• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

理解し難いトランプ大統領に自民党幹部は困惑

国内は「1強」によるたるみが目立つ

2018年7月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

理解し難いトランプ大統領の行動や発言が目立つ(写真:・ユニフォトプレス)

 トランプ米大統領が何を考えているのか、全く理解できない。

 トランプ氏は今、中国、あるいはEU相手に世界貿易戦争を仕掛けている。中国もEUも同盟国も全部「敵」だと決めつけているかのような振る舞いに、困惑が広がっている。

 最近も、北大西洋条約機構(NATO)に対し、7月11日にブリュッセルで開催されたNATO首脳会議で「あなた方は安全保障をすべて米国にやらせている。これはとんでもないことだ。NATO加盟国は、防衛費を従来の目標値である国内総生産(GDP)比2%から4%に引き上げるべきだ」と要求した。

 その中で、トランプ氏は特にドイツを名指しで批判。「ドイツはロシアから天然ガスを大量に購入している。言ってみれば、ドイツはロシアの捕虜のようなものだ」と発言したのである。

 その流れがあった上で7月16日、トランプ氏とロシアのプーチン大統領がヘルシンキで1年ぶりに会談した。これはどういうことなのか。

 米国では、2016年11月の大統領選挙でロシアが不正に政治に介入した可能性があるという「ロシアゲート問題」で、ロシア情報機関当局者12人が起訴されている。それに対してプーチン大統領は、「我々は一切、米国の大統領選挙には介入していない」と明言した。すると、なんとトランプ氏は、「プーチン大統領を信じる。ロシアゲート疑惑は、米国にとってとんでもないひどいことだ」と発言をしたのである。

 この発言に対し、トランプ氏を支えるはずの共和党からも、即座に非難の声が上がり、「ロシアの利敵行為だ」と強く批判した。

 そもそも米ロは今、対立関係にあるはずだ。例えばロシアはウクライナ問題などから、世界中で孤立していて、米国もロシアに対して制裁を続けている。シリア問題でも、米ロは真っ向から対立している。ロシアはアサド政権を守り、米国は反体制派を支援している。

 そんな中、トランプ氏はプーチン大統領と会っただけでなく、プーチン大統領の発言も支持するというのは、一体何を考えているのだろうか。

コメント2件コメント/レビュー

記事の標題に惹かれ、大いに期待して拝見。内容は拙見とは相当に異なる。例えば、トランプ氏は、案外、中国と手打ちをする可能性は高く、それには、中国がトランプ氏のもっとも大事にしているところに手を出さないと約束すれば十分だろう。トランプ氏の描く「世界」(これこそ一流のジャーナリストが真剣に分析を試みるところだろうが、小生の素人目で)は、孤立主義の米国と、太平洋とユーラシア大陸の半分を支配する中国、欧州を牽制し、対中国関係で保険として働くロシアの併存ではないか。日本?トランプ氏は、中国にくれてやれと思っているかもしれない、何せ、中国の主張は、日付変更線で太平洋を仕切って、あっちは米国、こっちは中国で勝手にしよう、と言っているのだから。(2018/07/20 13:49)

オススメ情報

「田原総一朗の政財界「ここだけの話」」のバックナンバー

一覧

「理解し難いトランプ大統領に自民党幹部は困惑」の著者

田原 総一朗

田原 総一朗(たはら・そういちろう)

ジャーナリスト

1934年滋賀県生まれ。早大文学部卒業後、岩波映画製作所、テレビ東京を経て、フリーランスのジャーナリストとして独立。「朝まで生テレビ!」「サンデープロジェクト」等のキャスターを務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

記事の標題に惹かれ、大いに期待して拝見。内容は拙見とは相当に異なる。例えば、トランプ氏は、案外、中国と手打ちをする可能性は高く、それには、中国がトランプ氏のもっとも大事にしているところに手を出さないと約束すれば十分だろう。トランプ氏の描く「世界」(これこそ一流のジャーナリストが真剣に分析を試みるところだろうが、小生の素人目で)は、孤立主義の米国と、太平洋とユーラシア大陸の半分を支配する中国、欧州を牽制し、対中国関係で保険として働くロシアの併存ではないか。日本?トランプ氏は、中国にくれてやれと思っているかもしれない、何せ、中国の主張は、日付変更線で太平洋を仕切って、あっちは米国、こっちは中国で勝手にしよう、と言っているのだから。(2018/07/20 13:49)

トランプ氏ほど気さくで分かりやすい政治家は、これまで登場していなかったのではないだろうか。この人物を、最も忌み嫌っているのがメディアである、ということが悲劇であり喜劇でもあるのだ。マンデラ氏のような希に見る人格者のほかに、名宰相といわれたチャーチル氏、サッチャー氏、ケネディ氏、吉田茂氏などは、時代の潮流(巡り合わせ)とブレーン(優秀な補佐)などに恵まれたことが大きいだろう。トランプ氏は米国の幸福のために努力しているのであって、世界中に手が回らないだけなのだが。(2018/07/20 09:00)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ディズニーと一緒にいいものが作れるのなら、ロボットの導入もあり得るかもしれません。

上西 京一郎 オリエンタルランド社長兼COO(最高執行責任者)