• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「これが最高」は、いっときです

これでいいのかと自問し、「気づく」ことが大切

2017年9月20日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「当たり前」になっている普段の思考や行動も、「本当に正しいのか」「ほかに方法はないのか」と一度疑ってみることが大切だ。

この半期、武蔵野は過去最高の売上を達成

 早いものでもう九月も半ばを過ぎました。ようやく朝夕肌寒く感じる日も増えてきた今日このごろ、皆様どうお過ごしでしょうか。つい先日まで、やれ夏だそれレジャーだ家族サービスだと浮かれていたわが社のスタッフも、最近は嘘のように落ち着きを取り戻し、心おだやかに2017年の上半期を締めくくろうとしています。

 この半年を総括するに、ひとつ特筆すべきことがありました。過去最高の売上を計上したのです。四月当初から各部門とも好調なスタートを切り、その勢いは俗にいう「ニッパチ」(二月と八月に売上が下がる傾向を示した言葉)の八月になってもあまり衰えず、一気に記録を更新しました。ここでは具体的な数字については控えさせていただきますが、まあざっと?億といったところ。

 私はちょっと感動しています。というのも、わが社の収益構造は、右肩下がりの業界のダスキン事業(過去最高売上)と素人集団のコンサルティングです。

 ダスキン事業は典型的な薄利多売のビジネスモデルですが、ひとつ数百円のスポンジを売るのにも四苦八苦しますし、経営サポート事業部はそれこそ北は北海道から南は九州、沖縄まで駆けずり回っています。そんな状況下での「過去最高の売上」は、わが社の管理職がよく私の意を汲み、よく方針を守り、そしてよく部下を差配して任務に当たったことの結果に他なりません。私は素直に、彼らを誇りに思います。

 ですが実は、手放しで喜んでいるわけにもいかないのです。先述した通り、わが社はあまり「効率よく」稼いでいるわけではないのです。そんな組織が過去最高の売上を挙げたとは、諸経費も過去最高を更新したことと同義だからです。私は軽率といいますか、調子に乗りやすいタイプの経営者で、売上が伸びているときにはそのことばかりに夢中になってしまい、裏で発生している経費にはほとんど気が回ってはいませんでした。

コメント3件コメント/レビュー

『・・・ムリ・ムダ・ムラを洗い出して効率化する・・・』といっても、何に対して無理・無駄。斑なのかが定義されないと、入力を絞って、出力も絞るということになる。自動車と同じと考えるべき。我が家からA地点へ行く必要がある。A地点までの最短で最も安全なルートを選ぶ。往復に必要なガソリンを補充する。タイヤの空気圧や他の安全点検をする。運転席に座る。ミラーを調整。シートベルトを締める。エンジンを掛ける。サイドブレーキを外す。アクセルを踏んで滑らかに加速する。交通ルールを守る。
当たり前のようのことを仕事ではやらない。管理職が5時半から会議を招集。それは25%増しの残業費が嵩む。社内報告書の『て、に、を、は』をチェックして書き直す。馬鹿馬鹿しいくらい無駄なことを無駄と考えずに頑張る。社長は売上を伸ばせというが、ボーナスを増やすとは言わない。バカだらけ。社員は何の為に働いているか理解していない。自分の給料とボーナスがどのように会社の損益計算書に組み込まれているかを社員に教育しない会社が悪い。ただ、社員をこき使うだけでしか利益を上げる術がない。バカだらけということを認識してから、『・・・ムリ・ムダ・ムラを洗い出して効率化する・・・』を考えるべきだとおもいます。(2017/12/27 16:31)

オススメ情報

「小山昇の「こころ豊かで安全な経営とは何か」」のバックナンバー

一覧

「「これが最高」は、いっときです」の著者

小山 昇

小山 昇(こやま・のぼる)

株式会社武蔵野 社長

1948年山梨県生まれ。76年に武蔵野に入社し、89年から現職。赤字続きの同社で経営改革を断行。2000年、2010年に日本経営品質賞を受賞。ダスキンの加盟店業務の傍ら、550社以上に経営を指導。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

『・・・ムリ・ムダ・ムラを洗い出して効率化する・・・』といっても、何に対して無理・無駄。斑なのかが定義されないと、入力を絞って、出力も絞るということになる。自動車と同じと考えるべき。我が家からA地点へ行く必要がある。A地点までの最短で最も安全なルートを選ぶ。往復に必要なガソリンを補充する。タイヤの空気圧や他の安全点検をする。運転席に座る。ミラーを調整。シートベルトを締める。エンジンを掛ける。サイドブレーキを外す。アクセルを踏んで滑らかに加速する。交通ルールを守る。
当たり前のようのことを仕事ではやらない。管理職が5時半から会議を招集。それは25%増しの残業費が嵩む。社内報告書の『て、に、を、は』をチェックして書き直す。馬鹿馬鹿しいくらい無駄なことを無駄と考えずに頑張る。社長は売上を伸ばせというが、ボーナスを増やすとは言わない。バカだらけ。社員は何の為に働いているか理解していない。自分の給料とボーナスがどのように会社の損益計算書に組み込まれているかを社員に教育しない会社が悪い。ただ、社員をこき使うだけでしか利益を上げる術がない。バカだらけということを認識してから、『・・・ムリ・ムダ・ムラを洗い出して効率化する・・・』を考えるべきだとおもいます。(2017/12/27 16:31)

> 「××さん、二日目の火曜日は大阪で遊んでいていいよ」。
> 遊んでいてもらったほうがコストは安くつくのですから
> そういうしかないのですが、
> しかしそれで彼が本当に一日遊ぶかというと、
> そんなことはないのですね。
(略)
> それは会社としてはまったく好都合なことです。


これって、サビ残的無償奉仕を賛美推奨しているってこと?
そう読めるよね。
或いは、遊んで仕事をしないようにという業務指示に反して
会社のリソース(稼働中のホストマシン)を私的に使用することの推奨?
PCは会社の貸与品?個人持ちなら情報漏洩危惧は?

スゴいね。
確かに記事の本題となる趣旨の中心ではない部分にしても、
世間であれだけ未払いサビ残叩きとかしている時に、
こんな内容って(嗤)。(2017/09/22 01:38)

小山昇、2016年度の上半期もコンサルタント事業で売り上げ伸びたけど経費かさんで、増収減益になったと言ってましたよ。同じようなこと繰り返すのに、「中小企業経営の神様」とか呼ばれてるんですよね。武蔵野では、社内のデータを社員に開示してるそうですが、それなら各月ごとに利益額も算出しておけば、一般社員にも、会社の売上増が利益増に直せ結びつかないの分かるのでは?(2017/09/20 12:20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大切なのは、リーダーが「下から目線」を持つことです。

四方 修 元マイカル社長