• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「労働者のためのW杯」に見る現代の奴隷制

映画「ワーカーズ・カップ」を制作した米アダム・ソーベル監督に聞く

2018年6月27日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)の次は、22年にカタールで開催される。欧州や中東諸国は、カタールでの深刻な労働問題を注視している。カタールは全人口に迫るほどの外国人労働者がおり、彼らは奴隷制とも言えるような過酷な環境で働いている。W杯の開催決定を契機に、労働者のためのサッカー大会「ワーカーズ・カップ(W杯)」が実施され、米アダム・ソーベル監督がそれに出場する労働者たちに焦点を当てた映画を制作した。映画を通じて何を訴えようとしたのか。同監督に話を聞いた。

 熱戦が続くロシア・ワールドカップ(W杯)だが、欧州や中東諸国ではこの数年すでに次の大会開催地に関する、深刻な労働問題が報じられてきた。2022年、中東で初めて開催されるカタール大会である。

 ロシア大会同様、招致をめぐる不正疑惑や、夏季の気温が連日40度を越すカタールでの開催時期などが問題視されると共に、2010年の開催決定以来、欧米メディアや国際NGOがこぞって伝えてきたのが、スタジアム建設などで大会を支える、労働者の人権問題だ。

 組織委員会幹部の不正疑惑や、巨額が動く一方開催地への恩恵が疑問視されるなど、とかく負の側面が浮き彫りにされがちな昨今のスポーツ世界大会だが、東京五輪を控える日本にとって、カタールの事例は一つのヒントになるかもしれない。

 日本で最近のスポーツ大会の労働問題では、新国立競技場の建設に従事していた新卒社員が昨年、過労自殺する事件があった。この男性は、1カ月の時間外労働時間が200時間に上っていた。これは、労働者の人権擁護を声高に掲げる欧州諸国から見れば、異様でしかない。五輪で世界の注目が集まることで、日本人の働き方を変えざるを得ない、厳しい国際的な批判の標的ともなり得る。

 国内で「働き方改革」をいくら叫んでも変わらないが、外的な圧力によって、労働環境を整えていくことができるかもしれない。そうした事例が、カタールのW杯である。

 カタールは人口270万人のうち、実に約200万人もの外国人労働者を有する。出稼ぎ労働者の多くは主にネパールやインドなどの南アジア、また、アフリカなどから訪れ、地域で長く継続された「カファラ制度」で雇用されてきた。この制度下では、労働者の命運は雇用主に委ねられる。ビザには雇用主が記載され、雇い主の許可なしには、例え虐待を受け、どんな過酷な労働条件を課せられていたとしても、転職も、出国さえもできない。

 複数の報道や国際団体が過酷な実態を報告している。多くの労働者が、高額な斡旋料を支払わされた上、逃亡を防ぐためか、賃金が全く払われず、生命維持に危険な水準の灼熱のなか、屋外で水も与えられずに働かされ、何人も死者が出たという。また、市内への交通手段もない場所で移動の自由もなく、狭い住居に他の多くの労働者と共に押し込められるなど、劣悪な環境で生活させられてきた。

 しかし、W杯の開催地として選ばれたことで、カタールでの労働慣習が世界的に注目され、批判の的となった。政府は昨年、国際労働組合総連合(ITUC)に対し、ついにカファラ制の廃止を明言した。実施を疑問視する声もあるが、概ね国際社会において、歓迎されている。

 こうしたカタールの現状や、そこで働く人たちの素顔を知って欲しいと、昨年「労働者たちのサッカー大会」を描いた映画が公開された。カタール在住歴のある、米アダム・ソーベル監督の「ワーカーズ・カップ」である。

 このもう一つの「W」杯は、カタール大会の運営組織が主催し、スタジアム建設などに携わるカタール全土の作業員・労働者たちが会社ごとにチームを結成して戦う、文字通り「労働者たちの大会」だ。

 カタールの労働事情の負の側面を描くには、これまで多くの報道機関が、潜入取材や匿名報道を余儀なくされてきたが、映画では労働者たちは素顔で、また実名で出演している。そこに描かれる人たちは、奴隷のような生活で絶望の淵に立ちながらも、大会にかける希望や夢、そして自由について語っている。ソーベル監督に、話を聞いた。

オススメ情報

「ロンドン発 世界の鼓動・胎動」のバックナンバー

一覧

「「労働者のためのW杯」に見る現代の奴隷制」の著者

伏見 香名子

伏見 香名子(ふしみ・かなこ)

フリーテレビディレクター(ロンドン在住)

フリーテレビディレクター(ロンドン在住)。東京出身、旧西ベルリン育ち。英国放送協会(BBC)東京支局プロデューサー、テレビ東京・ロンドン支局ディレクター兼レポーターなどを経て、2013年からフリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

欧米主導の議論に対して、「No, But Yes」と斜に構えてばかりでは取り残されます。

末吉 竹二郎 国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)特別顧問