• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「規則正しい生活」信仰を疑ってみる

現代人の生活を“一味違った角度”から再考する

2018年3月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

なぜこれほどまでに「規則正しい生活」信仰が広まってしまったのか(写真:PIXTA)

 うつ病などで休職中のクライアントが、会社の健康管理室などで「規則正しい生活をしなければ、治りませんよ」と言われたという話を、よく耳にします。

 もちろん、主治医である精神科医や心療内科医たちも、このようなアドバイスを必ずと言っていいほど患者さんたちに行なっていることは、私も重々承知しています。かく言う私も、ある時まではそんなアドバイスをしていた一人だったのですから。

 しかし、なんでも疑ってみないと気が済まない私は、ある頃からこれは本当のことなのだろうかと強く疑いを抱くようになりました。そして結果としては、この考え方には根本的な間違いがあると確信するようになったのです。

 現在は私は、クライアントに「療養中は、眠くなったら寝る、起きられる時間に起きるような自由な生活」を推奨するようになり、自宅療養でよく見られる「昼夜逆転」もそのままで経過を見ていくようにしています。この方法を採るようになって、クライアントには特にマイナスの影響は認められませんし、それどころか、むしろ従来のやり方よりもはるかに良好な経過をたどることが多いという手応えを得ています。

 それにしても、なぜこれほどまでに「規則正しい生活」信仰が広まってしまったのでしょうか。この問題について、今回は少々掘り下げて考えてみたいと思います。このテーマは、必ずしもメンタルな問題を抱えていない方たちにとっても、現代人の生活のバックグラウンドを一味違った角度から考えてみる、一つのきっかけになるのではないかとも思うのです。

時計の時間はいつからあったのか?

 言うまでもなく、「規則正しい生活」とは、毎朝決まった時間に起きて、決まった時間に食事をし、決まった時間に就寝し、一定の睡眠時間を確保することを指しているわけですが、まずは、ここで基準となっている「時間」というものについて考えてみましょう。

コメント12件コメント/レビュー

早寝早起きが気持ちがいいのは確かだと思います。年とともにエネルギーが落ちてきて、夜更かしが辛くなって、自然体で寝たり起きたりすると自然になるように思います。夜眠れないのはやはり肉体的にも精神的にもなにか不具合がある時だと、経験から感じます。(2018/03/16 15:10)

オススメ情報

「「心」のフタのはずしかた」のバックナンバー

一覧

「「規則正しい生活」信仰を疑ってみる」の著者

泉谷 閑示

泉谷 閑示(いずみや・かんじ)

精神科医、作曲家

東北大学医学部卒業。東京医科歯科大学医学部附属病院、財団法人神経研究所附属晴和病院などに勤務したのち渡仏、パリ・エコールノルマル音楽院に留学。現在は、精神療法を専門とする泉谷クリニック院長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

早寝早起きが気持ちがいいのは確かだと思います。年とともにエネルギーが落ちてきて、夜更かしが辛くなって、自然体で寝たり起きたりすると自然になるように思います。夜眠れないのはやはり肉体的にも精神的にもなにか不具合がある時だと、経験から感じます。(2018/03/16 15:10)

昼夜を逆転させる理由や不規則に生活する理由がなければ、もちろん早寝早起き・規則正しい生活の方がいいに決まっています。自然や社会全体がそういう時間軸で動き、友達も仕事上の関係者もその時間軸で動いているのですから。ただ、理由は分かりませんが(多分、当時抱えていたストレスの影響だと思いますが)ほぼ180度昼夜が逆転してしまった経験が自分(会社員)にもあり、困惑した記憶があります。でも、理解のある上司の下、開き直って昼夜逆転の生活で仕事を続けていたら、それで支障なく回っていました(昼夜逆転でも許される仕事だったこともありますが)。その後、ストレスが軽減するようなできごとがあり、昼夜逆転の生活は自然に解消されていきました。今は普通の生活を送っています。だから、月並みですが、やはりストレスを生じさせる根本原因の除去こそが課題で、生活リズムの変化はあまり気にしなくてよいのだと思っています。(2018/03/16 12:17)

相関関係を因果関係と誤解してしまう場合ですね。
すぐ思いつくのは朝食を食べる子は、食べない子より成績が良いので朝食は大切との主張。
生活や勉強の習慣が変わらずに、強制的に朝に物を食べさせて成績が上がるのかって。

ただ現代社会でそれなりに生活をするには時間を守る必要があるので
ある程度は頑張って規則的な生活をするのは仕方ないのかなと思いますが
しんどいのに休む選択ができないと酷ですね。(2018/03/15 21:33)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

メーカーの役割は 感動するレベルの商品を作ることです。

小路 明善 アサヒグループホールディングス社長兼CEO