• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

中小企業にとって千載一遇のチャンスが訪れる

大量の経験は、資質を軽く吹っ飛ばす

2018年1月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

大好きな「駅伝」を年始に見ながら、2018年についてつらつら考えました。(写真:PIXTA)

 2018年の仕事始めからおよそ一週間。すっかりお屠蘇(とそ)気分も抜けた今日このごろ、遅まきながら新年明けましておめでとうございます。本年も当連載をどうぞよろしくご贔屓にお願い申し上げます。

 皆さんは年末年始をどうお過ごしになったでしょうか。私はといえば、これは毎年の恒例行事のようなものですが──、おせち料理をつまみに焼酎の杯を傾けながら箱根駅伝に見入っておりました(私は大の駅伝ファンなのです)。ご覧になった方も多いでしょうが、今年も青山学院大学が危なげのないレース展開で見事に大会四連覇。私は同大とはなんのゆかりもない人間ですが、「盤石」とはこういうことかと思いました。強いプレッシャーの中で、勝ち切るのは大変だったことでしょう。

人手不足が一段落するまでは、大きな変化が続く

 2017年は、世界的によく知られている我が国の企業に、信じられないような不祥事が数多く起こりました。私は2018年も、これまで世間的には「盤石」と思われてきた企業から、さまざまな矛盾やスキャンダルが次々と噴出する年になると踏んでいます。それはもちろん企業にとってはかなりの痛手、時に致命傷ともなります。当然(先の駅伝になぞらえていえば)、区間のトップランナーがその座を二番手に明け渡したり、あるいはレースを放棄したり、といった劇的なことが起こると予想しています。

 昨年の経済界では、日本の屋台骨を担ってきたような大企業が凋落したり、企業の内紛劇が表面化したり、はたまた大手メーカーが何十年にわたって各種データをごまかしていたことが露見したり、といったことがあったわけです。多くの人も予感されているかもしれませんが、2018年以降もこういうことがいっそう頻発します。理由について詳細を述べる余裕はここではありませんが、その傾向は当面は、少なくとも昨今の人手不足が一段落するまでは──続くだろうと私は考えています。

コメント1件コメント/レビュー

また思い込みだけで語ってますね。

なぜ、2018年にも不祥事が続くのか、それが人不足とどんな相関関係があるのか提示しなければ、説得力は生まれません。

信じるのは株式会社武蔵野の経営サポートパートナー会員の社長さん達くらいなものでしょう。(2018/01/10 12:31)

オススメ情報

「小山昇の「こころ豊かで安全な経営とは何か」」のバックナンバー

一覧

「中小企業にとって千載一遇のチャンスが訪れる」の著者

小山 昇

小山 昇(こやま・のぼる)

株式会社武蔵野 社長

1948年山梨県生まれ。76年に武蔵野に入社し、89年から現職。赤字続きの同社で経営改革を断行。2000年、2010年に日本経営品質賞を受賞。ダスキンの加盟店業務の傍ら、550社以上に経営を指導。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

また思い込みだけで語ってますね。

なぜ、2018年にも不祥事が続くのか、それが人不足とどんな相関関係があるのか提示しなければ、説得力は生まれません。

信じるのは株式会社武蔵野の経営サポートパートナー会員の社長さん達くらいなものでしょう。(2018/01/10 12:31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

妥当な内容の商品ばかりが並んでも、 お客様は喜んでくれない。

大倉 忠司 鳥貴族社長