• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

自作飛行機のコミケ? 米国「オシコシ」に絶句

日本の航空産業に足りないすべてがある「EAA AirVenture Oshkosh」

2018年9月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「松浦さん、航空について何かを語るなら、是非ともオシコシに行くべきです」

 先般掲載した記事(一覧はこちら→「「飛べないMRJ」から考える日本の航空産業史」)の取材の際、オリンポスの四戸哲社長に強い調子で言われた。「オシコシには、航空に関するすべてがあります。航空の将来を考えるなら、あれを観なければ何も始まりません」。

 オシコシ(Oshkosh)――日本語ではオシュコシュとも表記される。米五大湖、ミシガン湖の西側に位置するウィスコンシン州の地方都市だ。このオシコシにあるウイットマン空港では毎年7月末の1週間、全米から航空機が集まってくる一大エアショーが開催される。正式名称は「EAA AirVenture Oshkosh」。1953年以来続いている息の長いイベントだ。

 7月初頭、四戸さんから連絡が来た。「今年は当社からも社員を行かせます。一緒にどうでしょうか」――こうなると、私も行かなければならない。7月末、私はオリンポスの設計技師Y氏と共にオシコシに向かった。

 オシコシで、私は大変な衝撃を受けた。
 確かにここには航空機のすべてがあった。

 より詳しく言うと、「MRJで航空日本復活を」という言説に代表される、日本の航空産業振興策に欠けているものがすべてあった。

EAA AirVenture Oshkoshの広い会場を一枚の写真で「こんな雰囲気」と示すのは難しい。これは、ホームビルト機の展示エリア。思い思いの自作航空機が、誇らしげに展示されている。

自分の飛行機で飛んできて、1週間のショーを楽しむ

 EAA AirVenture Oshkoshの主催者は実験航空機連盟(EAA:Experimental Aircraft Association)という民間団体だ。今年2018年は7月23日~29日の日程で開催された。

 米国では個人が自分で航空機を作り、自分が操縦して飛ぶことが趣味として定着しており、法制度も整備されている。EAAは自作航空機(ホームビルド機と呼ばれる)愛好家の団体であり、AirVenture Oshkoshは当初、愛好家の祭典として始まった。そういう意味では、まさに日本の「コミケ(※)」みたいなものだ。

(※ 正式名称はコミックマーケット、年2回開催される、国内最大の動員数を誇る同人誌の即売会。「読みたい本がなければ、自分で作る」という精神も共通しているところがある)

 が、現在のAirVenture Oshkoshは、単なる趣味人の集まりの域を超えた、「ここに航空のすべてがある」としか形容できない巨大なイベントに成長している。

 2005年には、ホンダエアクラフトカンパニーが、ビジネス機「ホンダジェット」の初めての一般向け公開を、このAirVenture Oshkoshで行った、といえば、その重要性がNBO読者にも届くだろうか。

今回、ホンダエアクラフトカンパニーは新型の「ホンダジェット・エリート」を展示していた。

コメント29件コメント/レビュー

現役で活動してるグライダーマンです。(八谷さん、滝川でお会いしましたね!)

オシュコシュにはぜひ一度行ってみたいですね。
アメリカでホームビルド機が一定の地位を築いている理由として、そもそも飛行機の源流たるライト兄弟が『ただの自作航空機マニア』であった事実があると思います。
巨大旅客機も高性能な戦闘機も、すべての源流には自作航空機がある…との社会的な共通認識があるのではないでしょうか。

翻って日本の場合、航空業界は基本的にトップダウン型、行政主導でありました。しかし本気で航空産業をモノにしたいと思うのであれば、層を厚くして優秀な人材を育てる事が必要になるかと。

…航空局さん、そろそろ日本でもLSAが飛べるようにはなりませんかね?航空趣味の入り口に最適だと思うのですが。(2018/09/13 00:25)

オススメ情報

「「飛べないMRJ」から考える日本の航空産業史」のバックナンバー

一覧

「自作飛行機のコミケ? 米国「オシコシ」に絶句」の著者

松浦 晋也

松浦 晋也(まつうら・しんや)

ノンフィクション作家

科学技術ジャーナリスト。宇宙開発、コンピューター・通信、交通論などの分野で取材・執筆活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

現役で活動してるグライダーマンです。(八谷さん、滝川でお会いしましたね!)

オシュコシュにはぜひ一度行ってみたいですね。
アメリカでホームビルド機が一定の地位を築いている理由として、そもそも飛行機の源流たるライト兄弟が『ただの自作航空機マニア』であった事実があると思います。
巨大旅客機も高性能な戦闘機も、すべての源流には自作航空機がある…との社会的な共通認識があるのではないでしょうか。

翻って日本の場合、航空業界は基本的にトップダウン型、行政主導でありました。しかし本気で航空産業をモノにしたいと思うのであれば、層を厚くして優秀な人材を育てる事が必要になるかと。

…航空局さん、そろそろ日本でもLSAが飛べるようにはなりませんかね?航空趣味の入り口に最適だと思うのですが。(2018/09/13 00:25)

>なるほど、コミケにプロの漫画家やアニメーターが参加することになったとしたら、オシコシになるって感じでしょうか。

既に参加しているという話ですよ。
あと、企業のブースとかもあるとか。(2018/09/11 00:09)

この記事にコメントしている方は、ほとんどが航空機関連の意味合いで書かれているが
著者がこの記事(この連載)で問いたいことは、そのように狭い事では無く
「日本の物づくりにおける基礎と地盤」を問うているのでは、と考えている。

「百聞は一見にしかず」であるが「百見は一体験にしかず」でもある。
では、どこで体験できるか?と考えても、はなはだお寒い環境しか残っていない。

電子技術の高度化で「ラジオ少年」は絶滅して秋葉原のパーツショップも絶滅寸前だ。
KING of HOBBYと自称したアマチュア無線も激減している。
工作体験の登竜門だった模型ヒコーキは飛ばせる場所が無くなって死にかけているし
ミニ4駈も大人が商売っ気をだして部品を最適化するから単なる組み立てになってしまった。

知恵と工夫で「(欲しくても)なければ作る」という思想を復活させねば日本の製造業の
未来は暗い。(2018/09/10 16:53)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私はずっとバランスシートを重視し、公私を厳しく区別することを経営の根幹にしている。

岡田 卓也 イオン名誉会長相談役