにくい」や「多浪生が私立医大に入ったらだいたい裏口入学」なんて話は、わたくしも聞き及んでおりました。ま、あくまで噂レベルだろうと思っていたら、ニュースで東京医大では本当にやっていたと知り、衝撃を受けたのです。いまごろ、他の私立医大や、国公立でもヒヤヒヤしている担当者がいるのではないかと推測します。

 本件に関しては新聞社説などをいくつかざっと見ましたが、多くは「女性差別だ」「これは氷山の一角だ」という議論に留まっています。当欄ではもう2歩ほど踏み込んで考えたいと思います。

 では、この問題を以下の4つの立場から論じます。その上で、提言にまで踏み込みます。

  1. 医師を志す女子学生
  2. 男性外科医である私
  3. 病院経営者
  4. 国全体の医療

「女性というだけで受験に不利」という差別

1. 医師を志す女子学生

 まず、医師を志す女子学生(あるいは再受験の社会人)にとっては、このニュースには少なからずショックを受けたことでしょう。自分の性別だけで、受験に不利だという事実があるのですから。

 これは、明確な女性差別であり、男女平等をうたう憲法に違反することは間違いありません。せめて、「女子枠」を設けている理系の大学のように、公表すべきです。神奈川大学工学部では、女子特別推薦枠として5名を募集しており、このように公表しています。

 東京医大のやっていたことは到底、許されませんが、その一方で、受験生の中には「私立がそういうことをしているのなら、国公立大学医学部を受ければいいのでは」という意見もあります。これについてちょっと考えてみましょう。

 医者になるためには医学部を卒業せねばなりません。日本には約80の大学に医学部があり、その約半数は国公立です。学費も6年間で見ると国公立は少なくとも5分の1以下ですから、じゃあ国公立に行こう。そう思うと、今度は難易度というハードルが出現します。ごく一部の例外をのぞき、国公立は難易度が私大医学部を上回っているのです。学ぶ科目数も違います。

コメント51件コメント/レビュー

なぜ記事中で挙げられている選択肢に「家事・育児をアウトプットする」といった項目が無いのかが気になりました。
日常の家事は業者に外注することができるでしょう。家事負担はほぼゼロにすることが可能です。
育児は両親以外がやるという選択肢があるはずです。産休はどうしようもありませんが、祖父母や家政婦、ベビーシッターなどを使えば、育児の負担をかなり軽減できると思います。
特に医師同士の夫婦の場合は、経済的には十分可能な手段かと思います。夫が医師ではないなら、専業主夫という手段もあります。
女性医師の「仕事の負担を軽減させてプライベートと両立させる」ことを実現するより、「プライベートの負担を軽減させて仕事に集中してもらう」方が圧倒的に現実的でしょう。一人前の医師を一人養成するお金で「医師専用のプロ家政婦」的な存在を1000人くらい育てられるのでは? 性別によらず、医師は私的な部分は可能な限りすべて外注するくらいの気概を持つべきではないでしょうか。

戦力になる医師を育成するには時間と人手とお金が必要です。私立大の医学部の学費は非常に高額ですが、それでも全く足りないくらいのお金を投下しなければ医師は育ちません。
そうして生まれた医師は、もはや公共財です。私的な部分を制限される(育児をすべて自分の手でできないとか)のはある程度仕方のないことではないでしょうか。そうして医師が医師としての働きを全うできるのであれば、今より更に高給にしたっていいくらいでしょう。(2018/08/10 16:51)

オススメ情報

「一介の外科医、日々是絶筆」のバックナンバー

一覧

「東京医大、性差別だけが問題ではない」の著者

中山 祐次郎

中山 祐次郎(なかやま・ゆうじろう)

外科医

1980年生まれ。聖光学院高等学校を卒業後、2浪を経て、鹿児島大学医学部医学科を卒業。その後、都立駒込病院外科初期・後期研修医を修了。2017年2~3月は福島県広野町の高野病院院長、現在は郡山市の総合南東北病院で外科医長として勤務。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

なぜ記事中で挙げられている選択肢に「家事・育児をアウトプットする」といった項目が無いのかが気になりました。
日常の家事は業者に外注することができるでしょう。家事負担はほぼゼロにすることが可能です。
育児は両親以外がやるという選択肢があるはずです。産休はどうしようもありませんが、祖父母や家政婦、ベビーシッターなどを使えば、育児の負担をかなり軽減できると思います。
特に医師同士の夫婦の場合は、経済的には十分可能な手段かと思います。夫が医師ではないなら、専業主夫という手段もあります。
女性医師の「仕事の負担を軽減させてプライベートと両立させる」ことを実現するより、「プライベートの負担を軽減させて仕事に集中してもらう」方が圧倒的に現実的でしょう。一人前の医師を一人養成するお金で「医師専用のプロ家政婦」的な存在を1000人くらい育てられるのでは? 性別によらず、医師は私的な部分は可能な限りすべて外注するくらいの気概を持つべきではないでしょうか。

戦力になる医師を育成するには時間と人手とお金が必要です。私立大の医学部の学費は非常に高額ですが、それでも全く足りないくらいのお金を投下しなければ医師は育ちません。
そうして生まれた医師は、もはや公共財です。私的な部分を制限される(育児をすべて自分の手でできないとか)のはある程度仕方のないことではないでしょうか。そうして医師が医師としての働きを全うできるのであれば、今より更に高給にしたっていいくらいでしょう。(2018/08/10 16:51)

アメリカの医療ドラマを見ていて女性医師が差別されている/能力が劣っていると感じた事がない。もっともドラマと現実は異なるだろうが。女としてはもっと婦人科の女性医師が増えてくれればいいと思っている。ウソのような本当の話だが、男の婦人科医師にセクハラをされた事が二度、
誤診で高い注射を何本も打たれた事があり、できる限り避けたいので。
>手術の時には明らかに男性医師より大胆なメスさばき
これはいかなる理由によるのか、筆者のお考えを聞きたかった。(2018/08/10 10:21)

医師の過重労働って、素人の立場では処方箋が欲しくて、病院の行列に並んでいるだけで。そんな付加価値の低い業務を、医師が独占して高い報酬を受けるのは納得できないな。今の医師が皆、付加価値の高い(=リスクの高い)業務に専念すれば問題解決じゃないかな(2018/08/10 07:01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

外交において個人プレーで短期的な成果を手にしようというのは交渉相手の術中にはまり、うまくいかないものです。

齋木 昭隆 三菱商事取締役・元外務次官