• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

危なくても「空飛ぶ自動車」を作れる国であれ

デジタル・モビリティに乗り遅れないために

2018年10月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 オシコシで受けたさまざまの刺激を3回の記事にまとめたが、実は話したいことはまだまだある。きれいに記事としてまとめるにはちょっと内容が足りないけれど、どうにも心に引っかかるようなことだ。

 そういう引っかかり方をしたことの中には、後になって重要だったと気づくこともある。無意識が「これは重要だぞ」と警告を鳴らしているのかもしれない。最終回として、担当編集者のY氏を相手に、そういうことも洗いざらい話しておくことにしよう。

松浦:じゃあ、空飛ぶ自動車の話から始めましょうか。

Y:はい?

見果てぬ夢、空飛ぶ自動車

松浦:こちらの写真を見て下さい。今回のEAA AirVenture Oshkoshには、私が確認した限りで2社が「空飛ぶ自動車」を出展していました。Terrafugiaというベンチャーの「TRANSITION」と、Samson Skyというこれまたベンチャーの「Switchblade」です。

Terrafugiaの“空飛ぶ自動車”「TRANSITION」。主翼を横に折り畳む形式である。2006年以降10年以上に渡って開発を継続している。Terrafugiaは中国の自動車メーカー浙江吉利控股集団が米国内に設立した次世代型航空機を開発するためのベンチャー。
Samson Skyの「Switchblade」。こちらは主翼を胴体下に収納する。

Y:翼を畳んで公道を自動車のように走って、翼を拡げると飛行機として空を飛ぶ乗り物。率直に感想を言うと、昔のSF、未来世界の大道具、ですよね。

松浦:今、結構世界のあちこちで、空飛ぶクルマを作るベンチャーが立ち上がっているんですよ。オシコシに来ていなかった分でも、スロバキアのAeroMobil社が開発している「AeroMobil」とか、オランダのPAL-V社の「PAL-V ONE」とか。

AeroMobil社の3番目の試験機「AeroMobil3.0」の飛行(再生すると音が出ます)。この機体は2015年に初飛行したが同年5月に墜落してしまった。同社は次の試験機「AeroMobil4.0」「同5.0」の開発へと進んでいる。
PAL-V社の「PAL-V ONE」(再生すると音が出ます)。オートジャイロ形式の“空飛ぶ自動車”。試作機は2012年に初飛行している。

コメント47件コメント/レビュー

日本の官僚機構が一度握った権限を解放することは、外圧がない限り無理だろう。
個人的に離した方がいいという人は結構いるが、組織の決断にはならない。(2018/11/10 09:15)

オススメ情報

「「飛べないMRJ」から考える日本の航空産業史」のバックナンバー

一覧

「危なくても「空飛ぶ自動車」を作れる国であれ」の著者

松浦 晋也

松浦 晋也(まつうら・しんや)

ノンフィクション作家

科学技術ジャーナリスト。宇宙開発、コンピューター・通信、交通論などの分野で取材・執筆活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本の官僚機構が一度握った権限を解放することは、外圧がない限り無理だろう。
個人的に離した方がいいという人は結構いるが、組織の決断にはならない。(2018/11/10 09:15)

公道を走らせるならば道路交通法に法った形式にするのは当たり前。空を飛ぶのならば航空法に法った形式にするのは当たり前。どちらの安全基準もクリアするのが困難だから今まで実用化されていない。安全性の確保なんて話は全くの的外れと思います。
実用化に挑むベンチャーさえ存在しない日本は、もっとチャレンジできる環境を整えるべきではないか、というのがこの記事の趣旨。
コメント欄のネガティブな意見を読むたびとても悲しくなる。日本では、どんなに努力して考えて作り上げて、そして失敗しても立ち直って成功するまで挑戦できる人がいたとしても、ただ一度の失敗で袋叩きにあって潰されていく未来しか想像できない。(2018/10/19 19:52)

>エンジンが停止しても落下せずに翼や回転翼で制動し落下箇所を選べる飛行機やヘリ

飛行機はともかく、ヘリコプターはエンジンが停止したら回転翼は一切機能いたしません。
当然落下場所を選ぶ事も不可能です。ただし色々な条件さえ合えば、オートローテーションという技術を使ってどうにか着陸する事は可能です。

基本的には空飛ぶ自動車もヘリと飛行原理は同様なので(磁力だの反重力だのを使わなければ)
機械の構造によってはヘリと同様にオートローテーションを使えるようにするか、パラシュートやエアクッションを採用するといったアイデアも可能でしょう。

いずれにしても、何らかの対策は必要でしょうが
その点をあげつらって全否定する程の事ではないと思います。
いずれにしても、昨今はバッテリーやモーターや姿勢制御などの技術が進展して本格的なエアカーの時代が来るだろう、その波に乗り遅れるのはマズいのではないか?というのが著者の論点であるはずです。
下のコメントにもある通り、日本社会がNIMBYに陥って何も出来ずにいれば、将来的にガラパゴス化どころか日本の産業が外資に全て奪われ、経済的な植民地になり一般社会にも重大な支障をもたらすのでは無いかと心配します。(2018/10/19 16:58)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トレンドの移り変わりが早い日本での経験は、海外にも応用できる。

桝村 聡 高砂香料工業社長