• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

地元に帰りたがる政治家と若者の無関心

連休が示す日本の政治風景

2018年5月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

国民民主党はできたが……(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 ゴールデンウイークの期間中、国会議員の多くは自らの選挙区がある地元に戻っていた。小選挙区制になったことで、政治家たちは時間があればとにかく地元に帰るようになっている。これは政権与党である自民党ももちろん例外ではない。

 中選挙区の時代はそうではなかった。

 自民党でいえば主流派、非主流派、反主流派といった派閥があり、この構図がそのまま勉強のシステムになっていた。このため、連休などで時間ができると、政治家は政策を考えたり、勉強をしたりする姿が目立った。こうして議論をする土壌をつくり、各派閥は主張を通そうと競い合った。

 小選挙区制になった途端、非主流派、反主流派がなくなり、党内で論争をすることがなくなった。だから連休は勉強することよりも選挙区を回ることを優先する。この結果、自民党内は皆、安倍首相のイエスマンだ。安倍1強の原因はここにある。

野党は「不満一杯の妥協」

 野党各党が大島理森衆議院議長の要請を受けて8日午後の衆議院本会議に出席し、国会が19日ぶりに正常化した。

 僕は、おそらく野党は「不満一杯の妥協」をしたのだと思う。野党は国会正常化の条件として、柳瀬唯夫元首相秘書官と安倍昭恵氏の証人喚問、さらには麻生太郎財務相の辞任などを挙げていた。しかし、昭恵夫人の証人喚問は実現していない。麻生氏も辞任することはなかった。柳瀬氏も証人喚問ではなく、参考人招致という形になった。つまり、野党の主張は何一つ通らないまま、妥協せざるを得なかったのだ。

 僕もこの結果には不満を抱いている。森友・加計問題で、政府がやっていたこと、あるいはその対応は無茶苦茶である。そうであるにもかかわらず、妥協したのは野党が自分たちの置かれた状況の厳しさを認識しているからだと思う。

 4月21、22日に毎日新聞が実施した全国世論調査の政党支持率は、自民党29%、立憲民主党13%、共産党3%、公明党3%、日本維新の会2%、民進党1%、希望の党1%だった。安倍内閣が度重なる出来事に直面したのに、野党の支持率は全く上がっていない。

 そういった中で、希望の党と民進党が合併して「国民民主党」を結成した。

コメント4件コメント/レビュー

若者が政治に無関心ってことは、ないですよ。

ただ、皆さん、いわゆる日本型リベラルの人の前では黙ってますよね。
それと、説教くさい年長者の前では何も言わない。
どちらのタイプも、議論になると面倒臭いから。

頭ごなしに否定したり、意見も聞かずに自分の考えを押し付けようとする人の前では何もいわないってことじゃないですかね。若者に限らないけど。(2018/05/11 10:28)

オススメ情報

「田原総一朗の政財界「ここだけの話」」のバックナンバー

一覧

「地元に帰りたがる政治家と若者の無関心」の著者

田原 総一朗

田原 総一朗(たはら・そういちろう)

ジャーナリスト

1934年滋賀県生まれ。早大文学部卒業後、岩波映画製作所、テレビ東京を経て、フリーランスのジャーナリストとして独立。「朝まで生テレビ!」「サンデープロジェクト」等のキャスターを務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

若者が政治に無関心ってことは、ないですよ。

ただ、皆さん、いわゆる日本型リベラルの人の前では黙ってますよね。
それと、説教くさい年長者の前では何も言わない。
どちらのタイプも、議論になると面倒臭いから。

頭ごなしに否定したり、意見も聞かずに自分の考えを押し付けようとする人の前では何もいわないってことじゃないですかね。若者に限らないけど。(2018/05/11 10:28)

大学で教えていて気付いたことが2つある。ひとつは、学生が「何と答えたら点をくれますか」にしか関心を持たないこと。ふたつめは、小学校から一貫して「上の人の指示に従いなさい」と言われて育ったこと。賢い学生は従うふりをして「何と答えるか」という役割期待に応え、自分はオヤジたちには理解できない道を探っている。ただ、従順か賢いかに限らず、共通しているのは「そろそろこの国は終わる」という諦観。しっかりした学生は「その後どうするか」を考えている。若者は無関心なのではない。言葉尻を捉えて世間を茶化すことしか思いつかないか、すでに見放しているだけだと思う。災害でも市場でも、早めに答を出してくれないだろうか。そういえば「希望は戦争」という一文が騒がれたのはいつだったか。(2018/05/11 09:47)

若者がいくら政治に関心を持っても、団塊という高齢者層の数の暴力の前には無力です。
ここはひとつ、若者の政治参加を促すために「年金受給開始と投票権返上をセットにする」という案はいかがでしょうか。(2018/05/11 09:41)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本には、まだ中国が決して勝てないものがある。それは、優れた「中間層」の人材だ。

丹羽 宇一郎 伊藤忠商事元会長