• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

部下の「マイペース」を認めてはいけない

締め切りを設定し、部下を駆り立てるのが上司の役目

2017年6月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「マイペースで」と言うのは、「楽をしろ」というのと同じ。(写真:PIXTA)

中小企業にスター・プレイヤーは要らない

 私はわが社の管理職に、「仕事に人を張りつけなさい」と指示しています。その意味するところは「部下をオールラウンドプレイヤーに育てなさい」ということです。「この仕事はAくんでなくては駄目とか、あのお客様に対してはBさんじゃないとまずいとか、そういう状況はなくせ」というわけです。

 CさんだろうがDくんだろうが、とにかくだれがやろうが同じ結果が出せるようにしておく、これが管理職の大切な仕事です。なぜか。一人の能力に依存して仕事を回していては  これすなわち「人に仕事が張りついている」状態ですが  彼が辞めたとたんに業務が滞ってしまうからです。中小企業にはスター・プレイヤーは要りません。とにかく皆ほどほどに二割強の打率を維持してくれればいいのです。

 こういう状態を実現するために、管理職はなにをしなくてはいけないのか。仕事をマニュアル化・定型化・チェックリスト化しておくことです。とにかく、マニュアルさえ見れば昨日今日入ってきた新人でさえも仕事ができるようにする。また定期的に部下の抱えている仕事をシャッフルすることも有効です。Aくんはお客様Bと長くなりすぎたから、今度はお客様Cを担当させよう…、という具合に。

 業務のマニュアル化を実現しておけば、いつ、だれが辞めても(あるいは病気や事故で出社ができなくなっても)組織としてはまったく困ることがありません。こういうことは直接的な利益とつながるわけでは必ずしもないので、多くの管理職は(その必要性は理解していても)なかなかやりません。ですが経営者は、管理職がそういう仕事「も」することを強く望んでいる。このことをあなたは忘れてはいけません。

仕事には無理やりにでも、締め切り時間を設定すべし

 …と、しかし実は本稿の主題は「仕事に人を張りつける」ことではありません。仕事と、それに要する時間について申し上げたいのです。

 あなたの部下は、ともすれば「この仕事Aが終ったら仕事Bをしよう」「仕事Bが完了したら仕事Dに手をつけよう」という発想で仕事をします。これは正しいことのように見えますし、じっさい仕事を完遂する意志があるだけわが社の一般社員よりずっと素晴らしいことですが、あなたはこれを認めてはいけません。なぜならばそれは「仕事に時間を張りつけている」からです。

コメント3件コメント/レビュー

私は小山さんの事はあまり好きではありませんが、今回の記事の内容は理解できます。
これは理屈であって、「基本的な考え方」をおっしゃっているにすぎません。

他のコメントでも実際の仕事はこうはいかないとおっしゃられている方がいますが、それは当たり前だと思います。最初に理屈があって、それを現場に合わせて導入するのが、現場の仕事ですから。

仕事が多すぎて終わらないことは、そもそもその会社が仕事よりも少ない社員で仕事をしているのか、それとも処理能力に問題があるのか、その会社の特有の状況です。
また、一つの仕事に集中させてくれないのも、その会社の仕事の進め方の問題です。
すべて別の問題なので今回の記事に対して反論しても無関係です。その会社の事を話しているのではありません。

そういった各現場において、「とにかく仕事を効率よくしていくためにはこうしたらいい」という基本的な内容だと思います。

各企業の事情を抜きにして実際に仕事していれば、確かに締切があった方が仕事の効率は上がるし、担当を変えていく方が良い面が多いと考えることができますよ。(2017/06/10 15:57)

オススメ情報

「小山昇の「こころ豊かで安全な経営とは何か」」のバックナンバー

一覧

「部下の「マイペース」を認めてはいけない」の著者

小山 昇

小山 昇(こやま・のぼる)

株式会社武蔵野 社長

1948年山梨県生まれ。76年に武蔵野に入社し、89年から現職。赤字続きの同社で経営改革を断行。2000年、2010年に日本経営品質賞を受賞。ダスキンの加盟店業務の傍ら、550社以上に経営を指導。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私は小山さんの事はあまり好きではありませんが、今回の記事の内容は理解できます。
これは理屈であって、「基本的な考え方」をおっしゃっているにすぎません。

他のコメントでも実際の仕事はこうはいかないとおっしゃられている方がいますが、それは当たり前だと思います。最初に理屈があって、それを現場に合わせて導入するのが、現場の仕事ですから。

仕事が多すぎて終わらないことは、そもそもその会社が仕事よりも少ない社員で仕事をしているのか、それとも処理能力に問題があるのか、その会社の特有の状況です。
また、一つの仕事に集中させてくれないのも、その会社の仕事の進め方の問題です。
すべて別の問題なので今回の記事に対して反論しても無関係です。その会社の事を話しているのではありません。

そういった各現場において、「とにかく仕事を効率よくしていくためにはこうしたらいい」という基本的な内容だと思います。

各企業の事情を抜きにして実際に仕事していれば、確かに締切があった方が仕事の効率は上がるし、担当を変えていく方が良い面が多いと考えることができますよ。(2017/06/10 15:57)

小山氏の意見に一言申し上げます。

おっしゃるとおり、やるべき仕事、なすべき仕事には期限を設けて、その期限を守らせることは組織全体の視点・観点から、中間管理職がなすべき管理業務だと思います。

しかしながら、そのためには、部下が現状どれだけの仕事を抱えているのか?を理解し、それらが完了することを前提に、一切の割り込み業務をさせず、部下を守ることができなければ、”絵に描いた餅”となります。

自分が散見したいくつかの企業では、そういった管理ができていないゆえ、部下が追い込まれていき、からだ・心を壊してしまう事例を多々見受けました。

人の上に立つ人ほど、ご自身の経験がすべて!と考えず、組織内で起きている時々のすべての事象・状況に対して、目を見開いていただきたいです。

自分の暴言を深くお詫びいたします。(2017/06/08 17:19)

この人、いつも同じこと言ってるけど、決めた終わりの時間までに仕事が終わらなかったらどうするのか、説明したこなとないよね。

学校の授業は講義内容が中途半端でもチャイムが鳴ったら「では今日はここまで」とかで終わらせられるけど、
締切り期日が決まってる仕事じゃ時間すぎても終わらせられるまで続けるしかないじゃん。

小山昇のやってる株式会社武蔵野もちょっと前まで朝7時から深夜12時まで仕事してた従業員とか居たって、小山昇自身が本に書いてたしさ。

なんか、管理職や経営者に耳触りの良いこと言ってるだけにしか見えないよ。(2017/06/08 12:33)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

右肩上がりの経済が終わった社会では 「継続性」が問われます。

宮本 洋一 清水建設会長