• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

バカップル夫婦、ガンに直面す

食べるのが何より好きな夫が「噛む」力を失って

  • Curiko

バックナンバー

[1/5ページ]

2016年12月6日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

写真は本編の筆者クリコさんが、夫アキオさんのために作った鶏カツ(介護食バージョン)です。噛む力を失ったアキオさんでもおいしく食べられます

 ガチャ(鍵の音)。

 あ、アキオ(夫)が帰ってきた!
 テレビを消し、リビングから寝室へと急ぐ。静かに静かに、忍び足。

 「あれ、クリコ居ないの?」

 アキオが私を探している。キッチンをのぞき、そしてトイレのドアをノックする。

 「入ってる?」

 もちろん、答えなし。そこには居ないよ!

 アキオが寝室に近づいてきた。寝室のカーテンが不自然に膨らんでいることにすぐ気づくはず。バレバレなのはわかっている。

 私がそーっとカーテンから顔を出すと、アキオと目が合った。
 アキオが笑う。  私も笑う。「見つかっちゃった!」

編集Y:なんですか、いいオトナの夫婦が家でかくれんぼですか!?

クリコ:だって、仕事から疲れて帰ってくるのに、毎日同じ「おかえり」じゃ、つまらないでしょう。あれ居ないぞ? と探して見つけたら楽しいかなと思って。

編集Y:もしかして、いつもやってるんですか?

クリコ:いつもは、玄関に飛んで行って「おかえりー」と言って、アキオの首にぶらさがるだけですよ。

編集Y:………。

 結婚21年。フツーの夫婦なら、新婚当初の二人だけのラブラブな甘い気分なんて記憶のはるか彼方、いっそ「互いの存在は気にしない方が気楽」となるところ。どうやらこの夫婦は違うようだ――。

 アキオさん、クリコさんご夫婦とお知り合いになってもう何年でしょうか。あまりのバカップルぶりに「もうお腹いっぱいです。どうかお幸せに」と思っていました。

 ところが大変残念なことに、アキオさんはガンで早世されました。

 クリコさんからは「過去の思い出話としては書きたくないんです」という意向があり、とはいえ、そこをぼかして書くと、読者としてはアキオさんのガンがどうなったのかが常に心配になるだろうと思いました。そこを、興味を引っ張る材料にはしたくない。

 ですので、この連載、時制は現在形ですが、お話は過去のものです。ご了承いただければ幸いです。

 本稿でも徐々に明らかになりますが、介護はご本人と周囲の状態、環境によって千差万別の事情があり、クリコさんの語るお話もそのひとつです。これが正しい、こうあるべき、というケースの紹介ではなく、ひとつの(ちょっと変わった)例として、そして、アキオさんと過ごす介護の日々の中で、クリコさんが考えたことが、もしかしたらどなたかの会社員生活や介護の日々になにかヒントになることを祈って、お送りさせていただきます。

 仕事と、夫婦と、食事への愛情を綴る、バカップル・ノンフィクション。超甘口は仕様です。よろしくお願い申し上げます。

(編集Y、助っ人編集者F)

“依存症夫婦”の素敵な毎日

 雨が降ると私はいつも「ねえ、外は雨だよ。今日は会社休めば?」とアキオに勧める。

 駅まで行く間にスーツが雨で濡れたら、電車の中で気持ち悪いだろうし、かわいそうだなあと思って。アキオにそんな思いをさせたくない。それに、アキオが会社を休めば、雨に閉じ込められて、暖かい家で一日中、二人で一緒にいられる。

 アキオはいつも「僕は仕事に行くんだよ?学校をサボるのとはわけが違うんだよ?」と言って、私に取り合わずに出かけて行き、私はベランダからアキオの背中が見えなくなるまで見送るのだけれど、雨に抗って歩くアキオの姿がかわいそうで切ない。

コメント8件コメント/レビュー

人生途上にして最愛の妻ががんで早世した者です。
タイトルと介護食の写真を見た時点で涙が止まりません。とても職場ではこの記事を開けませんが、休日に一人でいるときにしっかりと受け止めさせていただきます。
こういう読者もいるということで。(2016/12/12 00:39)

オススメ情報

「ダンナが、ガンになりまして」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

人生途上にして最愛の妻ががんで早世した者です。
タイトルと介護食の写真を見た時点で涙が止まりません。とても職場ではこの記事を開けませんが、休日に一人でいるときにしっかりと受け止めさせていただきます。
こういう読者もいるということで。(2016/12/12 00:39)

ご自分の辛い体験をこうして文章にするという行為からは、
自ら悲しみを越えて歩き出そうとする勇気と、ご自分の人生に対する真摯な姿勢を感じます。
続きを楽しみにしています(2016/12/09 09:15)

>年齢を重ねたら「バカップル」と揶揄されるのかと思うと、落胆というか悲しくなりました

「仕事と、夫婦と、食事への愛情を綴る、バカップル・ノンフィクション。超甘口は仕様です」とあります。ここでの「バカ」は「親バカ」と同じく愛情のこもった揶揄で、貶める意図は感じられませんでしたけど。ご夫婦が自称として使っているならば「謙遜」「自虐」の類かと(これが欠けると一人称のコラムは読者が辛くなりますよ~)。(2016/12/08 15:04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

欧米主導の議論に対して、「No, But Yes」と斜に構えてばかりでは取り残されます。

末吉 竹二郎 国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)特別顧問