• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

明智光秀の遺産? 江戸時代の介護休暇制度

亀山城址に映る、家族や部下を思いやる武将の面影

2017年4月8日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 8年後の2025年、日本は超高齢化社会になるそうです。団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になるに伴い、日本の3分の1が高齢者になってしまうため「2025年問題」ともいわれています。

 そんな中、今年から、従来の「介護休業」に加え1日単位でも休める「介護休暇」を認めるよう企業に義務付けられました。ただ「制度はあっても現実には休めないよ」というビジネスパーソンは多いのではないでしょうか。介護休暇がすんなり取れる時代は、まだ遠いのかもしれません。

 しかし介護休暇制度が江戸時代、すでに実施されていた記録を発見しました。しかも当時、介護を引き受けていたのは女性ではなく武士だったというのですから驚きです。

介護は武士が引き受け、祖母にも適用

 介護休暇制度を実施していたのは京都の亀岡市にあった「亀岡藩」。

 まずは、どんな風に実施していたのか、武士が藩に「介護休暇」を願い出た文書をご紹介しましょう。以下は「京火消詰」(消防士のように京都の火消を担う職務)に就いていた伊丹孫兵衛という藩士が京都の「亀岡藩」に介護休暇を願い出た文書で、京都府総合資料だより(2005年10月1日第145号)に掲載されています。

奉 願 口上 之 覚
私 祖 母 義 従 先 比 病 気 之 處 此 其 節 不 相 勝 候 段 申 越 候 、
然 處 老 人 之 義 ニ 付 全 快 之 程 無 覚 束 、
何 卒 存 命 中 暫 茂 看 病 仕 度 詰 先 之 義 御 暇 奉 願 候 義 、
甚 以 恐 入 候 得 共 、 以 御 憐 愍 看 病 之 御 暇 被 下 置 候 様 、
奉 願 候 、 此 段 不 苦 思 召 候 者 可 然 様 御 執 成 可 被 下 候 奉 頼 候 、
以上 、
辰(文政三年) 四 月 十 九 日
                  伊 丹 孫 兵 衛 印
坂 部 四 郎 右 衛 門 殿
西 郷 八 大 夫 殿

(京都府総合資料だより2005年10月1日第145号より抜粋)

 上記の内容について、当時の京都府歴史資料課・古文書担当 山田洋一さんは以下のように意訳されています。

 「私の祖母が、先頃から病気で、今も調子がよくないと亀岡から連絡がありました。老人のことですから、全快するとは思えません。なにとぞ、祖母の命があるうちに、暫くでも看病をしてやりたいので、火消詰の休業をお願いします。はなはだ恐れ入りますが、看病のためお暇を下さりますようお願いいたします」

(京都府総合資料だより 2005年10月1日第145号より抜粋)

コメント1件コメント/レビュー

仕事の関係でつい先日まで約4年ほど滋賀県に在住していました。
歴史好きなのであちらこちら探訪し光秀の墓のある西教寺を訪れたりもしましたが、亀岡城址には行ってませんでした。ちょっと残念。
著名だったり才覚があったりしても不遇に終わった歴史上の人物は色々いますが、三成もそうですが近江地方って特にそんな人物が数多くいる印象です。
東国から都への入り口だけに栄枯盛衰が激しい土地柄なのでしょう。(2017/04/10 11:27)

オススメ情報

「京都あれこれ「PRのプロ」と楽しむイイ話」のバックナンバー

一覧

「明智光秀の遺産? 江戸時代の介護休暇制度」の著者

殿村 美樹

殿村 美樹(とのむら・みき)

PRプロデューサー

株式会社TMオフィス 代表取締役。同志社大学大学院ビジネス研究科MBAプログラム「地域ブランド戦略」教員、 関西大学「広報論」講師も務めるPR専門家。「今年の漢字」プロデュース、「うどん県」の全国PR戦略などを手掛ける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

仕事の関係でつい先日まで約4年ほど滋賀県に在住していました。
歴史好きなのであちらこちら探訪し光秀の墓のある西教寺を訪れたりもしましたが、亀岡城址には行ってませんでした。ちょっと残念。
著名だったり才覚があったりしても不遇に終わった歴史上の人物は色々いますが、三成もそうですが近江地方って特にそんな人物が数多くいる印象です。
東国から都への入り口だけに栄枯盛衰が激しい土地柄なのでしょう。(2017/04/10 11:27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本という国は、もっと資本主義的になってほしいのです。

ゴー・ハップジン 日本ペイントホールディングス会長