• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

キモイ奴の名刺は、シュレッダーにかけなさい!

2017年1月19日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

nikkeiBPnetの人気コラム「職場を生き抜け!」は2017年1月から、日経ビジネスオンラインで掲載することになりました。これからもよろしくお願いします。過去の記事はこちらからご覧ください。

「うちの会社は、労使が難しい関係でして…」

 キモイ奴の名刺をシュレッダーで処分する。このことがいかに大切であるかー。今回は、私の経験をもとに考えます。

 まず、一例を挙げましょう。私は昨年、精神を破壊させられそうになりました。ある出版社の男性編集者と組んで、連載を数か月にわたり書いたのです。編集者が時間や予算、それぞれの記事の内容などについて一定のコントロールをします。書き手である私に助言などを機会あるごとにするのです。

 ここまでは多くの出版社で見られることであり、問題はありません。精神破壊の作用が働くのは、ここからです。結論から言えば、編集者の話すこと、メールで書くことのほとんどが信用できなくなったのです。

 例えば、労働組合の役員を取材し、記事として掲載したところ、メールを送ってきます。「部内で、この記事は左翼的という声がある。今後は、経営サイドの記事にしてほしい」。

 ところが、ほかの連載には労働組合の役員が登場しています。編集者に質問をすると、メールで回答がありました。「うちの会社は、労働組合と経営陣が難しい関係でして…」とあります。なぜか、電話では説明をしないのです。

 記事の内容と、会社の労使関係が何の関係があるのか、意味がつかめません。どうにも理解ができないので、この出版社の退職者数人に電話で確認すると、こう話していました。「労働組合は、はるか前に御用組合化している。役員らと関係が悪いなんてありえない」。

 どちらの言い分が、事実関係として正しいかは断言できないものがあります。ですが、少なくとも私からすると、釈然としない思いが残りました。

コメント14件コメント/レビュー

この記事をオススメしますか?という質問に対する選択肢に「シュレッダーにかけなさい!」が欲しかった。話がグダグダで要領を得ない。類が友を呼んだだけの記事ですよ。(2017/02/02 10:52)

オススメ情報

「職場を生き抜け!」のバックナンバー

一覧

「キモイ奴の名刺は、シュレッダーにかけなさい!」の著者

吉田 典史

吉田 典史(よしだ・のりふみ)

ジャーナリスト・記者・ライター

1967年、岐阜県大垣市生まれ。2006年以降、フリーランスに。特に人事・労務の観点から企業を取材し、記事や本を書く。一方で、事件・事故など社会分野の取材を続ける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この記事をオススメしますか?という質問に対する選択肢に「シュレッダーにかけなさい!」が欲しかった。話がグダグダで要領を得ない。類が友を呼んだだけの記事ですよ。(2017/02/02 10:52)

この記事を「青臭い記事」と思われる方もいるようですが、ビジネスの場において当然のことをこのように声を大にして言ってくれる人は少ないと思われ、その意味では参考になる記事だと思います。(2017/02/02 06:54)

自分もフリーランスをやっていまして、「合わないと思った人とは付き合わない大切さ」を感じています。
過去の人生を振り返っても、合わない人と無理に合わせようとしないで、もっと自然体でいれば良かったと感じることがいくつもあります。
自分の実感が間違っていないことを再認識させてくれた良い記事でした。(2017/01/24 00:58)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

欧米主導の議論に対して、「No, But Yes」と斜に構えてばかりでは取り残されます。

末吉 竹二郎 国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)特別顧問