新しい経済政策なければ安倍首相は参院選で敗北

このままではレームダックになる

安倍首相は経済が最大の課題だと自覚している(写真:ロイター/アフロ)

 10月2日に安倍晋三首相が内閣改造を行った。あわせて党人事も発表。これについて、10月6、7日、毎日新聞が全国世論調査を行った。今回の内閣改造で安倍内閣に対する期待が高まったかという質問に対し、「期待できない」が37%、「期待が高まった」はわずか8%だった。最も多かったのは「変わらない」の47%だった。

 つまり、これは国民はほとんど期待していないということだ。安倍内閣にとって非常に厳しい結果だといえるだろう。

また森友学園や加計学園の問題について、安倍首相や政府のこれまでの説明に納得できるかという質問に対しては「納得している」が13%、「納得していない」が71%だった。圧倒的な差で、「納得していない」が多い。

 安倍内閣の支持率は37%で横ばい、不支持率は40%だった。ここからしても今回の内閣改造は、やはり期待されていないということである。

 第4次安倍内閣は、これから3年で終わる。ピリオドがはっきりしているのである。こういう場合、政権がレームダック(死に体)になりやすいことは歴史が証明している。そして、そのことは誰よりも安倍首相がよく理解しているだろう。

 では、レームダックを避けるにはどうすればいいのか。

 米国のトランプ大統領とどのように付き合っていくのか。北朝鮮に対してどのような立場をとっていくのか。ロシアとの北方領土問題をどうするのか。さまざまな外交課題に加えて、憲法改正もある。問題は山積である。

 しかし、最重要課題は外交でもなければ、安全保障でもない。焦点は、経済政策である。そのことを安倍首相は一番わかっている。

 アベノミクスは、ほとんど限界といえる状況に差しかかっている。行き詰まりといっても、過言ではない。だからこそ、新しい画期的な経済政策を打ち出さなければ、来年夏の参議院選挙では敗北する。このことを安倍首相はしっかりと認識している。

 経済をめぐる解題は「なぜ、国内の需要は伸びないのか」にこそある。

 消費の縮小により、企業はどこも先行き不安に苛まれ、設備投資を控えている。従業員の給与も増やそうとしないまま、内部留保を430兆円もため込んでいる。企業は日本の先行きに、強い危機感を抱いているのである。

 もちろん大企業も例外ではない。円安や株高だからといって、僕が話を聞いた大企業の経営者たちはそろって、先行きを楽観視していない。

 経済問題に人口減少、少子高齢化など様々な問題が重なり、最もダメージを受けているのは地方自治体である。

 どの地域も経済の落ち込みが激しい。出生率が低下しているうえに、若い世代が都市部へ流出している。そして、地方はますます人口が減少してゆく。だからといって公共投資に頼っていては、財政が厳しさを増すばかりだ。

バックナンバー

著者プロフィール

田原 総一朗

田原 総一朗

ジャーナリスト

1934年滋賀県生まれ。早大文学部卒業後、岩波映画製作所、テレビ東京を経て、フリーランスのジャーナリストとして独立。「朝まで生テレビ!」「サンデープロジェクト」等のキャスターを務める。

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

9%

まあ参考になった
 

2%

参考にならなかった
 

88%

ぜひ読むべき
 

8%

読んだほうがよい
 

2%

どちらでもよい
 

88%

いただいたコメントコメント4件

田原さんおすすめの経済対策は何ですか?
同じく地方経済活性化の政策はなんですか?
それを言わないと、ただ批判しているだけですよ。

私のお薦め経済政策は、
「地方自治体(人口5万人以下)では、消費税を向こう20年間ゼロにする。」
です。
地方へのUIターンのきっかけになると思います。
国の税収減は、大した額にはなりません。(2018/10/12 17:33)

経済も大切ですが、これまでのような自民党得意の、借金頼みのばらまきや、リスク無視の年金運用といった、将来に不安を残すような政策は自重すべきです。
そもそも国民の多くは、普通に暮らす分には困っていないはずです。
無理矢理に目先の株価を上げるような政策よりも、社会福祉や安全保障などを含め、将来に渡り、幸せで安心した暮らしが保証されるような政策が実現されれば、より健全な形でのお金の動きにより、経済も活性化されるのではないでしょうか?(2018/10/12 14:37)

安倍政権の経済政策の失敗は、客観的指標を誤魔化しても明らかなのに(円安で庶民を貧しくしただけ)、フェイクニュース的に報道されない状況にイライラしていたが、ようやく田原氏まで声を上げる流れに希望を感じるので、どんどん追求してください。結局、緊縮財政で大学予算やら開発予算やらを削りまくっているのが最大の問題で、消費惹起したい筈の女性も非正規で貧しいまま放置等、一番重要な経世済民が政策的にダメなのに皆気づき始めていると思われます。(2018/10/12 08:58)

コメント(4件)を読む/書く