• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

列に割り込む中国人は、怒られたらどうするか?

「大陸的」という言葉のネガとポジ

2018年5月22日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 中国の人たちを形容する時、日本人はしばしば「大陸的」「おおらか」といった表現を使う。良い意味の場合もあるし、ポジティブっぽい表現をしながら、その実「だからダメなんだ」との意が含まれていることもある。

 中国とあまり関わりのない人と話をしていると、

 「田中さん、あっちの人は、なんていうか、大陸的なんでしょうねえ」
 「まあ、そうですねえ」

 みたいな話で、実はなんだかわけがわからないことがままあるのだが、日常的によく聞く表現ではあるものの、実際のところ「大陸的」とは何なのか、「おおらか」とは、どんな様子を指しているのか、明確な定義を聞いたことはない。

 あまり好きな言葉ではないので自分で使うことはまずないが、「大陸的」を辞書で調べてみると

  1. 大陸に特有なさま。「 -な風土」
  2. 細かなことにこだわらず、おおらかでゆったりしているさま。
    (三省堂 大辞林 ウェブ版)

 とある。ここでは②のほうだろう。

 過去2回の連載をお読みくださった方はお気づきだと思うが、「細かなことにこだわらない」「おおらかでゆったりしている」とは、要するに「スジ」ではなく、「量」で発想する中国人の思考パターン(社会が持っているOS)のことを指している。「スジOS」の日本と「量のOS」の中国だ。

 さまざまな状況に直面した際、「スジOS」のように理屈通り、ルール通りに反応するのではなく、その場の状況に応じて、その人が最も合理的だと思うやり方をとる。その判断基準は「現実的な影響の大小」にあるので、対応は人によって幅が出る。要は大きな差し障りがなければよいわけで、「細かなことにこだわらない」「おおらかでゆったりしている」と日本人が感じるのはそこに理由がある。

 一方でこうした「量のOS」の思考方式は「詰めた話」が苦手だ。

 完璧さ、徹底的な行動を求めるような仕事、枠組みに沿ってコツコツ蓄積していくようなやり方には不向きというデメリットがある。ネガティブな意味で「大陸的」が使われるのはこういう場合だ。

 一言でまとめれば、常に規範を重視し「こうあるべき」を目指す理念追求型の日本人、現状に即した臨機応変な合理性を重視する現実主義の中国人――と言えるかと思う。

コメント67件コメント/レビュー

 「スジ」と「量」という言い方にはやや違和感がありますが、日本人より中国人の方が良く言えば現実的で柔軟、悪く言えば自己中心的で一貫性が無いという点は共感します。


 ただし、所詮は程度問題かつケースバイケースですよね。ちなみに、中国政府や共産党は、反日という「スジ論」が幅を利かせている世界です。(2018/07/20 20:01)

オススメ情報

「「スジ」の日本、「量」の中国」のバックナンバー

一覧

「列に割り込む中国人は、怒られたらどうするか?」の著者

田中 信彦

田中 信彦(たなか・のぶひこ)

BHCCパートナー

90年代初頭から中国での人事マネジメント領域で働く。リクルート、大手カジュアルウェアチェーンの中国事業などに参画。上海と東京を拠点にコンサルタント、アドバイザーとして活躍している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 「スジ」と「量」という言い方にはやや違和感がありますが、日本人より中国人の方が良く言えば現実的で柔軟、悪く言えば自己中心的で一貫性が無いという点は共感します。


 ただし、所詮は程度問題かつケースバイケースですよね。ちなみに、中国政府や共産党は、反日という「スジ論」が幅を利かせている世界です。(2018/07/20 20:01)

理屈と勘定での理解に差異が出ていることが感じられるコメントが一部で見られ、
こういった方々に筆者の言う日本人のスジ論が該当していることを感じます。
考え方の違いの説明をしているだけで、筆者は「~だから許しなさい」とは
一言も言っていません。
日本人だから「良い」中国人だから「悪い」ではなく、その逆もしかりです。
否が応でも「中国」という国と向き合う必要がある際の判断基準として、
考え方の基準が異なっている相手との付き合い方に
どう付き合っていく必要があるかという話です。
目を背ける方はそれでも構いませんが、背けない方を批判してもいけません。

私も自分自身の判断基準である物差しが世界基準ではないことを
改めて理解する必要があると考えさせられました。

これからも連載を楽しみにしています。(2018/06/11 17:36)

大変興味深く読みました。スジを通すことを常に考えてしまう自分の価値観がいかに日本の文化に依拠しているか、改めて気づくことができました。

それにしても中国の文化に従うとこういう行動になる、ということを説明しているだけなのに、絶対的な基準のない「善悪」の判断や、文化の成熟度に話を持って行こうとするコメントの多さに驚きました。
文化を進化論的に捉えてしまえば、行きつく先は「自分たちの方が優れているのだから未開のやつらを啓蒙してやろう」という鼻持ちならない考え方のような気がします。

「善悪」や「何をもって成熟しているとするか」という基準そのものが日本の文化に基づいた相対的なものに過ぎないというのが筆者の考えの根底にあると感じましたし、私もその考え方に賛成です。
自分の価値観を客観視することが、日本文化にも根付けば、もっと寛容な社会になれるのではないかと思いました。(2018/06/06 23:31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

目に見えない部分、 普段は気付かれない部分に 象印の強さがある。

市川 典男 象印マホービン社長