• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「朝日新聞叩き」はなぜ受けるのか

自衛隊と憲法の矛盾ははっきりさせなくてもいい

2018年3月2日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「朝日新聞叩き」が一部で盛んだ……

 ここ最近、一部の雑誌の「朝日新聞叩き」が目立つ。中には巻頭で大特集を組んでいるところもある。例えば、こんな見出しだ。

 『月刊Hanada』では「総力大特集 赤っ恥、朝日新聞!」(2018年4月号)、「総力大特集 朝日新聞の提訴と断固、戦います!」(2018年3月号)、「総力大特集 朝日虚報と全面対決!」(2018年2月号)。

 『月刊WiLL』では「やはり逃げたか、朝日論説主幹」(2018年4月号)、「朝日はなぜ虚に吠えたのか」(2018年3月号)、「朝日新聞と言論犯罪」(2018年2月号別冊)。

 『月刊正論』では、「朝日新聞よ、父がウソをついたというのか!」(2018年4月号)、「冬の特大号 暗黒・韓国を生んだ朝日の罪と罰」(2018年3月号)。

 もちろん言論は自由だから、朝日叩きをやるのもいいが、毎月のようにこういった主張が並ぶところを見ると、少々過熱しているのではないかと感じる。おそらく、朝日叩きをやると売り上げが伸びるのだろう。

 こうした雑誌が朝日叩きの勢いを強めたのは、森友・加計問題、あるいは共謀罪の問題などで、安倍内閣の支持率が落ちてきた辺りからだった。安倍政権を支持する人たちは、危機感を持ったのかもしれない。

 僕は、マスメディアというものは、基本的には国家権力に対する監視役だと考えている。国家が誤った判断をしたり、行き過ぎたことをしたりした場合、批判をして社会に問いかけるのである。

 そういう意味では、朝日新聞や毎日新聞が、国家権力、つまり安倍政権を厳しく監視し、行き過ぎや誤りを批判するのは、ごく当たり前のことである。本来のジャーナリズムの在るべき姿だ。

自民党の歴代首相は、自衛隊と憲法の矛盾をあえて受け入れていた

 では、「朝日叩き」がなぜ売れるようになったのか。

 僕は、ここに時代の大きな流れを感じる。一つの焦点は、安全保障に対する考え方だろう。以前、本コラム「安倍首相は憲法改正で名を残したいだけだ」でも述べたが、宮沢喜一元首相が僕にこんなことを言ったことがある。

 「日本人は、自分の体に合った洋服を作るのは下手だ。しかし、押し付けられた洋服に体を合わせるのはうまい」。

コメント119件コメント/レビュー

> 先日、あるウエブニュースの編集長と話す機会があった。彼が、「日本を肯定する記事、あるいは中韓を批判する記事は読まれやすい」と話していたのが印象的だ。

既に様々なコメントが集まっているので、内容についてのコメントはしません。ただ、田原氏もジャーナリスト、上記のウェブニュースの編集者もジャーナリストである以上、はっきりウェブニュースのサイト名と編集者ご本人名を出して意見を紹介するのが、両者のジャーナリストとしての矜持を示す記事な在り方ではないでしょうか。ジャーナリストに情報ソースの匿名が許されるのは、ソースが一般人等で不当な不利益や危害が及ぶことを避けるためのはすです。上記の引用箇所のような書き方が、ジャーナリズムへの信頼を失墜させ、フェイクニュースを蔓延させる原因の一つになっているのではないかと思います。(2018/03/06 14:26)

オススメ情報

「田原総一朗の政財界「ここだけの話」」のバックナンバー

一覧

「「朝日新聞叩き」はなぜ受けるのか」の著者

田原 総一朗

田原 総一朗(たはら・そういちろう)

ジャーナリスト

1934年滋賀県生まれ。早大文学部卒業後、岩波映画製作所、テレビ東京を経て、フリーランスのジャーナリストとして独立。「朝まで生テレビ!」「サンデープロジェクト」等のキャスターを務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

> 先日、あるウエブニュースの編集長と話す機会があった。彼が、「日本を肯定する記事、あるいは中韓を批判する記事は読まれやすい」と話していたのが印象的だ。

既に様々なコメントが集まっているので、内容についてのコメントはしません。ただ、田原氏もジャーナリスト、上記のウェブニュースの編集者もジャーナリストである以上、はっきりウェブニュースのサイト名と編集者ご本人名を出して意見を紹介するのが、両者のジャーナリストとしての矜持を示す記事な在り方ではないでしょうか。ジャーナリストに情報ソースの匿名が許されるのは、ソースが一般人等で不当な不利益や危害が及ぶことを避けるためのはすです。上記の引用箇所のような書き方が、ジャーナリズムへの信頼を失墜させ、フェイクニュースを蔓延させる原因の一つになっているのではないかと思います。(2018/03/06 14:26)

SNSの発達で、色々な情報が得られる。今まで信じていた新聞・テレビがこれほど嘘で塗り固められていたか。国会中継の内容と報道内容を比較すればよく分かる。
田原さんの劣化を感じる。(2018/03/05 17:09)

田原氏の間違いを指摘したいと思います。
私は高坂先生の教えを受けたものですが、高坂先生は、憲法と自衛隊
との関係を、とりあえずは宙ぶらりんのバランスをとりながら、
チャンスが来れば正統な憲法に変えることを主張されていました。
決して、現状のような怪しい護憲論者ではありません。
田原氏は、理想主義、保守主義をベースにした現実主義者である
高坂先生の“片言”を誤って解釈されたのではないかと思います。

日本国憲法は、今や70年間神棚に祭り上げられ、埃のかぶった
「不磨の大典」と化しています。今、改正できなければ永遠に
不可能となり、国際情勢に全く対応できなるのではないでしょうか。

戦争体験の有り無しが日本人の価値を決めるものではなく、
日本人としての誠実さ、道徳、人間性が決めるものだと考えます。

若い世代の知恵に期待したいと思います。(2018/03/05 16:40)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

僕は独裁だとは思っていないんですよ。 だって、業績を見てください。 赤字はないですよ。ずっと、よりよくしてきた。

鈴木 修 スズキ会長