• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

解散総選挙の理由は「疑惑隠し」だけではない

2017年9月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 安倍首相が28日招集の臨時国会で衆議院を解散する可能性が高まっている。いわゆる冒頭解散だ。政府与党は、衆議院選挙について来月10月公示、22日投票の日程で調整しているという。

米国から帰国したタイミングで解散を決定すると述べた安倍首相(写真=つのだよしお/アフロ)

 確かに、自民党にとって今はチャンスである。安倍内閣支持率は、ここへ来て危険水域とされる30%を脱した。産経新聞とFNNが16、17両日に実施した世論調査での支持率は、50.3%まで回復した。読売新聞の調査では50%、日経新聞・テレビ東京は46%、朝日新聞は38%、毎日新聞は39%だ。

 さらに、今は野党が弱体化している。特に民進党は、次から次へと離党者が相次いでいて、まとまりようがない。山尾志桜里議員のスキャンダルも痛手になった。

 政治団体である「日本ファーストの会」も、まだ具体的な体制が整っていない。代表を務める若狭勝氏と細野豪志氏、小池百合子東京都知事はどのように連携していくのか。28日の臨時国会招集前には新党を結成すると言っているが、どうなるのか。

 野党がバラバラになっている今、安倍首相は「チャンスだ」と判断したのだろう。

 これに対し、野党や新聞、テレビは「全く大義のない解散」と非常に手厳しく批判している。共産党の小池晃書記局長は、衆議院解散について「安倍首相は仕事人内閣とか仕事師内閣とか言っているが、本当に『仕事しないかく』になっているんじゃないか」と主張した。

 さらに野党は、「これは森友・加計の疑惑隠しだ」と指摘している。臨時国会が始まれば、当然、森友・加計問題について野党から厳しく追及される。「その前に解散するのは、無責任そのものではないか」と民進党の前原誠司代表は強調した。

 共産党の志位和夫委員長は、「冒頭解散は、究極の党利党略、権力の私物化であり、憲法違反の暴挙だ」と痛烈に批判した。非常に厳しい言葉である。

 確かにそういう問題は多々ある。しかし、安倍首相が早々に解散する理由は、「今がチャンス」だけではないと僕は思う。

なぜ訪米後の意思決定なのか

 安倍首相は訪米直前の18日、衆議院の解散・総選挙について「帰国後に判断する」と述べた。

 これは一体、どういうことか。僕は、安倍首相はトランプ大統領の「本音」を確かめているのではないかと考えている。

 本音とは何か。

 ニッキー・ヘイリー米国連大使は、「北朝鮮は戦争を求めている。あらゆる外交努力を尽くすが、米国の忍耐にも限界がある」と発言した。さらにマティス米国防長官は、「韓国の首都ソウルを重大な危険にさらさずに北朝鮮に軍事力を行使する選択肢がある」と述べている。

 つまり米国は、北朝鮮への武力行使について本気で考え始めているのではないか。安倍首相も同様の疑いを抱いている。もし、米国の武力行使が現実となれば、韓国や日本にも被害が及ぶ可能性がある。これだけは避けなければならない。

 14日、トランプ大統領は、11月に日本、中国、韓国などを訪問する意向を明らかにした。中でも目玉となるのは、中国でのトランプ・習近平会談だ。米国は、この時までは武力行使に踏み切ることはないだろう。やるとすれば、12月以降だ。

 そこで安倍首相は、今回の訪米で、トランプ大統領に「武力行使を本気でやろうとしているのか」を確かめようとしているのではないか。

 もし、12月以降に武力行使の可能性があれば、有事の前に解散し、選挙をして体制を整えなければならない。安倍首相はそのように考えているのではないだろうか。

 自民党の萩生田光一幹事長代行は、「北朝鮮の脅威とどう向き合うかも含めて国民に説明する必要がある」と述べているが、これは米国による武力行使の意味も含まれている。

 逆に言えば、武力行使の恐れがないと判断すれば、選挙をしない可能性もある。

コメント50件コメント/レビュー

コトバあそびだけでなく、戦闘再開アリを承知しての言動ではないかと、不安的中。
ロンブー淳さんへ、山口4区出馬を呼びかけました。
国難乗り切りは、笑いのココロ。
国連脱退・開戦・核被爆、同じ轍をキムさんに踏ませないように。(2017/09/27 22:55)

オススメ情報

「田原総一朗の政財界「ここだけの話」」のバックナンバー

一覧

「解散総選挙の理由は「疑惑隠し」だけではない」の著者

田原 総一朗

田原 総一朗(たはら・そういちろう)

ジャーナリスト

1934年滋賀県生まれ。早大文学部卒業後、岩波映画製作所、テレビ東京を経て、フリーランスのジャーナリストとして独立。「朝まで生テレビ!」「サンデープロジェクト」等のキャスターを務める。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コトバあそびだけでなく、戦闘再開アリを承知しての言動ではないかと、不安的中。
ロンブー淳さんへ、山口4区出馬を呼びかけました。
国難乗り切りは、笑いのココロ。
国連脱退・開戦・核被爆、同じ轍をキムさんに踏ませないように。(2017/09/27 22:55)

まさか10月18日の党大会前後にキタが「暴挙」を起こすとは思いたくないが、10日の党創立記念日に「何か」をするしかないだろう。
また日本飛び越えのミサイル程度は、打ち上げるかも知れない。
一方でアメリカとしては、もし攻撃となってもキタからの「最初の一撃」を撃たせたいはずだ。
また、もし党大会前後にまたキタが中国の顔を潰す真似をすれば、党大会終了を待って中国はいよいよ動くしかないだろう。
アメリカは案外、それを狙っているのではないだろうか。
10月18日前後にキタが「容認しがたい兆発」を行えば、党大会を混乱させて習近平の権力基盤の盤石化を阻止できる。しかも激怒した中国に、「手を汚させて」キタを処分出来る。
無論その後は動乱集結、キタの国家承認など様々なアメは提示していよう。


キタの行動は最近地震と同じく、「警戒していない時期に暴発する」気がしている。
確かに年末に近い方が有利な選挙を前倒しにしたのは、米国からの警告を受けての、苦渋の決断だろう。だと言って10月下旬まで安全、とはとても思えない。(2017/09/26 17:08)

これまでの安倍政権の手口を振り返ってみれば今回の解散において本当に北朝鮮を深く念頭に置いているとすれば凄く恐ろしいシナリオが浮かんでくる。

過半数を得れば「北朝鮮対応については国民の白紙委任状をあたえられたものと理解できる」ということにして暴発リスク満載のトランプに対して「私は日本国民から北朝鮮対応について白紙委任状を与えられたと解してよい状況にある。その私は北朝鮮対応について米国に白紙委任状を捧げるつもりである。日米同盟の名のもとで米国のために望ましいと思われれば日本人の人命財産は考慮せずに貴下の思うところの戦争政策を進めてもらえればよい。私は支持し続ける。」とやるのではないかという不安がぬぐえない。(2017/09/26 10:05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

妥当な内容の商品ばかりが並んでも、 お客様は喜んでくれない。

大倉 忠司 鳥貴族社長