• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

新商品の魂は細部に宿る!最終コンセプト決定

[Step07]「今日の私へのごほうび」の味を決める

2018年10月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

►開発テーマ カルビーポテトチップスの新たな“定番”を作る
►[Step07]「今日の私へのごほうび」の味を決める

 日経ビジネスRaiseユーザーがカルビーと一緒に新たなポテトチップスを開発する「オープン開発会議」。Raiseユーザーの意見が反映され、最終的に磨き上げられた新商品のコンセプトが決定。いよいよ、味やパッケージなどを決めていく本格的な開発に入ります。

 [Step07]では、最終決定したコンセプト「“今日の私へのごほうび”ポテトチップス」の味を皆さんと一緒に決めていきます。また、オフラインでの開発会議にも参加していただく「オープン開発会議メンバー」も募集します。詳細は記事最後の募集概要をご覧ください。ご応募をお待ちしております。

>>[Step07]「今日の私へのごほうび」の味を決める

これまでの開発の経緯はこちら>>カルビーのポテトチップスをみんなで開発しよう

<開発ステップ>

01ポテトチップスのLove & Hateを大募集!
02準定番3商品の強さ、弱さを徹底診断
03女性に好まれるポテトチップスを開発しよう
04選抜!どのコンセプトが「いいね」?
05選ばれたアイデアをカルビーの会議で提案へ
06より良い商品へコンセプトをさらに磨く
07「今日の私へのごほうび」の味を決める

 皆さんこんにちは。日経ビジネス編集部でオープン開発会議[カルビー]を担当している白井です。

 

 10月3日、カルビーポテトチップス部の森田麻友さんが、上司の鵜飼直樹部長から出されていた宿題を踏まえ、磨き直したコンセプトを再提案しました。その結果、鵜飼部長に最終承認され、いよいよ本格的な開発に入ることが決定しました。皆さん、ブラッシュアップした案をご投稿いただきありがとうございました。

カルビーの森田麻友さん。カルビー側のオープン開発会議の担当者として、Raiseユーザーからのアイデアを提案してくれた(写真:吉成大輔、以下同)
 

 前回の記事でご報告した通り、9月19日のカルビーの社内会議で皆さんの意見を集約した新商品のコンセプト「自分へのご褒美ポテトチップス」は承認されました。しかし、鵜飼部長から「もう少しブラッシュアップしてほしい」との宿題が課されていました。

 

 具体的には、「ターゲットはどんな生活をしていて、どんなときにポテトチップスを食べたくなるのか」「どんな気持ちやシーンでご褒美・贅沢だと感じるのか」といった視点で、コンセプトをもっと磨く必要があるとのことでした。そうしなければ、実際に味やパッケージなどを決めていく際に、軸がぶれてしまう懸念があったからです。

 

 「自分へのご褒美ポテトチップス」をさらに磨き上げるために、Raiseユーザーの皆さんから9月30日まで意見を募りました。7月から長期間にわたりコンセプトを募集していたので、「皆さん少し疲れてしまったのでは」と心配していましたが、最後までご協力いただきありがとうございました。以下、寄せられた意見の一部を紹介します。

 

 “具体的なターゲットは、一人暮らしでフルタイム勤務の女性。忙しい日々の中で、会社帰りに自分へのささやかなご褒美を買いたいと思い、最寄り駅近くのコンビニで購入する。コンセプトは、食べるとほっこりした気分になり、ストレスが溜まっていた心に、明日からまた頑張ろうという想いがじんわり湧いてくるような自分へのご褒美”(小倉優香 東京大学2年)

 “ターゲットは、30~40代の働く女性で子どもが一人いる。子育ても仕事も一生懸命頑張っている。成城石井のようなおしゃれなスーパーで、お昼休みに購入もしくは買い置きし、自宅やオフィスに持って帰る。22~23時に仕事を終えて、もしくはひと段落ついて、オフィスや家で食べる。子供の寝顔(オフィスであれば机の上の子どもの写真)を見て、リビングのソファーまたはデスクで「今日の私、頑張った」と心で思いながら数回口に運ぶ”(山本智 ちそう株式会社)

 これらのブラッシュアップ案をもとに、カルビー担当者の森田さんがコンセプトを練り直し、上司の鵜飼部長に再度提案しました。

 その結果、次のようなコンセプトで開発を始めることが決定しました。

「Raiseオープン開発会議[カルビー]」の目次

オススメ情報

「新商品の魂は細部に宿る!最終コンセプト決定」の著者

白井 咲貴

白井 咲貴(しらい・さき)

日経ビジネス記者

2017年3月大学卒業、大学では国際政治学を専攻。同年4月、日経BP社に入社。日経ビジネス編集部に配属され、旅行・レジャー・ホテル業界、家具・雑貨専門店を担当している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ディズニーと一緒にいいものが作れるのなら、ロボットの導入もあり得るかもしれません。

上西 京一郎 オリエンタルランド社長兼COO(最高執行責任者)