• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今いるメンバーが最善かつ最高である

「使えない」部下を超える人材はやって来ない

2018年3月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「今いるメンバーが最善かつ最高なのだ」(写真:pressmaster/123RF)

「部下が使えない」と愚痴をこぼす管理職は無責任

 私はときどき、管理職からこんな陳情を受けることがあります。「部下の××くんがどうにも使えない。異動させてほしい」──。「部下が使えない」というのは多くの管理職に共通する悩みです。あなたも同じように思うことがあるでしょう。思うばかりか、実際にそう訴えた経験もおありかもしれません。一般に中堅・中小企業は社長と管理職との距離が近いため、人事のようなデリケートな問題も、このように比較的フランクに話すことは珍しいことではありません。

 では、ここで問題。「部下を異動させてほしい」という、あなたの希望を社長はいったいどう聞くでしょうか。

 端的にいいましょう。社長は「やれやれ、厄介なことになっちゃったなあ」と思って聞いています。まあ、どう控えめに言ってもポジティブな意味ではないですよね。つまりあなたは建設的な提言のつもりで「異動させてほしい」と言っても、社長はそうは受け止めてくれないです。

 なぜあなたの至誠(?)を社長は理解してくれないのでしょうか。理由はふたつあります。

 理由の1。そもそも中堅・中小企業においては、人事はトップの特権で、社長は「管理職が差し出がましいことを言うんじゃない」と思うからです。と、このように(あえて)挑発的な書き方をすれば反発もあると思いますが、この勝負、あなたに勝ち目はありません。会社で一番繊細に組織を見ている人間は、社長です。人材を采配する「目」はあなたより絶対に確かです。

 理由の2。社長は「部下の××くんが使えない」ことくらいすでに百も承知で、それをなんとか使える人材にまで育ててくれという思いで、あなたに「預けて」いる。私の過去の連載をお読みの方なら、管理職に期待されている最大の仕事のひとつが、人材育成であるとご承知のはず。だから「部下の××くんが使えない」と愚痴るだけでも相当に無責任な話なのに、「異動させてほしい」とまで言うのは「私は管理職としての義務をまっとうしません」と宣言するに等しい。

 ね、こう聞けば社長が渋い気持ちになるのも理解できるでしょう?

コメント5件コメント/レビュー

小山昇氏のやってる株式会社武蔵野のメイン業務はダスキンのフランチャイズなので、基本的に決まった事務仕事と商品の配達回収、顧客獲得の営業とかが主な仕事で、言ってみれば誰でもやればできる仕事でしょう。SEとか専門性のある仕事なんかは想定してないんじゃないですかね?(笑

アメリカとかだと企業コンサルトは結果出せないとすぐに解雇されるようですが、こういう底の浅い記事でコンサルタント業が出来て、「中小企業経営の神様」とか言える日本はコンサルタントにはちょろい国ですね。(2018/03/22 11:17)

オススメ情報

「小山昇の「こころ豊かで安全な経営とは何か」」のバックナンバー

一覧

「今いるメンバーが最善かつ最高である」の著者

小山 昇

小山 昇(こやま・のぼる)

株式会社武蔵野 社長

1948年山梨県生まれ。76年に武蔵野に入社し、89年から現職。赤字続きの同社で経営改革を断行。2000年、2010年に日本経営品質賞を受賞。ダスキンの加盟店業務の傍ら、550社以上に経営を指導。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

小山昇氏のやってる株式会社武蔵野のメイン業務はダスキンのフランチャイズなので、基本的に決まった事務仕事と商品の配達回収、顧客獲得の営業とかが主な仕事で、言ってみれば誰でもやればできる仕事でしょう。SEとか専門性のある仕事なんかは想定してないんじゃないですかね?(笑

アメリカとかだと企業コンサルトは結果出せないとすぐに解雇されるようですが、こういう底の浅い記事でコンサルタント業が出来て、「中小企業経営の神様」とか言える日本はコンサルタントにはちょろい国ですね。(2018/03/22 11:17)

手元にあるリソースで何とかしなくてはならないのはわかりますが、「お迎え」までやっているようだと、他の優秀な社員からみたら「こんなレベルの低い会社で仕事するのはいやだな」となってしまうのでは?優秀な人材はそれはそれで評価して、ちゃんと活躍できる場を与えていれば問題はないと思うけれど。
新しいものを開発して、新しい市場を作ったのに評価されず、一方で何を頑張るのか明示せずにただ「頑張ります!」というだけの社員が評価されるので、やめてやろうと思ってます。(2018/03/21 13:00)

私言ったことありますね、"部下を移動させてほしい"って。
SEをやっていた時ですが、所属していたグループがかなり高度な仕事をしていたんですよね。
能力が低い人だと、何をどう教育しようが何年かかろうが出来るようにはならない。
代わりがどうこうよりも、居ない方がましという状態です。
なのでもっと簡単な作業をしているテストなどのグループに移動して下さい、と。
多くの仕事は誰でも時間をかければそれなりに出来るようになるでしょうが、そうはいかない仕事もあります。
プロ野球に草野球をやっているおっさんを放り込んで、"現場で教育して勝てるチームにしろ"っていうのはただの無茶でしょ?
"人材難だから"という言い訳で、根本的に能力の足らない人を現場に放り込んでおいて、あとは現場で教育しろっていうのは人事、社長の怠慢だと思います。
ちなみに今は独立して個人で仕事してますが、その会社に在籍していた時はずっと最高評価を受けてました。(2018/03/21 07:27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

目に見えない部分、 普段は気付かれない部分に 象印の強さがある。

市川 典男 象印マホービン社長