• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

カルビーと一緒にポテトチップスを開発しよう

[Step01]ポテトチップスのLove & Hateを大募集!

2018年7月12日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

▶開発テーマ カルビーポテトチップスの新たな“準定番”を作る
▶[Step01]  ポテトチップスのLove & Hateを大募集!

ユーザーと企業が一緒に新たな商品の開発に挑む「オープン開発会議」、いよいよ本プロジェクトが始まります。第1弾は皆さんお馴染みの、カルビーのポテトチップス。

カルビーは、国内ポテトチップス市場で約7割のシェアを得ています。誰もが一度は食べたことがあるでしょう。そのカルビーがオープンイノベーションの一環として、オープンジャーナリズムを目指す日経ビジネスRaise(レイズ)と手を組み、Raiseユーザーの皆さんと一緒に新たなポテトチップスの開発に挑みます。

まずは、皆さんと一緒に新商品のコンセプトを磨き上げます。そのコンセプトがカルビーの社内会議で採用されたら、味やパッケージ、マーケティングの在り方など、さらに詳細な商品開発プロセスへと進みます。

開発に成功すれば、来年の今頃にはきっと、新商品が発売されるはず。実現に向けて、皆さんの自由な発想と深い専門知識を総動員してください。

開発テーマは、「カルビーポテトチップスの新たな準定番商品」。ゴールに向けて、開発ステップを分けて順番に課題に取り組んでいきます。

最初の[Step01]では、ポテトチップスの「Love & Hate」を募集します。ポテトチップスが「好き」もしくは「嫌い」なポイントや、ポテトチップスにまつわる「思い出」などを皆さんと一緒に語り合います。まずはお気軽にポテトチップスに関するご意見を投稿してください。理想のポテトチップス開発は、皆さんのコメントから始まります!

<開発ステップ(予定)>
▶▶01 ポテトチップスのLove & Hateを大募集!
02 ポテトチップス準定番、何が足りない?
03 「しあわせバタ〜」を磨き直せ
04 「しあわせバタ〜」の改革プラン大募集
05 選抜!どのプランが「いいね」?
06 みんなで最後のコンセプト磨き
07 運命の判定。採用なるか

 読者の皆さん、こんにちは。日経ビジネス記者の白井咲貴です。

 日経ビジネスは、今年6月18日、「オープンジャーナリズム」を目指して、読者参加型のオピニオンプラットフォーム「日経ビジネスRaise(レイズ)」をスタートしました。現在、Raise上では、「日本のイノベーションは停滞している?」「副業は日本を救うのか?」など、政治から経済、社会問題に関する幅広いテーマを複数のRoom(=部屋)で議論しています。

 そして本日より、Raiseユーザーの皆さんのアイデアを企業と一緒に商品化する「オープン開発会議」をスタートします。アイデアの募集から開発の様子まですべてRaise上でオープンに実施します。既に「あなたのアイデアが商品になる(準備中)」というRoomで、Raiseユーザーの皆さんと「こんな商品を作りたい」をテーマに頭の準備体操をしてきましたが、いよいよプロジェクトの開始です。

 「オープン開発会議」第1弾は、スナック菓子最大手のカルビーと取り組む、「新しいポテトチップスの開発」です。カルビーでポテトチップスの開発を担当する方々がRaise上で皆さんと直接、意見をやり取りします。日経ビジネス編集部からは私、白井が皆さんの議論をサポートします。

 でも、そもそもなぜ、カルビーがポテトチップスの開発を日経ビジネスRaiseでやるのか――。そんな疑問を抱く読者の皆さんも多いと思います。まずは、その疑問にお答えします。

「Raiseオープン開発会議[カルビー]」の目次

オススメ情報

「カルビーと一緒にポテトチップスを開発しよう」の著者

白井 咲貴

白井 咲貴(しらい・さき)

日経ビジネス記者

2017年3月大学卒業、大学では国際政治学を専攻。同年4月、日経BP社に入社。日経ビジネス編集部に配属され、旅行・レジャー・ホテル業界、家具・雑貨専門店を担当している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

欧米主導の議論に対して、「No, But Yes」と斜に構えてばかりでは取り残されます。

末吉 竹二郎 国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)特別顧問