• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

昭恵夫人の証人喚問の前に安倍首相は辞任する

佐川氏の答弁拒否は、これから裏目に出るだろう

2018年3月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

国有地売却をめぐり安倍昭恵夫人の関与があったのかどうか、国民の関心が高まっている(写真:ロイター/アフロ)

 3月27日(火曜日)に、国会で佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問が行われた。これによって森友文書改ざん問題の疑惑を一層強めてしまったと思う。

 この日の佐川氏の表情を見ると、事前に戦略を練って証人喚問に臨んだように感じた。3月9日に辞任した時の顔とはまるで違うのだ。あの時は相当うろたえていた印象があるが、この日にはそういったところが全くない。むしろ、受け身より攻めの表情だった。

 公文書改ざんの問題で、あの文書を、いつ、誰が、何の目的で改ざんしようとしたのか。その改ざんに、佐川氏はどの程度関わったのか。野党はそれらの点について質問したわけだが、佐川氏はいずれも「刑事訴追の恐れがあるので、ここでそのことを説明するわけにはいかない」と具体的な説明をしなかった。「刑事訴追」を隠れ蓑にして、肝心な点についての回答を避けたわけだ。

 野党各党の中で、共産党の小池晃氏が非常に鋭い切り込みをしていた。彼だけは他の議員たちとは異なる質問をした。佐川氏はかつて国会で「森友側と価格についての話し合いがなかった」と説明していた。ところがその後、事前に値段交渉している音声データが出てきた。一体、どちらが本当なのか。

 佐川氏が言っていることが本当なら、録音データはインチキである。共産党の小池氏は「どちらが真実なのか」と問いただすと佐川氏は、「刑事訴追の恐れがあるので、答えられない」と言った。小池氏は、「ただ事実を尋ねただけだ。刑事訴追と関係あるわけがない。なぜ、YESかNOかすら答えられないのか」と詰め寄った。この問答については、非常にリアリティがあると感じた。

 さらに小池氏の質問の中には、「改ざん前の文書に安倍昭恵夫人の名前が出てきたが、それについてあなたはどう感じたか」というものがあった。やはり佐川氏は、再び刑事訴追を盾にして回答を避けた。

 小池氏は「何を言っているのか。これも刑事訴追には全く関係ない話だ」と憤慨し、ここでまた証人喚問は中断された。

 「何も答えないのであれば、証人喚問の意味は全くない」と小池氏は声を荒げたが、視聴していた国民の多くも同じように感じていただろう。

コメント139件コメント/レビュー

憲法改正阻止が目的の記事ですね。いいかげんうんざりです。
事件の解明は検察にまかせて日本の将来について目を向けるべきです。(2018/04/02 10:43)

オススメ情報

「田原総一朗の政財界「ここだけの話」」のバックナンバー

一覧

「昭恵夫人の証人喚問の前に安倍首相は辞任する」の著者

田原 総一朗

田原 総一朗(たはら・そういちろう)

ジャーナリスト

1934年滋賀県生まれ。早大文学部卒業後、岩波映画製作所、テレビ東京を経て、フリーランスのジャーナリストとして独立。「朝まで生テレビ!」「サンデープロジェクト」等のキャスターを務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

憲法改正阻止が目的の記事ですね。いいかげんうんざりです。
事件の解明は検察にまかせて日本の将来について目を向けるべきです。(2018/04/02 10:43)

結局、刑事訴追の恐れがあるから答えられない>>やっちゃいました犯罪やっちゃいました、って言ってるってことでしょう。
公文書偽造とか、公務員が虚偽の報告をするって事の重大さって相当ヤバイと思うんですが。
官邸はかかわっていないとか、そんな問題?かかわってないのに、公務員が名前を文書に残すの?

与党も野党も政府も、国会でやっていることの意味が分かんない。(2018/04/01 18:54)

今回の文書改竄は戦時中の大本営発表と本質は同じ。国民(国会)は政府のいうことに黙ってついてくればいいんだと思っているのだろう。
太平洋戦争に日本が負けた原因について、物量で負けたと思っている人がいるが、私は価値観で負けたと思っている。端的に言えば「国民の生命・自由」を大事に思っていたかどうかだ。
戦後、国民の生命・自由等の人権が尊重されるようになった。今回は、行政府によって「国民の知る権利」が蔑ろにされ、改竄された文書をもとに国会に嘘の報告(大本営発表)がなされた事件である。国民(国会)は徹底的に真相究明をしなければ、失敗(敗戦)を繰り返すだろう。
北朝鮮情勢が緊迫している非常時だからこそ、予算委員会と切り離し、特別委員会による真相究明を与党が率先して行うべきなのに動きが鈍いね。
自民党は不自由民主党(安倍シンパ)に乗っ取られたのか?・・・・自民党の底力が試されている。(2018/04/01 08:48)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

目に見えない部分、 普段は気付かれない部分に 象印の強さがある。

市川 典男 象印マホービン社長