• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

おカネの話「子供に教えなくていい」7つのこと

『「おカネの天才」の育て方』番外編

  • ベス・コブリナー

バックナンバー

[1/3ページ]

2018年4月23日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

■テレビ「林先生が驚く初耳学!」(TBS系、4月22日放送)でも話題!

 貯蓄から投資への流れ、仮想通貨をめぐる騒動――。長期・短期を問わず、おカネに関する話題は事欠かない。日々、目にし、場合によっては何かしらの判断を迫られる「おカネの話」。ではあなたは、おカネについて、きちんと教わったことがあるだろうか。
 この「おカネの教育」に真正面から取り組み、親が子供に伝えるべき内容をまとめた新刊『「おカネの天才」の育て方』。本書から、「子供に教えなくていい7つのこと」を抜粋してお届けする。

 生涯を通じて大事なことだけど、他人はもとより親子でも突っ込んだ話はしにくい「おカネの話」。これに真正面から取り組み、親が子供に伝えるべき内容を実践的にまとめた『「おカネの天才」の育て方』。
 これまで「子供とおカネの話をするときの14のルール」と題し、金銭感覚を身につけるための教え、たとえば、「親がおカネで揉めると、子の『借金率』が3倍に」、「祖父母から小遣いを貰った子に親は何をすべきか」を伝えてきた。
 今回は番外編として、子供に教えなくていいことを具体的にお伝えしよう。

 子供に何でも打ち明けるのがいいと思っている人はいる。私はそうは思わない。おカネについては、子供、特に幼い子供がまだ理解できないこともあるし、率直に言って、知らなくていいことがある。教えない方が都合のいい場合もある。

 たとえば、子供に親の収入を教えれば、どうして海辺のバカンスに行けないのとか、映画館で8ドルのポップコーンを買ってもらえないのとか、しつこくつきまとわれることは間違いない。親の収入を子供が友達にばらしてしまうことも多い。

 要するに、親には時として、子供に次のように伝える権利と、おそらく義務があるということだ。

 「これはパパとママの間だけに留めておきたいの。すごく大きな秘密ってわけじゃない。ただ、もっと大きくなるまでは親が子供に伝えなくていいこともあるっていうだけよ」

 子供が知らなくていいことをいくつか、ここに挙げてみよう。

1 収入

 収入が5万ドルでも、15万ドルでも、50万ドルでも、親がいくら稼いでいるかを子供に教える必要はない。とはいっても、背景は説明してもいい。

 たとえば、アメリカの世帯所得の中間値(ちょうど真ん中)がおよそ6万5000ドルで、それに比べて自分たちがどのあたりにいるかを教えることはできる。その金額をすごく大きいと思うか、小さいと思うかは、子供の年齢や、子供がモノの値段をどのくらい知っているかによって違う。それが、おカネの使い方や貯め方を子供に話すときの出発点にもなる。

2 どちらの親がより稼いでいるか

 フルタイムの共稼ぎ夫婦の場合、どちらの親が多く稼いでいるかは子供に言わなくていい。パパとママの働きを金額で教えると、特に幼い子供は、どちらかの親の方がエラいと思ってしまう。どちらがより稼いでいるかが重要でないなら、子供に伝える必要があるだろうか?

 もちろん、ティーンエイジャーにもなれば、渉外弁護士が教師よりも稼ぎが多いことはわかる。子供がその話題を持ち出して、どうしてあなたの社会福祉士の仕事は配偶者の銀行員の仕事よりも給料が低いのかを知りたがったら、そんなときこそ、仕事のやりがいや、望んだ人生を送るためのトレードオフについて話し合ういい機会になる。

 どちらかの親が家に入り、もう一方の親が外で仕事をしている場合には、フルタイムの子育てもひとつの仕事だということや、その価値について話し合うといい。詳しい話はさておき、たいていは両親が子供の前で一致した態度を見せるのがベストだ。私たちはチームだし、力を合わせている。だからどちらがどれだけ稼いでいるかは関係ない、と言っていい。

オススメ情報

「「おカネの天才」の育て方」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

縦割りでスキルを磨くだけでは足りなくなるはずです。

永田 高士 デロイトトーマツグループCEO(最高経営責任者)